本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2012年]

揚げカス搾り機「エコリオ」及び食品工場用機器開発製造【イトイ】

[機械|東京都]専門家派遣なしなし

企業概要

株式会社イトイは板金プレス加工業者で、国内におけるキャッシュドロアの大手メーカーです。平成21年より特許製品の揚げカス搾り機「エコリオ」の生産を受託し、新たな改良を加え、商品化を図り販売しています。

エコリオの説明

エコリオの説明

てんぷらをはじめ揚げ物のカスは約50%の油を含んでおり「あげだま」として利用される以外ゴミとして廃棄されています。廃棄に当たっては、油分が多いため発火の可能性があり、同量の水を加えることが義務付けられています。このため廃棄量が倍になり、多くの食品製造業者や揚げ物店はごみ処理に苦心しているのが現状です。また、穀物相場の高騰から食用油の値上がりが続いており、製造原価の値上がりに苦慮しています。このことからも、同社が生産しているエコリオを普及させることは資源の無駄遣いをなくす上で大きな効果をあげることとなります。

なお、すでに大手天丼チェーン店をはじめ、スーパーの総菜部門、大手食品メーカーなどでエコリオは導入され、大きな効果をあげています。

このほか、資金の不足している小規模の食品工場や揚げ物店に対しては、初期投資ゼロの「ERES」システムを開発し普及に努めています。「ERESシステム」は無料でエコリオを設置し、節約できた油代を関係者で配分するというシステムです。

企業名 株式会社イトイ
代表者名 糸井 寿裕 従業員数 38名
資本金 1,000万円 売上高 3億6,000万円
住所 東京都墨田区千歳3-15-17
電話番号 03-3631-6210
主要製品 揚げカス搾り機「エコリオ」及び食品工場用機器開発製造

制度を利用するきっかけ

平成21年より「エコリオ」の小型機S-05シリーズの開発と「ERESシステム」の開発に取り掛かりました。小型機の開発と「ERESシステム」の構築は順調に進み、平成23年より東京都中小企業団体中央会が募集した「グループ戦略策定支援事業」に応募することにしました。そのグループは株式会社イトイと、エコリオの発明者である株式会社エコリオで構成し、揚げカス搾り機の普及をはじめ、食品工場が抱えている生産上の問題点を解決する「食品工場ソリューショングループ」と命名し、スタートしました。

支援内容

東京都中小企団体中央会より派遣された当事業のアドバイザーが支援にあたっています。

支援内容としては、食品工場ソリューショングループが行う会合へ出席し、戦略策定のための計画に基づく事業進捗状況の確認、システム構築のためのアドバイスをはじめ、各種営業ツールの開発支援等を行っています。このほか必要に応じて訪問して、新規得意先の紹介やグループ企業の経営全般に関するアドバイスも行っています。

特に中小企業においては営業力と資金調達面に弱さがあるため、資金調達のためのアドバイスと営業力強化のためのカタログ作成、契約書作成、新規得意先の開拓などの支援を強化しています。

同事業期間は平成24年1月までとなっており、現在ほぼ順調に成果が上がりつつあります。今後、エコリオの普及率が高まるにつれ、一気に販売数が増加することを期待しています。

食品工場におけるソリューションは廃棄物の少量化、資源の節約につながり、社会的課題を解決するために大きな効果を上げるものと思われます。

グループ戦略策定支援事業は東京都の事業であり、東京都中小企業団体中央会が平成22年度より募集しています。経営資源の乏しい中小企業がグループを構成し、共同事業を開発して、新たな経営戦略を構築することを目的としています。

支援の結果と今後の展開

グループ戦略策定に必要な食品工場の調査、事業モデルの開発、事業推進のための資金調達、営業のための各種ツールの開発、新規得意先の紹介および開拓、事業進捗状況の確認などの支援を行い、現在ほぼ計画に近い実績となっています。

現在、大手食品工場の調査に基づく工場ごとのソリューション分析を行っており、すでに大手数社から引き合いが来ています。

今後は、ブランド戦略による認知度の向上を図る予定です。

お問い合わせ先
東京都中小企業団体中央会
TEL:03-3251-7881

このページの先頭へ