本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2012年]

産業用ロボット周辺分野事業の強化を図るメカニカ(ハンドリングロボット・ロボフェンス)【メカニカ】

[機械|千葉県]専門家派遣その他なし

企業概要

工場現場用安全柵「ロボフェンス」

工場現場用安全柵「ロボフェンス」

メカニカは、平成6(1994)年に、自動機の受注・メンテナンス会社として設立されました。産業ロボット専門メーカー、ファナックの協力会社として、ロボットシステムおよび自動機の設計・製作を主力としています。自動機およびロボットシステムの導入実績は200社を超え、導入企業が抱える労働人口減少問題に対し、生産性向上・不良率低減、安全性向上などに貢献しています。

ロボットシステムは、部品供給と取出しが同時にでき、取り出した製品を並べたり組み合わせたりすることができます。すべてがオーダーメイドで電話、FAXで要望を聞き、顧客と相談の上最適な提案を行っています。簡単な治具製作・スタンドアロンの装置からインフラシステムまで、最適なシステム構築を目指しています。

ロボットハンドは、小型で高温のプラスチック製品を変形させずに運搬することができるものや、一度に16個の製品を同時に把持することのできるものもあります。

なお、同社の機密保持は徹底しており、顧客からの高い信頼を得ています。

生産の合理化に必須な「ロボットハンド」生産の合理化に必須な「ロボットハンド」 森田知事より製品認定証を受ける寺田社長森田知事より製品認定証を受ける寺田社長
企業名 株式会社メカニカ
代表者名 代表取締役 寺田 光男 従業員数 10名
資本金 2,300万円 売上高 1億円
住所 千葉県松戸市秋山759-1
電話番号 047-701-7775
主要製品 自動機・組立機・検査機・電気制御盤・ロボットハンドの設計製作、産業用ロボット、自動機械用安全柵(ロボフェンス)

制度を利用するきっかけ

これまで同社は、納入先の依頼により、安全柵を製作し納入することもしていましたが、設備製作・納入を優先せざるを得ず、満足のできる安全柵を製作・納入することができずにいました。そうした中、作業現場に合わせて自由・簡単に設置できる規格サイズの安全柵を開発してはとの意見が社内にあり、開発に着手しました。

市場を調査したところ、海外製の柵は存在しましたが、柱を立てた後に網をかける構造のため、設計や計算の必要があり、不慣れな方では設置が難しいものでしたので、規格化し、幅1m、アンカー止めが後からできる自立式として、組み立て作業も一人でもできるように工夫をしました。

また、優位性をPRし、自社製品が安全柵の代名詞となることを考え「ロボフェンス」の商号を取得しまた。

さらに、外部から評価を受けることが市場浸透に必要と考え、「千葉ものづくり製品認定」を思い立ちました。この制度は、千葉県内の中小企業が開発・製造する優れた工業製品を認定し、全国に向けて情報発信するとともに、マーケティング面の支援を行う制度です。

支援内容

発売当初、ロボフェンスは、ホームページでのPRや新聞広告等によるプロモーションを実施しましたが、問い合わせはあるもののなかなか売れませんでした。しかし、安全意識の高まりとともに、作業所内の進入事故を防ぐ安全策の必要性が高まったことにより、徐々に売れ始めました。

そこで、ロボフェンス専用のホームページを開設して、棚の製造工程や納入事例などの写真と説明を盛り込み、製品カタログや組み立て図をPDF形式で用意しました。

また、問い合わせフォームからでも注文ができるようにしたところ、全国から受注ができるようになり、ロボフェンスの直販体制を確立しました。

一方、生産体制は、製品拡充に合わせて棚製造の専任者を配置し、外注比率を5割程度として、内製・外注の使い分けにより、受注増加に柔軟に対応できるようにしました。

支援の結果と今後の展開

 「千葉ものづくり認定製品」に選ばれたことから、製品名が市場に浸透し、95%の注文がネットからくるようになりました。今期のロボフェンスの売上は、前期比3倍の3,000万円を目標としています。同社では、本社工場を松戸市内秋山に移転し、溶接工程を増強して、受注増加に迅速に対応できる体制を確立しました。

 また、ロボットハンドの拡販のため、千葉県産業振興センターから販路開拓支援員の派遣を受け、マーケティング戦略の検討、ターゲット業界および顧客の設定、チャネルの再設定、顧客ニーズ調査等により、事業戦略の再構築を図っています。

お問い合わせ先
千葉県商工労働部産業振興課産業技術室
TEL:043-223-2718

このページの先頭へ