本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2012年]

業務用食品原料メーカーから市販品メーカーへの挑戦【ハーヴィインターナショナル】

[食料・食品|埼玉県]専門家派遣なしなし

企業概要

切山社長

切山社長

株式会社ハーヴィインターナショナルは、昭和59(1984)年に設立後、主に食品加工メーカー向けに、ユーザー仕様の各種加工食品用シーズニングを製造・販売しています。OEMメーカーであるため、これまでは顧客企業の製品の品種や売上拡大に伴い業績を拡大してきました。

しかし、現在の市場環境は少子高齢化の進展により、徐々に加工食品市場が縮小してきています。また、顧客からのコストダウン要求も毎年強くなってきています。このような市場動向の中で今後の生き残りを考えたときに、同社のオリジナル製品を直接消費者に販売する一般消費者事業への進出の必要性が高まってきました。

なお、同社はこれまで直接消費者への販売経験がなかったため、消費者がどのようなシーズニングを望んでいるかの情報を入手できていませんでした。このため、本社近くに軽食・喫茶兼製品をディスプレイ&販売するアンテナショップ「ハーヴィーズ」を平成20(2008)年より開設し、消費者情報を収集してきました。

このハーヴィーズでは、シーズニングの使い方の普及を目的に、来店時ポイントカード作成者に対してキッチンセミナーを月1回主催しています。ここでは、調理方法とシーズニングの使用方法等について年間計画を立てて、各回で調理、試食を行うなど啓蒙活動を行っています。しかし、最近は参加者が固定化傾向にあるため、開催曜日を変えて同メニューで3回実施しているものの、新たな情報が入りにくくなってきていました。

レストランハーヴィーズ外観レストランハーヴィーズ外観 ハーヴィーズでの新製品販売風景ハーヴィーズでの新製品販売風景
企業名 株式会社ハーヴィインターナショナル
代表者名 切山 英彦 従業員数 60名
資本金 1,000万円 売上高 10億9,000万円
住所 埼玉県所沢市御幸町7-6
電話番号 04-2921-2071
主要製品 配合香辛調味料、ハーブ&スパイス、その他商品(天然色素、クッキングオイル、乾燥野菜、その他食品素材)

制度を利用するきっかけ

同社の切山英彦社長は、これまで埼玉県産業振興公社のセミナー等へ参加し、異業種交流等を図るなど、積極的経営を実践してきました。

平成21年には彩の国経営革新モデル企業にも選ばれ、また平成22年には経営品質賞にノミネートされるなど、社内体制整備についても同公社の支援を受けて実施してきました。

このため今回一般消費者市場への進出に当たり、スパイスシーズニング業界での経験者による支援を希望し、同公社の専門家派遣を活用することとなりました。

支援内容

同社は、平成16年に食品添加物GMPとISO9001の認証を取得しており、生産面での品質管理システムは非常に高いレベルにありました。しかし、これらの製造はいずれも大手食品企業などの顧客からの要望に対して製品開発を行ったものでした。このため、消費者のライフスタイルを踏まえた新たなシーズニング提案による製品開発を行った経験がないという現状でした。

このような背景から、今回の支援では製品開発から販売後の品質保証体制までを、開発担当者を交えてステップごとに課題設定とその後のフォローというようにハンズオン支援を受けました。

具体的には、以下のステップによる支援でした。

1.現状把握(消費者市場参入計画の確認と製造プロセス、管理体制把握)

2.コンセプトワーク(開発品のキーコンセプトの明確化)

3.組成開発・評価(プロトタイプの嗜好性評価とコンセプトとの整合性確認)

4.製品化検討(ネーミング、ラベルデザイン、容器、使用方法等ラベル情報、価格検討)

5.組成改良(嗜好性の改善、品質保証期間設定)

6.販促物検討(リーフレットデザイン、内容検討)

7.進捗管理(関連部署間の進捗管理手法指導)

8.品質保証方法と体制整備(クレーム処理方法、問い合わせ対応等)

以上のとおり、平成22年3月から平成23年3月までの間、計8回の訪問による支援を受けました。

支援の結果と今後の展開

コンセプトワークの結果、家庭の主婦にとっておいしくかつ簡便に調理ができ、子供のお弁当にも活用できる料理用途として「ムニエル」にマッチしたシーズニングミックスを開発しました。これにこれまでの売れ筋商品を加え、21種類を「ハーヴィーズ」ブランドとして、平成23年7月にアンテナショップ「ハーヴィーズ」で販売を開始しました。

今後、ハーヴィーズでの販売状況を踏まえて通販を主軸に展開し、こだわり商品を取り扱う小売への販売も計画しています。

お問い合わせ先
財団法人埼玉県産業振興公社 企業支援グループ
TEL:048-647-4085

このページの先頭へ