本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2012年]

公共工事依存からの脱出。作庭家が作るこだわりの庭=ISO9001による徹底した品質管理【武田園芸】

[建設・土木・不動産|山形県]専門家派遣相談・アドバイス研修・セミナー

企業概要

武田園芸 本社外観

武田園芸 本社外観

武田園芸は、造園・外構の設計施工全般を行う会社です。公園やお庭づくりだけでなく、家や建物のエクステリア、外まわりの美しさをつくる会社です。植物に関することだけでなく、職人が丁寧に創り上げる石組みや石張りの美しさが評判です。

同社の武田和博社長は、バブル崩壊やリーマン・ショック後の苦しい時期を地道な営業努力で乗り切り、平成元(1989)年当時、従業員4~5名の会社から、現在では従業員15名の会社に育て上げました。近年は新卒採用に力を入れており、平成22年には、東北芸術工科大学の学生を採用しました。

同社は、造園業界ではまだ少ないISO9001の取得企業です。月1回のマネジメントレビューをすでに100回近く行っており、営業→設計→施工→維持管理→原価管理と一貫してマニュアル化してあり、改善に改善を重ねています。

また同社では、挨拶の徹底と掃除の徹底という基本が社員全員に浸透しています。同社のピカピカに磨き上げられた社用車を見ると、美しいものをつくる会社としてのこだわりが感じられます。これらのことからも、ISOに象徴される管理の徹底と、感性を生かした美へのこだわりの両立が、同社の特長と言えるでしょう。

なお武田社長は、施工に際しての完成予想図の作成にあたっては、手描きにこだわります。頭の中にあるイメージを引き出し、イメージを膨らますには、あえて時間をかけて手で描くことで、より完成度の高いものになると信じています。完成予想図はまざに水彩画そのもので、差し上げた顧客には大変喜ばれています。

根性と忍耐力のこだわり小端石貼り作業根性と忍耐力のこだわり小端石貼り作業 建仁寺垣と鉄平石乱張りアプローチの曲線建仁寺垣と鉄平石乱張りアプローチの曲線
企業名 株式会社武田園芸
代表者名 代表取締役 武田和博 従業員数 15名
資本金 2,000万円 売上高 1億2,000万円
住所 山形県東根市神町南1-8-14
電話番号 0237-47-0263
主要製品 造園、個人住宅の外構工事、公園の設計、造成と緑化、工場緑化等

制度を利用するきっかけ

中小企業支援ネットワーク強化事業の認定支援機関である北郡信用組合では、平成21年度に専門家(中小企業診断士)を講師とした3日間のWeb活用セミナーが開催され、同セミナーに武田社長も参加していました。

また、武田社長には以前より、公共工事への依存度を下げ、個人富裕層からの受注を増やしていきたいとの考えがあったことから、同社では専門家派遣事業を活用して、専門家(中小企業診断士)とWebマーケティングに取り組むことになりました。

支援内容

1.従来のホームページの問題点とリニューアル
従来のホームページは、自社で更新ができずちょっとした更新でも、業者に修正料を支払う必要があり、ページの追加・修正が滞りがちでした。
そこで、まずは「takedaengei.net」という新しいドメインを取得し、サーバー環境も整えました。コンテンツ・マネジメント・システム(CMS)を導入し、自社で更新できるよう教育しました。

2.検索エンジン対策
同社の業務に直結するキーワードを選定し、検索された場合に、上位に表示されるよう対策を取りました。

3.リスティング広告(検索広告)
検索対策の難しいキーワードに関しては検索広告を使い、自社サイトへの誘導を行いました。営業地域からの検索のみに限定して表示するため、無駄なコストはかかりません。

4.コンテンツの充実
いくら検索エンジン対策をしても、着地点であるページに読者を惹きつけるものがなければ、受注につながりません。
リニューアル後のホームページは、ブログのように簡単に記事が追加できるので、武田社長自らコンテンツの1つである施工事例に「庭師としてのこだわりのポイント」を書いており、コンテンツの質・量ともに充実したものとなりました。なお現在でも、記事は増え続けています。

これらの対策の結果、公共工事への依存度を下げ、リーマン・ショック後の受注落ち込みから復活しました。震災の影響も軽微なものとなり、現在も業績は順調に推移しています。

支援の結果と今後の展開

リーマン・ショック後の売上減少から復活しました。公共工事への依存割合を減らして、個人富裕層からの受注を増やしています。震災の影響も軽微なものとなり、現在も業績は順調に推移しています。

今後は、新卒採用に力を入れながら人員を増強し、さらなる受注増に対応していく予定です。

お問い合わせ先
北郡信用組合 融資部 経営支援課(中小企業支援ネットワーク強化事業)
TEL:0237-55-5694

このページの先頭へ