本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2012年]

自社ブランドによる「既存住宅用LED階段足元灯の開発・生産・販売」と「集合住宅用共用部の節電システムおよび照明器具の設計開発」【アガタ電子】

[電気・電子|滋賀県]専門家派遣相談・アドバイスなし

企業概要

足元を照らすため自分の影ができず安全です

足元を照らすため自分の影ができず安全です

アガタ電子は、昭和51(1976)年に創業し、各種プリント基板実装を長く事業の柱にして成長してきました。平成15(2003)年からは、環境意識の高まりや、滋賀県内における新築住宅の需要拡大を受けて、太陽光発電システムと、オール電化システムの販売施工を新たな事業分野に育ててきました。

縣秀治社長は、こうした事業が軌道に乗ってきたことから、さらなる事業分野の拡大を目指し、自社ブランド製品の研究開発に取り組むことにしました。目を付けた分野は、本業との相乗効果が見込める「住宅用LED階段足元灯」と、「集合住宅用共用部節電システム」の2つです。

住宅用LED階段足元灯は、階段の段差部分に電球を埋め込んで足元を照らすものです。新築住宅だけでなく、大規模リフォームの受注時に太陽光発電システムや、オール電化システムと併売できる商品です。この商品の特徴は、特に高齢者に多い階段での事故を防ぎやすくすることや、室内装飾のデザインアップ、それにLED電球を使用することで、消費電力を抑えられることです。

集合住宅用共用部節電システムは、マンションやアパートの廊下や、階段といった共用部分の電灯を赤外線によって人の通行を感知し、点灯・消灯の制御により、大幅な節電ができるシステムです。これまでアガタ電子が培ってきた電子機器の回路設計や、プリント基板の製造技術を応用できる商品です。この商品の特徴は、赤外線センサーによる無線制御方式であるため、複雑な配線が不要で既存の施設に取り付けが容易なこと、必要時だけの点灯システムおよび「住宅用足元灯」と同様にLED電球を使用し、さらなる電力削減へ貢献できることです。

ほのかな光が癒しの空間を演出しますほのかな光が癒しの空間を演出します LEDと人感センサーを組み合わせて省エネを実現LEDと人感センサーを組み合わせて省エネを実現
企業名 アガタ電子株式会社
代表者名 縣 秀治 従業員数 26名
資本金 2,000万円 売上高 1億9,082万円
住所 滋賀県大津市月輪1-13-4
電話番号 077-547-3518
主要製品 各種プリント基板の表面実装、実装(量産、試作)
電子機器の部品調達、回路設計
太陽光発電・オール電化システム販売施工

制度を利用するきっかけ

住宅用LED階段足元灯は、商品としてほぼ完成していましたが、販路開拓が課題となっていました。

また、集合住宅用共用部節電システムは、試作研究段階で実用化に向けた開発が必要でした。

これらの課題解決に向けて、公的支援制度を利用しました。

支援内容

住宅用LED階段足元灯の課題である販路開拓については、経営革新制度を利用して、新規事業の計画策定を支援し、平成22年度に滋賀県の認定を得ました。滋賀県および大津市では、経営革新の認定事業者を対象にした「市場化ステージ補助金制度」があるため、引き続いて支援を継続し、この認定も平成23年度に得ています。

この販路開拓の事業計画策定では、自社近隣向けと、全国向けとに取組みステップを分け、それぞれの市場シェア目標を自社営業と、代理店経由での数字について精査しました。

また、専門家派遣制度を活用しながら、代理店向けの商品パンフレットや、施工マニュアルの作成も行い、自社製品を扱う代理店向けに必要なツールの作成についても、アドバイスをしてきました。

「集合住宅用共用部の電灯節電システムおよび照明器具の設計開発」は、滋賀県の「新しい産業づくりチャレンジ計画認定事業」への認定を経て、「中小企業新技術開発プロジェクト」補助金を申請する流れで支援しました。この支援では、はじめに節電効果に関する二次データを幅広く収集して、事業性を確認しました。

さらに、近隣府県の共同住宅棟数から市場規模を算定して、利益計画を具体化しました。また、将来の特許取得を目指し、研究段階から出願を準備するようアドバイスしています。

【参考】新しい産業づくりチャレンジ計画認定事業にかかるチャレンジ計画の認定について

支援の結果と今後の展開

住宅用LED階段足元灯は、経営革新計画の認定と補助金の申請をクリアし、営業活動を行っています。現在は、住宅用だけに販売していますが、LED電球の色のバリエーションを活用し、業務用として店舗の階段などを美しく演出するイルミネーションになる可能性があります。

集合住宅用共用部節電システムについては、実験的に集合住宅への取付けを実施し、効果測定や安全性などさまざまな試験を繰り返して、商品化に向けた研究を行っています。

お問い合わせ先
大津商工会議所 中小企業相談所
TEL:077-511-1501

このページの先頭へ