本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2012年]

地中熱および太陽熱を使ったソーラーハイブリットシステムの開発と販売【アグリクラスター】

[電気・電子|埼玉県]その他なしなし

企業概要

地中熱を採るためのボーリング工事

地中熱を採るためのボーリング工事

株式会社アグリクラスターは、埼玉県さいたま市中央区に本拠地を置いています。地中熱を中心とした自然エネルギーを活用し、住宅や事業所の冷暖房と給湯設備を設計・施工しています。主な事業は、(1)自然エネルギー事業の企画、立案及びシステム開発、(2)自然エネルギーを利用した施設の開発、設計、施工、監理等ですが、平成20年8月の創業以来、その実績は住宅だけでなく、施設園芸や産業用施設にまで及んでいます。平成23年7月には、千葉県内の特別養護老人ホームに、日本で初めて井水熱と太陽熱を別々のヒートポンプの熱源として、同一建物内で制御できるシステムを導入しています。

「自然エネルギーを活用して、農業の活性化を図る」というのが、同社の基本理念です。アグリクラスターという社名は、農業の「Agriculture」と集積するという意味の「Cluster」を組み合わせた造語です。

「自然エネルギーを活用して、農業の活性化を図る」ためにも、地中熱や太陽熱などの自然エネルギーやその他の技術、通信インフラ、流通など、すべてのものを集積させることに努めています。

現在は、社名の由来どおり、アグリビジネスを集積させる企業に成長すべく、埼玉県内の胡蝶蘭生産農家と協力して、使われなくなった古井戸の水熱源を活用した新たなヒートポンプシステムの製造・販売等に着手しています。

産業用施設に設置した太陽熱パネル産業用施設に設置した太陽熱パネル 民家に設置したストレージタンク民家に設置したストレージタンク
企業名 株式会社アグリクラスター
代表者名 代表取締役 福宮 健司 従業員数 6名
資本金 2,400万円 売上高 非公開
住所 埼玉県さいたま市中央区上落合2-3-2 新都心ビジネス交流プラザ
電話番号 048-851-2655
主要製品 自然エネルギーを活用した冷暖房と給湯設備を設計・施工

制度を利用するきっかけ

創業後、さまざまな事業に取り組み、技術を蓄積していく中で、これから先も永続し続ける企業を目指すためには、これまで培ってきた各種技術を一度整理しておく必要があると考えたのがきっかけです。地中熱と太陽熱という、同社の要素技術を組み合わせた新技術を、今後の経営の柱にしていくためには、その技術をどのように活用し販売につなげていくか、事業計画に落とし込み、整理する必要があると考えました。

支援内容

同社の経営資源を整理し、今後の事業に活用していく方法を模索していたところ、経営革新計画の認定制度があることを知りました。制度の内容自体も同社の技術を整理するには最適な制度であると思い、埼玉県中小企業団体中央会に相談したところ、中小企業診断士の紹介を受けました。中小企業診断士の方から助言を得ながら、同社のコア技術について整理を行い、今後どのような分野で事業を拡大させていくのか検討を重ねました。

検討を重ね、計画を立案していく中で大変だったのが、同社の扱う技術が日々進歩していったことと、同社の技術を求める顧客のニーズが多様化していったことです。地中熱および太陽熱を使ったソーラーハイブリットシステムにプラスアルファの機能を求められることも多く、単純にこの技術だけで事業計画を立てることは困難でした。

このため、顧客のニーズごとに同社が有する技術を整理し、同社だからこそ顧客に提供できるものは何なのか、適宜、中小企業診断士の助言を受けながら検討していきました。検討を重ねた結果、提供できる技術が整理できたことで、設備計画や雇用計画も明確になり、同社が有する経営資源を多角的に検討できた事業計画を作成することができました。このような過程を経て、平成23年3月29日、埼玉県より「経営革新」の認定を受けました。

同社への多様化する顧客ニーズの現状を整理し、今後より注力すべき分野を検討できたことは、経営革新計画の認定を受けたことによる大きな財産だと考えています。

支援の結果と今後の展開

経営革新計画の認定がきっかけで、産業用施設にソーラーハイブリットシステムを提案できるなど、売上高は前年対比で200%以上向上しました。

今後は、「自然エネルギーを活用して、農業の活性化を図る」という同社の基本理念に基づき、原油価格の高騰、電気式ヒートポンプの電気代高騰等、負担の増す農業者に対して、自然エネルギーを活用して農業者の負担を軽減することで、より一層農業が活性化するように寄与していきたいと考えています。

お問い合わせ先
埼玉県 産業労働部 産業支援課
TEL:048-830-3910

このページの先頭へ