本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2012年]

純壱岐産原料を使用した本格壱岐麦焼酎の開発及び販売【壱岐の蔵酒造】

[食料・食品|長崎県]専門家派遣相談・アドバイスなし

企業概要

壱岐の蔵酒造

壱岐の蔵酒造

壱岐の蔵酒造株式会社は全国に顧客を持ち、麦焼酎およびリキュールの製造・販売を行っています。

麦焼酎発祥の地として知られる壱岐(長崎県)は、九州の玄関口、博多から70kmのところにある小さな島で、WTO(世界貿易機関)に産地保護指定を受けた「壱岐焼酎」(麦焼酎)の産地でもあります。これにより壱岐焼酎は、ウイスキーの「バーボン」「スコッチ」、ワインの「ボルドー」「シャンパーニュ」など 世界的に知られた銘酒の仲間入りを果たしました。

同社は昭和59(1984)年に6社の協業化により設立された会社で、それまで培われた各蔵の技術と経験を集結し、島外への出荷増量を目標に、今日まで「真心のある造り」をモットーに焼酎製造に励んでいます。

また、400年の伝統の技術製法を活かし、常に新しい技術や考えを取り入れながら新しい商品開発を行い、近年では食品の国際品評会といわれるモンドセレクションでも、同社の商品は、最高金賞を受賞し続けています。

なかでも「壱岐っ娘」は、厳選した原料(米麹1/3、大麦2/3)と玄武岩層で長い年月をかけて磨かれた清冽な自然水を使い、江戸時代より壱岐に伝わる伝統的な技法に加え、減圧蒸留という最新の蒸留技術を用いた壱岐焼酎の逸品です。

平成22年10月には、さらなる飛躍と組織改革のために旧社名である壱岐焼酎協業組合から社名・組織変更し、組織のスリム化とスピードアップなど経営革新にも取り組みました。

米麹が特徴の壱岐焼酎米麹が特徴の壱岐焼酎 湯岳生産組合と焼酎原料米の栽培湯岳生産組合と焼酎原料米の栽培
企業名 壱岐の蔵酒造株式会社
代表者名 代表取締役 篠崎 修 従業員数 20名
資本金 4,920万円 売上高 14億344万円(平成21年7月期)
住所 長崎県壱岐市芦辺町湯岳本村触520
電話番号 0920-45-2111
主要製品 焼酎、リキュールの製造・販売

制度を利用するきっかけ

今回の純壱岐産原料を使用した本格壱岐麦焼酎の新商品開発について、以前から国の農商工連携事業に申請したいと希望があり、あらかじめ作成した申請書案をもとに壱岐商工会に相談したところ、長崎県商工会連合会からコーディネータを紹介されました。コーディネータと相談をしたところ、まずは長崎県農商工連携ファンド事業に応募してはどうかとの打診がありました。

このことにより、専門家より支援制度について知るきっかけとなりました。

支援内容

長崎県商工会連合会を通じて、長崎県農商工連携ファンド事業計画書作成支援のために専門家派遣を要請し、早速、長崎県商工会連合会から紹介された専門家(中小企業診断士)と相談しました。

長崎県農商工連携ファンド事業申請の締切が1カ月後に控え短期間ではありましたが、指導を受けることができました。

基本的には新商品開発の基本要素である新規性(県内で初めてか?)、成長性(今後売上げが期待できる分野か?)、実現可能性(開発に必要な技術、資源、人材は揃っているか?)、他社との優位性(他社との違いは何か、特徴は?)、地域活性化(壱岐の地域振興に繋がるのか、雇用創出できるのか?)の観点から、専門家からの指導を受け、事業内容を再度見直しました。

まず以下の新規性、特徴を強調した申請内容としました。
・焼酎原料(麹米)として、インド型米と国産米を交配した新形質米を使用すること
・国産米に比べて粘り気が少ないため良質な麹ができ、多収穫も期待できること
・すべて地元原料を使う、本格的な地場焼酎であること
・モンドセレクションで3年連続金賞を受賞したこと
・焼酎粕によるリサイクル有機栽培であること

また、地域活性化についても以下のように農業、観光の活性化に繋がることを強調しました。
・新品種米を地元の農家で栽培することで、水田利活用自給率向上事業と農業の活性化を図ることができること
・食の安全志向につながる農作業体験と、焼酎作りの体験を商品化した壱岐食文化体験観光ツアーを企画することで、壱岐の観光にも寄与することができること

 

申請書や連携体契約書の作成方法、さらにはプレゼン方法についても指導を受け、長崎県農商工連携ファンド事業に応募しました。

支援の結果と今後の展開

長崎県農商工連携ファンド事業に申請の結果、採択され、助成金が交付されました。

現在、申請時に提出した事業スケジュールどおりに開発は進み、試作品はすでにできあがっています。また、見本市等への出展も、平成23年度の秋口に予定しています。

お問い合わせ先
長崎県商工会連合会
TEL:095-824-5413

このページの先頭へ