本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2012年]

まちづくりNPO法人の活動を創業者支援のコミュニティビジネスとして具現化【DARAZ】

[その他|鳥取県]事業可能性評価専門家派遣コーディネート(TLO等)

企業概要

まちなかインキュベーションスペース「DARAZ CREATE BOX」

まちなかインキュベーションスペース「DARAZ CREATE BOX」

株式会社ダラズは、地域ブランド「DARAZ」(何でも真っ先に飛びついて、突拍子もないことをしてしまうがどこか憎めない)を切り口として地域活性化に取り組む「まちづくり」NPO法人喜八プロジェクト(以下、喜八プロジェクト)の事業構想を具現化するために同法人が筆頭株主となって設立されたまちづくり会社です。

シャッター通りとなった中心市街地商店街で集客の核となる拠点施設「DARAZ CREATE BOX」(以下、DCB)を運営しています。この施設は、まちなかで創業を目指す起業家に安価な商業スペースを提供するとともに、喜八プロジェクトが持つ専門家ネットワークを活用して総合的な創業支援サービスを提供するコミュニティビジネスを展開しています。また、経営者は、文化施設のアートマネージャーの経験を持つイベントプロデューサーであり「DCB」のパブリックスペースで定期的に集客イベントを開催しています。

平成22年3月にオープンしたDCBには、商店街に面したサテライトスタジオ、カフェスペース、物販スペース、事務所スペースなどがあります。平成22年6月には、メインテナントである株式会社DARAZコミュニティ放送がコミュニティFM放送局「DARAZ FM」を開局し、米子市の中心市街地より鳥取県西部(米子市、境港市など)、島根県西部(松江市、安来市など)の約40万人商圏に地域情報を発信しています。

サテライトスタジオよりDARAZ FMが生放送サテライトスタジオよりDARAZ FMが生放送 喜八プロジェクトがプロデュースする「だらず夜市」喜八プロジェクトがプロデュースする「だらず夜市」
企業名 株式会社DARAZ
代表者名 久保田 孝 従業員数 4名
資本金 100万円 売上高 1,500万円
住所 鳥取県米子市法勝寺町70番地
電話番号 0859-34-3385
主要製品 まちなかインキュベーションスペース「DARAZ CREATE BOX」の管理・運営

制度を利用するきっかけ

喜八プロジェクトは、平成18年から米子出身の映画監督・故岡本喜八氏のスピリット「DARAZ」をテーマにまちの活性化を目指して活動を続けていました。平成20年に、米子市中心市街地活性化協議会が設置され、喜八プロジェクトが進めていた「DCB構想」が米子市中心市街地活性化基本計画に盛り込まれました。平成21年には、米子市の基本計画が内閣府に承認され、本格的な事業着手となりました。

支援内容

喜八プロジェクトは、まちづくりに関心のある米子高専建築学科の学生と商店街にある岡本喜八監督の生家で靴屋を営む経営者が地域の活性化を目指して始められました。若者が楽しめるまちづくりをテーマに、学生たちが思い描くプロジェクトの実行計画を策定し、平成20年度に鳥取県産業振興機構の「中心市街地商業活性化推進事業補助金」を利用して「DCB構想」ブラッシュアップ支援を受けました。

事業構想策定に当たっては、NPO法人のメンバーを中心として行政機関、商工団体、商店街関係者、米子高専の学生などを含むコンソーシアム会議を開催して、コンセンサス形成を図っていきました。さらに、商業施設のデベロッパー機能を持つ株式会社DARAZとコミュニティFM放送局を運営する株式会社DARAZコミュニティ放送の事業計画の策定で支援を受けました。

平成21年度には、経済産業省の「戦略的中心市街地商業等活性化支援事業補助金」および鳥取県の「まちなかビジネス創出支援事業補助金」申請に向けてテナントリーシング、関連業者のビジネスマッチング、行政機関との折衝などの創業支援を受けました。また、テナント出店業者は、平成21年度に米子市の「米子市にぎわいのある商店街づくり事業補助金」申請に向けて創業支援や、コミュニティFM放送局への放送免許取得の支援などを受けました。

本来、NPO法人喜八プロジェクトが行うべき事業ではありましたが、経営ノウハウや責任の所在を明確化するために、同法人が出資する関連会社を設立するスキームの提案を受け、このスキームにより、NPO法人の「思い」を中核としたホールディングカンパニーを実現しました。

支援の結果と今後の展開

株式会社DARAZがデベロッパーとしてテナント指導や継続的なイベントを実施したこともあり、平成22年度の入館者数は20万人を超え、人通りのほとんどなかった商店街ににぎわいがよみがえりました。拠点施設を確保した喜八プロジェクトは、商店街を舞台として「だらず夜市」など数々の企画を実行しました。また、平成23年9月には、エバンゲリオンをプロデュースした(株)ガイナックスと地元民放テレビ局BSS山陰放送とともに「米子映画事変」を企画し、「DCB」をメイン会場として3日間で2万人の集客を果たしました。

喜八プロジェクトでは、拠点施設である「DCB」、情報発信ツール「DARAZ FM」などまちづくり基盤の整備を終え、今後米子市を中心とした鳥取県西部地区の産業、文化の振興に活用することで地域の活性化を目指します。

お問い合わせ先
財団法人鳥取県産業振興機構 新事業創出部
TEL:0857-52-6702

経済産業省 商務情報政策局商務流通グループ 中心市街地活性化室

TEL:03-3501-3754

鳥取県 商工労働部経済通商総室 経営支援室
TEL:0857-26-7217

米子市 経済部商工課
TEL:0859-23-5217

このページの先頭へ