本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2012年]

水平連鋳材、鋳鉄材等の切削加工主体の企業が各種材料の加工企業への脱皮活動へ取組む【イケダマシニング】

[機械|広島県]事業可能性評価専門家派遣なし

企業概要

イケダマシニングは、昭和44(1969)年4月に、広島県福山市に大型機械加工企業として創立されました。平成8(1996)年に現社名に変更し、名実ともに加工専門企業として運営してきました。事業の主体は水平連鋳材等の切断であり、大手鋳鉄メーカーの工程外注先として運営してきました。

昨今の不景気により、発注元からの外注も激減しました。そのほかに有力な受注先もなく、平成20年、平成21年と赤字決算となりました。その理由は、主力大手メーカー以外の受注先も少なく、ジリ貧の状態になったことです。当時、社長が病気で辞任したため後を次女が継ぎ、長女が経理、3女が生産管理を担当しました。前社長との引継ぎが必ずしもスムーズに行われたわけではなく、急遽前社長の3姉妹が経営を引き継ぐ形となったため、受注活動も思うようにはいきませんでした。

従来、工程外注専門の鋳鉄加工企業でありましたが、今後は、新社長の方針として鋳鉄以外の素材加工に本格的に乗り出すことにしました。しかし、外注加工が主体のために一般の見積コストの算出経験もなく、受注の可否判断がうまくできません。そこで、新規受注活動に応じて、加工技術の改善、原価方式の採用、工場内の整理等初歩的な事項を着実に実行する計画を策定し、これを基に経営革新計画書を作成して広島県に申請しました。

平成23年4月に県の承認を得て、各種活動の具体的な実行を開始しました。それに伴い新規受注も入り始め、平成22年度の売上げは、経営革新計画書に記載した以上の実績となりました。

今後はこの方針のもとで活動し、経営管理面での充実に努力していきます。

事務所での池田社長事務所での池田社長 工場前での3姉妹工場前での3姉妹
企業名 イケダマシニング有限会社
代表者名 池田 恭子 従業員数 9名
資本金 1,990万円 売上高 平成19年度:1.4億円、平成20年度:1.2億円、
平成21年度:0.7億円
住所 広島県福山市山手町1047-2
電話番号 084-952-0543
主要製品 水平連鋳材、鋳鉄材の切削加工及びショット加工、旋盤加工など機械加工業務の受注加工専門企業

制度を利用するきっかけ

同社は、連続赤字企業としての再生がメインバンクより危ぶまれ、中小企業応援センター「ひろしま診断協会」に金融機関を通して相談し、平成22年8月より専門家派遣による支援を得ました。

支援内容

1.工程外注企業からの脱却についての方向付けを検討しました。その結果、鋳鉄以外の素材切削の受注を決めました。具体的にはアルミ、銅、ステンレス等と鋳鋼をターゲットにしました。

2.加工技術者が不足しているので外部からの専門家の参加を検討しました。

3.工場の作業レートの策定について具体的な方法で策定しました。

4.見積コスト作成についての準備段階としてコスト内容の理解と算出方法の概略を説明され、そのために必要な作業報告制度の準備について説明を受けました。

5.新規受注活動としての鋳鋼切削工事の受注が決まりました。これを機会に「経営革新計画書」を作成して、広島県知事あてに承認申請をしました。平成23年4月に承認されたので、この計画に基づき改善活動に入りました。

6.主な改善活動
 改善内容は、下表のとおりです。

項目 内容 具体的内容 担当
1 レート設定 設定表の作成 今期レートを基に標準化する 社長、
経理担当者
2 コスト策定 策定表の作成 見積コスト策定表の作成と標準化 同上
3 作業報告書 作業実績報告制度 具体的実施計画作成 製造部長他
4 資金繰り表作成 作成方法の支援 資金繰りへの理解度支援 社長
経理担当者
5 経営管理の実施 実施要領説明 定例会議の開催と議題選定 関係者
6 生産性向上 ムダ排除運動実施 ZD運動の準備段階 関係者
7 目標項目の設定 工場長と協議決定する 工場長

支援の結果と今後の展開

新社長就任、経営革新計画の県知事承認、新規事業としての鋳鋼塊切断工事の受注、平成22年度の売上達成など、新規一転の好転が始まり、工場の雰囲気も変わってきました。

改善計画の着実な実行とともに、経営管理の実施と新規技術者の採用や、各種素材切削技術の習得に向けて努力する雰囲気が醸成されていることからも、今後は売上と利益ともに目標を達成した余勢をかって、従来からの懸案事項を解決しながら、大型加工メーカーとしての地位向上に向かって邁進していきます。

お問い合わせ先
(社)中小企業診断協会広島県支部
TEL:082-227-2827

このページの先頭へ