本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2012年]

全国で初めて物理的な根拠に基づき革新的なクラブを開発【ハマグチゴルフ】

[その他|佐賀県]相談・アドバイスなしなし

企業概要

ゴルフを愛してやまない全世界の皆様へ

ゴルフを愛してやまない全世界の皆様へ

ハマグチゴルフは、佐賀大学理工学部と共同研究により、全く新しいゴルフ理論に基づいたアップライトクラブ、SHIVIL(シビル)を開発し、商品化しました。「すべてのゴルファーが打ちやすいクラブを開発する」。この単純かつ壮大なコンセプトを実現するため、従来のクラブでは全く手を加えられることのなかったヘッドの接地角(ライ角)に、67度もの大幅な角度をプラスしました。これにより、今までにないスムーズなスイングを実現し、初心者やシニアの方はもちろん、より多くの方々がボールをより高く遠くへと飛ばすことが可能になりました。

そもそもゴルフ市場は広大で、有名ゴルフメーカーが日本だけでなく世界中にたくさん存在するものの、物理特性に合ったゴルフクラブ設計を行っているメーカーは存在していませんでした。ゴルフクラブの動きを詳細に調べると、ゴルフスイングの一瞬とも言われる一連の動作中に、クラブは力学的に複雑な動きをしています。各メーカーは、材質や蓄積された知識、技術を駆使して、シーズンごとに新しいクラブを発表していますが、素材や大きさの違いこそあれ、毎年あまり代わり映えのしないクラブ作りとなっています。また、初心者よりもある程度のゴルフ経験者でないとうまく扱えない製品が多すぎます。メーカーも大学の先生の意見よりも、プロやトップアマチュアなどの一部の意見を採用する傾向にあります。

そこで、同社では初心者から上級者まで使用でき、特に初心者が使っても高く遠くに飛ばせるクラブ作りを目指して、アップライトクラブの制作を実施しました。アップライトクラブは、トップの位置が高くなり、方向性がよく、そもそもスイングしやすいという物理的な特性があります。

アップライトクラブ「SHIVIL」誕生アップライトクラブ「SHIVIL」誕生 「ライ角67度」がゴルフを変えた「ライ角67度」がゴルフを変えた
企業名 株式会社ハマグチゴルフ
代表者名 濱口 志郎 従業員数 1名
資本金 300万円 売上高 24万円
住所 佐賀県佐賀市鍋島6-16-6-B102
電話番号 0952-30-1523
主要製品 ゴルフクラブ(SHIVIL:シビル)

制度を利用するきっかけ

ハマグチゴルフの濱口志郎社長が佐賀市産業支援相談窓口を訪問し、中小企業診断士に「このたび、新しくゴルフクラブを開発したが、ドライバーでシャフトの先端部の角度を変えたら、ボールが飛ぶようになった。その理由を解明して欲しい」と相談しました。

そこで、佐賀大学産学官連携推進機構に相談を持って行ったところ、同大学大学院工学系研究科先端融合工学専攻講師である橋本時忠工学博士を紹介され、共同研究がスタートすることとなりました。

支援内容

橋本講師と濱口社長との会合に常に中小企業診断士が同席し、目的とコンセプトの明確化を行いました。目的は「佐賀から世界へ(アップライトクラブの普及へ)」であり、コンセプトは「老若男女、初心者を問わず、曲がらないで高く遠くへ!!」「クラブが振り方を教えてくれる」となりました。

まずは、ゴルフクラブの設計における物理法則の整理を行いました。ゴルフクラブの設計の際には、相反する2つのことを同時に解決しなければなりません。それは、次の2つです。
1. ボールを遠くに飛ばしたい
2. 気持ち良く振りたい

両方とも備わっていて当然だと思われますが、実はこの2つを同時に備えるのは困難です。しかし、この2つの条件を満たすクラブが、アップライトクラブであるとの結論に至りました。

技術的な解決を見た後に、アップライトクラブを広く知ってもらうために、平成22年10月に佐賀県に経営革新支援法の認定申請を行いました。認定取得後の平成23年4月には、佐賀市のインキュベート施設において記者発表を行いました。その結果、多くのメディアに取り上げられ、またゴルフ専門雑誌にも記事となり、話題となりました。

その後、平成23年6月に佐賀で開催された全国産学連携学会第9回大会において、「アップライトスイング理論の解析とクラブ設計に関する研究」と題して、ブース出展を行いました。

さらには、平成23年7月に佐賀市産学官連携事例セミナーと銘打って、「佐賀大学による新ゴルフ理論講座」を開催しました。

支援の結果と今後の展開

ゴルフメーカーが経営革新法の認定を取得したのは全国初です。記者発表において地元新聞や全国紙に取り上げられ、またNHKの取材もあり、ゴルフ練習場において試打の様子が放送されました。

また、全国産学連携学会第9回大会において多くの大学関係者の来場もあり、話題に上るとともに、佐賀市産学官連携事例セミナーに関しては一企業でのセミナーにもかかわらず、国立大学法人佐賀大学および佐賀市の後援をいただいて開催することができました。

お問い合わせ先
佐賀県農林水産商工本部新エネルギー課
TEL:0952-25-7129

このページの先頭へ