本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2011年]

経済的で環境に優しい道路維持修繕工の新工法「クラックカットシール」で創業【エムケービルド】

[建設・土木・不動産|兵庫県]相談・アドバイスイベントインキュベーション

企業概要

ひび割れ補修作業(シール材注入工程)

ひび割れ補修作業(シール材注入工程)

日本では戦後整備されてきた道路や橋などの交通インフラの老朽化が進む一方で、厳しい財政状況の下でどのようにそれらの維持補修を進めるかが各自治体の喫緊の課題になっています。路面のひび割れを放置しておくと雨水が床土面まで浸透して基礎部分を軟弱化させるため、ひび割れが増進して道路寿命を縮めます。

日本の道路維持修繕の現状は、傷みがひどい箇所の舗装面をはがして敷き直す「切削オーバーレイ」という修繕方法が標準的に用いられます。また、路面の小規模補修ではひび割れした表面をシールするだけの簡易的処置が施されるのが一般的です。前者では工事が大規模になり修繕コストが高くつき、後者ではひび割れ部の補修効果を持続できず、すぐにひび割れが再発してしまうという課題があります。

そこでエムケービルドは、道路の維持管理法として予防保全による道路寿命の延命の重要性に着目し、米国トップの施工実績を持つクラフコ社の「クラックカットシール工法」の普及促進に取り組んでいます。同工法はひび割れ箇所に沿って溝を掘り、そこに舗装との密着性が高い特殊アスファルト樹脂シール材を注入する工法です。この工法では床土面への浸水防止効果を長期間持続できますので、道路寿命を伸ばすことができます。

「クラックカットシール」は、道路の安全を確保しながらオーバーレイ工事の頻度を減らすことで、維持管理コストとアスファルト廃棄物も削減できる、環境に優しいエコ技術です。

ひび割れ補修後の状況ひび割れ補修後の状況 シール材注入後の状況(アスファルト舗装部の断面)シール材注入後の状況(アスファルト舗装部の断面)
企業名 エムケービルド株式会社
代表者名 北野 正夫 従業員数 4名
資本金 1,000万円 売上高 9,500万円(平成21年8月期)
住所 兵庫県神戸市東灘区向洋町6-9 神戸ファッションマート8S-20
電話番号 078-857-2123
主要製品 道路補修工事用機械及びその部品
道路補修用資材各種(ひび割れ補修材、橋梁ジョイント部埋設補修材等)

制度を利用するきっかけ

北野社長は、ひょうご産業活性化センターの経営相談や兵庫県の経営革新計画等の各種支援制度を随時活用することで、エムケービルドの創業・発展を実現してきました。

北野社長とは、クラックカットシール工法の認知度向上・普及促進の相談のためSOHOプラザ/神戸ファッションマート(神戸市起業支援施設)の起業相談に来訪され、プロモーションに関するアドバイスをしたことがきっかけで、各種経営相談や情報提供を通して関係を継続しています。

支援内容

北野正夫社長が、勤務先企業の早期退職募集を機に独立・起業を決意した当初は、何から始めれば良いのか見当もつかず、すべて手探り状態からのスタートでした。そのような状況から、「神戸市起業・ベンチャー支援事業 窓口相談」(SOHOプラザ/神戸ファッションマート:KFM)や、ひょうご産業活性化センターの「経営相談」等の各種支援制度を随時活用することで、独立・創業の夢を実現してきました。

1.平成16年:創業の各種アドバイスやベンチャー企業への各種支援情報の提供を得て、エムケービルドを創業しました。

2.平成18年:「経営革新計画(兵庫県)」に承認されました。そして、企業の信用力を高めることで、西日本高速道路(株)からの初受注を実現しました

3.平成20年:低料金でのオフィス提供が受けられるビジネスプランコンテスト「KFMベンチャービレッジ」で承認され、神戸ファンションマートでの事務所開設を実現しました。

4.平成20年:「クラックカットシール工法」が、国土交通省新技術情報提供システム(NETIS)の道路維持修繕工(路面補修工)分野の新技術として認定されました。

5.平成22年:神戸市ものづくり復興工場に、工場を開設しました。

6.「フクオカベンチャーマーケット」(平成21年)、「ベンチャーフェアJapan2010」(平成22年)等に出展することで「クラックカットシール」工法の認知度向上を図り、施工店の全国ネットワークの拡大(平成22年度参加企業数:35社)を実現しました。

支援の結果と今後の展開

「クラックカットシール」の認知度向上に伴い、同社の業績も順調に伸びていきました。
 現在は、全国各都道府県での施工店設置を実現し、同ネットワークによる同工法の全国普及を目指して活動中です。

また、同社の他の主力商品である道路橋橋梁補強(埋設型ジョイント材)技術の普及促進や、コンクリート道路や滑走路の補修材料等の新商品拡充を図ることで、事業拡大と収益力向上による「道路舗装のワンストップサービス」の実現を目指しています。

お問い合わせ先
SOHOプラザ事務局/(株)神戸商工貿易センター 神戸ファッションマート
TEL:078-857-8102

このページの先頭へ