本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2011年]

脱臭・消臭ビジネスに特化してBtoCへも市場拡大をめざす【アイダッシュ】

[その他|東京都]専門家派遣相談・アドバイスなし

企業概要

活性炭脱臭装置の例

活性炭脱臭装置の例

アイダッシュ株式会社は、脱臭・消臭ビジネスを専門としており、主な事業内容は、次のとおりです。

1.活性炭脱臭事業
 同社オリジナルの技術である「スーパーヨウ素炭(i-DAC)」は、分解の困難な中性成分の脱臭に強く、吸着容量が高いため、長期間の脱臭持続が可能です。また、i-DAC専用の円筒形カートリッジ式脱臭装置は従来製品よりコンパクトで、活性炭交換作業が容易です。従来製品より省エネ、省スペースを実現しました。

2.光触媒脱臭事業
 光触媒セラミックフィルターを活用した脱臭装置は、従来の脱臭装置に比べて格段に高い脱臭効率を発揮する多目的脱臭装置です。また、ユニット式光触媒脱臭装置は、風量の大きい厨房排気脱臭などに適しています。

3.ミスト脱臭事業
 二酸化塩素含有溶液「I -フレッシュCD-1」は、脱臭・消臭効果とともに、細菌やインフルエンザウイルスなどに対し、除菌効果を持っています。I-フレッシュCD-1をミスト化し室内に噴霧することで、病医院施設や介護施設、飲食店、ゴミ置場、一般家庭など、生活空間で脱臭・除菌機能を発揮します。

同社は、今までは大手企業の工場やオフィスなど事業系の市場でビジネスをし信頼を高めてきました。こうした製品群や技術、大手企業からの厚い信頼という強みを活かし、一般消費者を含めたより身近な生活空間の市場への販路拡大をめざして経営革新を推進しています。

光触媒脱臭装置の例光触媒脱臭装置の例 I-フレッシュCD-1とミスト噴霧装置I-フレッシュCD-1とミスト噴霧装置
企業名 アイダッシュ株式会社
代表者名 代表取締役 一居 勢治 従業員数 10名
資本金 2,500万円 売上高 1億9,000万円
住所 東京都台東区北上野2-6-4 上野竹内ビルアネックス8階
電話番号 03-6231-7517
主要製品 脱臭・消臭剤および脱臭・消臭装置の開発・設計・製造・販売・施工等

制度を利用するきっかけ

小型化製品の共同開発を実施していた「ものづくりネット板橋」の会員企業による製品開発のパートナーにアイダッシュが参加したのがはじまりです。

その後、東京都の「経営力向上TOKYOプロジェクト」を紹介され、また、継続して東京商工会議所の専門家派遣(エキスパートバンク)事業による支援を受けました。

支援内容

アイダッシュの経営革新計画作成支援、承認申請の支援、その後の実施支援などを受けました。具体的には以下のとおりです。

同社が創業7年を経たところで、新5ヵ年計画を立てていました。ただ数値的に計画するだけではなく、経営環境や現状を把握し、課題の整理をして、今後の方向性の示唆を受けました。

また、新5ヵ年計画のなかで、新たに小型製品を開発・販売する計画を立てており、新規事業への取組みとなるので、経営革新計画の承認申請をするよう勧められました。

その結果、経営革新計画は、平成22年8月に東京都の承認を得ました。

さらに、経営革新を推進するため、現在では、Webマーケティング会社とのコラボレーションによる販路拡大の支援を受けています。

支援の結果と今後の展開

経営革新の実現のために、B to C市場への販路拡大に取り組んでいます。その一環として、あらたな製品開発と同時に「Webマーケティング」の視点を取り入れたホームページのリニューアルを実施しています。

具体的には、(1)従来のB to B向けページを強化してインターネットでの問い合わせや見積り依頼などを可能とする、(2)悪臭の成分説明や特殊技術・商品の紹介をより具体的にわかりやすくする、(3)B to C向けページを新しく増設する、(4)通信販売機能を構築する、などです。

また、ロゴや商品名の商標登録なども行い、脱臭ソリューション専門企業としてのブランド確立をめざしています。

お問い合わせ先
東京商工会議所
TEL:03-3283-7500

このページの先頭へ