本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2011年]

展示会での足止め効果を狙った3DCGバーチャルマネキンの製作販売【田中印刷所】

[その他|滋賀県]相談・アドバイスなしなし

企業概要

大手百貨店で採用されたバーチャルマネキン

大手百貨店で採用されたバーチャルマネキン

田中印刷所は、大正元(1912)年に創業の印刷会社で、滋賀県内を中心にパンフレット・チラシ・デザイン等を顧客企業から請け負っています。印刷業は、パソコン・プリンター等の普及にともなって市場規模が縮小し、価格競争の中で非常に厳しい状況におかれています。同社の田中由一社長は、以前に中国長春吉林芸術学院動画学院の非常勤講師を務めるなど、中国の大学やデザイン会社とのつながりを持っていました。そのような中、日本で受注した3D動画を中国のデザイン会社に製作してもらって提供するサービスを開始しました。

当初は、3D動画の販売促進のために展示会を利用していました。展示会では、多くの人が自社ブースの前を通っていきますが、どのように来場者の目を引き、自社製品の説明まで持っていけるかが課題であり、他社も同様の課題があることに気がつきました。 近年、ごく少数ですが、展示会での新しい訴求方法の1つとして、バーチャルマネキンというものがあります。一般的なバーチャルマネキンは、人型に加工したアクリル板に特殊なシートを張りつけ、その後ろからプロジェクターで映像(実際の人が製品を案内するもの)を投影することで、アクリル板に人が映し出され、音声とともに来場者に見てもらうものです。

同社では、この一般的なバーチャルマネキンの訴求力をさらに向上させるために、自社の強みでもあるCG製作技術を活用し、3DCGによるバーチャルマネキンを開発し、販売することとしました。

さまざまな可能性が見えてきたという田中社長さまざまな可能性が見えてきたという田中社長 施策を活用して出展し、注目を集めた展示会施策を活用して出展し、注目を集めた展示会
企業名 有限会社田中印刷所
代表者名 田中 由一 従業員数 12名
資本金 1,000万円 売上高 1億6,000万円
住所 滋賀県彦根市小泉町1042-1
電話番号 0749-22-0362
主要製品 印刷物の製作、パースや動画の製作

制度を利用するきっかけ

3DCGバーチャルマネキンを製作し、提供していくためには、まず試作品を開発し、テストマーケティングを実施するとともに、認知度を向上させる取組みが必要でした。

その取組みについて顧問の中小企業診断士に相談したところ、中小企業新事業活動促進法に基づく経営革新計画の承認制度の活用についてアドバイスがありました。

そこで今後の取組み内容や承認のメリット等を勘案した結果、経営革新計画の承認を目指すことになりました。

支援内容

中小企業新事業活動促進法に基づく経営革新計画の承認を受けるためには、新規性の伴う具体的な事業計画が必要になります。田中社長と顧問の中小企業診断士で承認のための申請書をまとめ上げていきました。その中で、将来のあるべき姿を明確にし、数値計画に落とし込むことができました。その結果、平成22年6月に経営革新計画の承認を滋賀県より受けることができました。

3DCGバーチャルマネキンを事業化していくためには、認知度の向上が課題であり、田中社長は各種展示会への出展が必要だと感じていました。経営革新計画の承認を受けることによって、中小企業総合展への出展の道が開け、東京と大阪の両展示会に出展することができ、認知度向上を図ることができました。また、その他の民間主催の展示会出展に際しては、滋賀県市場化ステージ支援事業の補助金を活用することができ、認知度向上の機会を多く持つことができました。

展示会出展に当たっては、単なる認知度向上の機会というだけではなく、営業チャンスとしても捉えており、展示会で名刺交換した見込み客に対して戦略的な営業を展開するための手法を事前に検討しており、展示会終了後すぐに営業活動に取り組みました。

同社では今後も中小企業総合展をはじめとした展示会に積極的に出展し、認知度向上とともに販売機会の増大に取り組んで行きます。

支援の結果と今後の展開

中小企業新事業活動促進法に基づく経営革新計画の承認および当該計画に係る滋賀県市場化ステージ支援事業の補助金を得ることにより、展示会での足止め効果を狙った「3DCGバーチャルマネキン」の知名度も高まりつつあります。

その結果、展示会出展企業での採用をはじめ、大阪の大手百貨店ではデジタルサイネージの視認率向上効果を目的とした採用や、大阪府下の有名遊園地のイベントにも採用され、さまざまな用途に広がりつつあります。

お問い合わせ先
(社)中小企業診断協会京都支部
TEL:075-325-5731

このページの先頭へ