本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2011年]

厳しい経営環境変化に対応して、新しい店舗什器の開発に取り組む【旭水化成品】

[小売・卸|大阪府]専門家派遣相談・アドバイスなし

企業概要

現場主義-重要顧客の話を聴く笹部社長

現場主義-重要顧客の話を聴く笹部社長

旭水化成品は、昭和50年(1975年)9月に合成樹脂原料メーカーからプラスチック板等の材料を仕入れてプラスチック加工業者に販売する卸売業として創業しました。加工された製品の用途は、主にスーパーマーケットの衣料品売場で使う仕切板や値札入れ等です。当時は大手スーパーが多店舗化を進めており、プラスチック板材の販売も順調でした。また、什器も短納期対応が求められるようになり、同社も切断機等の設備投資を行って加工の一部を請け負い、仕掛品をプラスチック加工業者に販売するようになりました。

しかし、スーパーマーケットの多店舗化がひと段落して消費者ニーズの変化に伴い売場レイアウトも多様化すると、プラスチック板材を加工した備品の需要も頭打ちとなり、プラスチック板材の販売数も減少しはじめました。

そこで同社は平成13年(2001年)3月、現社長の笹部剛氏の入社を機に大阪市平野区で什器加工業を営んでいた会社の事業を引き継ぎました。プラスチックだけではなく金属、ガラス、木材等を使った什器の加工・販売を手掛け、製品ライン・アイテムを充実しました。現在、約40社の協力加工業者と取引し、店舗什器の売上は平成22年8月度の全社売上8億円の70%を占めています。

平成19年には関東地区のアパレル専門店に販路を開拓するために東京営業所を開設しました。笹部社長が営業所長を兼ねて率先して販路開拓にあたった結果、同社の販売先売上高上位7社のうち3社が東京営業所の顧客となっています。

創意工夫-オリジナル什器を生産創意工夫-オリジナル什器を生産 新素材-木の温もりが感じられる什器新素材-木の温もりが感じられる什器
企業名 旭水化成品株式会社
代表者名 笹部 剛 従業員数 32名
資本金 1,000万円 売上高 8億円(平成22年8月度)
住所 大阪府大阪市東淀川区豊里1-8-10
電話番号 06-6326-5691
主要製品 店舗什器の販売・企画及びリース

制度を利用するきっかけ

笹部社長が大阪産業創造館の経営相談室と出会ったのは、平成13年に立ち上げた店装事業部の事業が拡大基調に乗ってきた平成15年の初夏でした。当時、営業部長を務めていた笹部氏は、店装事業部の業務を効率化するために販売管理システムの導入を決意し、大阪産業創造館経営相談室の専門家派遣制度を利用しました。その後、東京営業所開設などの事業を拡大する際にも同専門家派遣を利用しました。

支援内容

店装事業部における販売管理システム導入を支援テーマとした1回目の専門家派遣を受け、煩雑化する店舗什器加工・販売業務の現状分析から手掛けました。受注-材料発注-加工指図-出荷指図・確認まで一連の業務の流れを分析し、必要となる帳票類を絞り込んで各々の帳票の流れを整理しました。

販売管理システムは、初期投資をおさえるために市販のパッケージソフトを採用しました。受注書から出荷指図書までのワンライティング化など、システム処理をすれば作業効率が上がるものに絞ってシステムに乗せました。販売先別・商品別の売上実績管理は、システムで処理したデータをエクセルに落として同社で見やすいフォームに加工しています。このデータは現在でも売上予算管理等に使用し、戦略の見直し等に活用しています。

また、東京営業所開設を含めた事業拡大を検討する際には、ターゲットの設定と提供製品・サービスの見直しをテーマとした専門家派遣を受けました。

関東のアパレル専門店をメインターゲットと設定したので、店舗什器にもオリジナリティが求められます。顧客の要望を什器という形にすることが求められるため、材料特性や加工に詳しい笹部社長とベテラン社員が率先して業務に当たりました。新規事業戦略を明確にして精鋭人員を送り込んだことが、短期間で主要顧客を獲得できた要因の1つです。

支援の結果と今後の展開

既存顧客の要求に応えて新製品を開発して提供し、店舗什器生産のノウハウを蓄積することによって新しいマーケットを開拓した結果、市場環境の変化に伴う売上の減少をカバーすることができました。プラスチック加工業の廃業が続き、プラスチック材料の売上が減少する中、店舗什器は平成22年8月期で5億6000万円の売上を達成しました。

今後は和紙とプラスチック板を張り合わせた新素材やオリジナル家具開発を新機軸に事業拡大に挑戦します。

お問い合わせ先
(財)大阪市都市型産業振興センター
大阪産業創造館 経営相談室〔あきない・えーど〕
TEL:06-6264-9838

このページの先頭へ