本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2011年]

笑顔と元気で自社ブランド「東京アクリル」を創造する感動追求企業の挑戦!【三幸】

[その他|東京都]専門家派遣相談・アドバイス資金援助・債務保証

企業概要

小沢社長(中央右)とアクリル職人たち

小沢社長(中央右)とアクリル職人たち

東京・足立区の片隅にある人々の度肝を抜く中小企業、それが三幸(ミユキアクセサリー)です。"訪問客への社員手作りの紙吹雪や写真撮影でのウェルカムセレモニー"、"デザイン専攻の大学生との勉強合宿"、"毎週リリースされる新商品"など、三幸の取組みはどれをとっても独創的です。かつては大手メーカーの下請けとしてプラスチック部品の製造を手がけた三幸ですが、メーカー側の品質・価格・納期に対する要求は高まるばかりでした。既存事業の先行きに不安を感じた小沢社長は、少量で価値があり、ライフスタイルを楽しくさせる作品の創造を目指し、大胆な事業転換を図ります。以来、三幸の商品は髪飾りやペンダント、携帯ストラップなど、センスや工夫が求められるアクセサリーや生活雑貨が主力となります。商品開発スタッフには、デザイナーや漫画家などの経歴を持つ人材(アクリル職人)が加わり、"感動できなきゃ仕事じゃない!"を合言葉に、日々新しいアイデアや商品が生み出されています。

そんな三幸が満を持して世に送り出すのが、特殊印刷を施した薄布をアクリル板に封入した自社ブランド商品「東京アクリル」です。東京アクリルは、薄布の持つ見た目の柔らかさと、水が染み込まないアクリル板の性質を併せ持ちます。こうした特性をいかし、耐久性と美しさが同時に求められるインテリア用品や室内装飾品など、商品化に向けた取組みが進められています。

自社ブランド商品「東京アクリル」自社ブランド商品「東京アクリル」 夢とアイデア満載の小沢社長の手帳夢とアイデア満載の小沢社長の手帳
企業名 有限会社三幸
代表者名 小沢 頼孝 従業員数 10名
資本金 300万円 売上高 非公開
住所 東京都足立区東和5-12-24
電話番号 03-3629-0331
主要製品 アクリル板を加工した生活雑貨、アクセサリー

制度を利用するきっかけ

平成14年(2002年)に、区内事業者の異業種交流会「あだち未来クラブ」に参加し、集会場である区の中小企業支援拠点・あだち産業センターに足を運んだのが各種制度を知るキッカケとなりました。あだち産業センターには、国や都・区の中小企業支援策を紹介するコーナーが設けられているほか、中小企業診断士などの専門家が常駐しています。小沢社長はあだち産業センターの専門家や職員と面識を深める中、有効な支援策の活用を考えるようになりました。

支援内容

足立区は、区内事業者の優れた技術や製品を足立ブランド「FC ADACHI」として認定し、技術・製品の魅力を伝えるPR活動を展開しています。また、従業員の仕事と生活の両立に取り組む事業者を、ワークライフバランス認定企業として表彰・PRしています。三幸は平成19年に足立ブランドに、平成22年にはワーク・ライフ・バランス企業にそれぞれ認定されました。

その後、小沢社長は区の相談窓口事業を活用し、専門家(中小企業診断士)のアドバイスを受けながら経営革新計画の作成にチャレンジしました。その結果、平成22年7月に東京都知事の承認を取得するに至りました。経営革新計画では自社ブランドの確立をテーマに掲げており、今回の「東京ブランド」の立上げは、経営革新計画で定めた取組みの1つになります。

さらに平成23年7月に三幸は、斬新なアイデアで新製品・新サービスを開発する事業者を区が支援し、最大1,000万円を補助するニュービジネス支援事業(ビジネスチャレンジコース)にチャレンジをしました。東京ブランドの開発と販路開拓をテーマとする事業計画は審査の結果、採択されました。

支援の結果と今後の展開

足立ブランドやワーク・ライフ・バランス認定企業となったことで、三幸(ミユキアクセサリー)の名は、区内外に広まりました。現在、全国各地の人々や学校の児童・学生などが頻繁に工場見学に訪れるようになり、工場内での商品販売額は倍増ペースで推移しています。

現在、三幸はニュービジネス支援事業の補助金や専門家の支援を受けながら、平成23年度中の東京アクリルの完成および販売開始を目指しています。

"世界で通用するブランドを創造したい""世界中の人々に笑顔と元気を届けたい"が小沢社長の最近の口癖であり、三幸の夢はさらに広がります。

お問い合わせ先
足立区産業経済部中小企業支援課(あだち産業センター)
TEL:03-3870-8404

このページの先頭へ