本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2011年]

電気・ガス等のエネルギーを使わず、熱い液体を瞬時に常温に熱交換できる省エネ型熱交換装置の開発と販売活動【上田建設】

[建設・土木・不動産|宮崎県]専門家派遣相談・アドバイスなし

企業概要

上田建設株式会社は、建設業を主たる業務として創業より34年間、民間のビルやマンション、店舗等の建築および営繕工事を手掛けていました。しかし、ここ数年景気の低迷とともに建築工事の受注が激減し、以前は定期的に受注のあった顧客からの工事依頼も減少してきているため、現在は新事業を主体とした営業に力を入れています。

その中にあって異業種交流を続けてきたところ、熱交換システムの発明者との出会いがありました。さっそく実用化可能性を検討したところ、商品化に耐えられる性能であることを確認するに至り、発案者との協議のうえ開発および販売の一切の権利を譲り受けることで、同社の革新事業として位置付けることになりました。

今回の開発製品は電気、ガス等のエネルギーを使わず、熱い液体を瞬時に冷たくできるというものです。試作機による実験においても期待以上のデータが出ており、現段階でも実用化が近いと考えています。仮にこのシステムの大型化が実現できれば、清酒メーカーやドリンクメーカー等への販売も可能と考えています。

また、農業用ボイラーの補助装置としての応用も可能であり、その他多方面でさまざまな用途展開ができるものと思われます。

今後の販売計画としては、まずは厨房器具販売会社を中心に営業を行いながら、その後、温泉関連、農業関連、製造業メーカーへの共同開発等も含め、活動を広げていく計画となっています。

以上のような取組みによって、多方面への用途利用も可能と考えています。

本社本社 熱交換機の試作機熱交換機の試作機
企業名 上田建設株式会社
代表者名 代表取締役 上田健一朗 従業員数 3名
資本金 1,000万円 売上高 1億2,000万円
住所 宮崎県宮崎市鶴島2-12-25
電話番号 0985-29-7184
主要製品 民間のビルやマンション、店舗等の建築及び営繕工事

制度を利用するきっかけ

同社の代表より、今回の新事業分として電気・ガス等のエネルギーを使わず、瞬時に常温に熱交換できる装置の開発と、販売と設置工事等に伴う事業推進資金の借入れを、有利な条件で進めることを目的に、「中小企業経営革新計画」の認定を受けたいとの依頼がありました。

さっそく宮崎商工会議所を紹介して、同社より建設産業等地域力連携強化事業の利用と、申請書作成のために専門家派遣事業を利用することにより専門家が派遣され、計画作成が開始されました。

支援内容

今回の新事業は、異業種交流を続けてきたなかで熱交換システムの発明者と出会ったことがきっかけでした。さっそく実用化可能性を検討したところ、商品化に耐えられる性能であることを確認できたため、発案者との協議の上、開発および販売の一切の権利を譲り受けることで経営革新事業として位置付けることになりました。

なお、経営革新支援事業の認定要件にある「新規性」をどのように表現するかが問題であったため、経営革新計画の認定を受けられるように、特許の取扱いについて協議しました。この新事業について、事業にかかわる人員の確保をはじめ、低利融資による資金調達、得意先の確保、販売計画、利益計画についての詳細な検討を行いました。そして、経営革新計画作成にあたり、以下のような対応方針を協議しました。

1.現在、引き合いのある温泉施設(別府温泉組合等)に対して、積極的に売り込みを図 りながら、早急に販売実績を獲得する。
2.研究機関との試験研究を強化しながら、業態に合わせた製品開発を行える環境にある ため、短期期間で各業態に適応できる機器の開発ができる。
3.特に引き合いの多い温泉施設に対して、モニター販売制度を定着させる。合わせて 実効データを取りながら、営業ツールとして活用する。特に、需要の多いであろう食品 製造業向けの開発を行う。

以上の内容で経営革新計画作成支援を行い、申請書を提出した結果、平成22年3月に承認を受けました。

支援の結果と今後の展開

平成22年3月に、経営革新計画の認定を受けました。現在、計画は2年目に入り、研究開発も順調に推移しています。販売についても別府温泉組合へのモニター販売も決まり、平成23年度以降の本格的な販売も予定されることになりました。仮にこのシステムの大型化が実現できれば、清酒メーカーやドリンクメーカー等への販売も可能と考えています。

また、同社の重要懸案事項の1つであった資金調達面でも、経営革新の認定後、低利な調達を実現しました。

お問い合わせ先
宮崎商工会議所
TEL:0985-22-2161

このページの先頭へ