本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2011年]

農畜産業分野の建物(畜舎、鶏舎等)に対応した防水、遮熱・断熱工事等の施工による新たな事業展開【宮防】

[建設・土木・不動産|宮崎県]専門家派遣相談・アドバイスなし

企業概要

村社勝代表

村社勝代表

株式会社宮防は、防水塗装工事を中心に施工を行っています。昨今の大幅な公共工事の減少によって、年々厳しい経営を強いられるようになってきました。そこでこの苦境を脱するため、経営革新事業へ取り組むことになりました。

今回の新規事業は、長年培った施工技術および社内で育成した高度な技術を持つ人材を活用して、畜舎等の通気などの構造的な問題、また老朽化等やコスト面の問題について現状を診断した上で、条件に適した工法を提案し、解決していくものとなっています。

具体的には、農畜産業をメインターゲットにした温度管理による生産性向上や建物の安全性確保のために、塗料を用いた遮熱・断熱工事を施工するだけではなく、メイン事業として今まで培ってきた建物の屋上においての防水工事、建築工事の技術やノウハウ、技術者等を活用して、建物の構造を考慮した有効な通気口の開口や、不安全な畜舎(屋上・外壁不良個所)への補強改善等の提案も行うこととしており、熱による家畜の品質低下防止、飼料の良質保存にも繋がるものと考えています。

さらに、顧客への巡回サービスや温度・湿度データの収集・分析などのアフターフォローを行うことによって、顧客満足度の向上を図ることも検討しています。

以上の取組みによって、従来の防水工事に留まらず、あらゆる畜舎等の条件に柔軟に対応した遮熱・断熱工事等の施工も可能となります。また、巡回サービスによって得られたデータに基づき、適切な遮熱・断熱塗料の配合も探求しながら、畜産業界の課題である「家畜の安全」「増体率の強化」「死亡による歩留まり低下の防止」について支援を行い、売上高の維持・増加および収益力の強化を図り、経営革新を達成したいと思っています。

ターゲットはJA経済連や農畜産関係をメインターゲットとし、次に効率的な冷却効果を目指す工場・一般企業および個人家庭等にも販路を拡大する計画としています。

本社本社 飼料タンク施工事例飼料タンク施工事例
企業名 株式会社宮防
代表者名 代表取締役 村社 勝 従業員数 23名
資本金 1,000万円 売上高 4億3,000万円
住所 宮崎県宮崎市大字田吉1886番地
電話番号 0985-53-1008
主要製品 建築一式・リフォーム・防水・塗装・外壁補修・耐震補強その他一式

制度を利用するきっかけ

同社の村社専務から、同社の新事業分として農畜産業分野の建物(畜舎、鶏舎等)に対応した防水、遮熱・断熱工事等の施工に伴う事業推進資金の借入れを有利な条件で進める目的として「中小企業経営革新計画」作成の支援の依頼がありました。

さっそく、宮崎商工会議所の建設産業等地域力連携強化事業を紹介し、村社専務が専門家派遣事業へ申込みを行い、経営革新計画に詳しい専門家が派遣され、計画作成が開始されました。

支援内容

今回の新事業は、長年にわたり代表者が温めてきたアイデアであったため、迷いもなくスムーズに取り組むことができました。しかし、経営革新支援事業の認定要件にある「新規性」をどのように表現するかが問題であったため、十分に新事業として経営革新計画の認定を受けられるように、製造工程の段階から新たに詳細な事業計画を作成するところから着手しました。

この新事業は今後の収益の柱としての役割から、事業にかかわる人員の確保からはじめ、低利融資による資金調達、得意先の確保、販売計画、利益計画についての詳細な検討を行いました。その結果、経営革新計画作成にあたり以下の項目を主に検討しました。

1.革新計画期間を平成20年から平成24年の5年間とする。
2.革新事業の推進は新たな社内プロジェクトを組み、社長ほか3名体制とする。
3.売上計画は、新施工体制が整い次第、着手時からの比較で約3割アップとする。
4.資金調達は、メインバンクから保証協会保証付融資とする。
5.農畜産物飼育環境改善のため、あらゆる畜舎等に対応した防水、遮熱・断熱工事等の 施工を提案する。
6.飼料の良質保存をあわせた商業家畜の歩留まり向上(死亡率低下)を支援する。
7.温度、湿度の管理およびデータの収集分析を目的とした巡回サービスによるフォロー アップを行う。

以上の内容により、経営革新計画作成支援を行い、申請書を提出した結果、平成20年8月に経営革新の承認を受けました。

支援の結果と今後の展開

平成20年8月に経営革新計画の認定を受けました。現在、計画は3年目に入り、営業活動は順調に推移しています。一時期、口蹄疫等の疾病が発生したため営業を控えることになりましたが、建設用の生コン車への遮熱塗装が好評で引合いも増えており、今回の新事業成果が表れてきています。

また、ネット上のショップの開店によって売上効率も向上しており、既存事業にも良い影響を与えています。

なお、懸案事項の資金調達面でも低利な調達を実現しました。

お問い合わせ先
宮崎商工会議所
TEL:0985-22-2161

このページの先頭へ