本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2011年]

ホウレン草生産システムの実用化および品質の良いホウレン草の周年販売【栗原商店】

[小売・卸|群馬県]相談・アドバイスなしなし

企業概要

店舗外観

店舗外観

株式会社栗原商店は、直営店「.comえいのう(ドットコムえいのう)」を運営しており、群馬県伊勢崎市で主に農業資材、種苗販売、農業指導事業などを行っています。

養蚕が盛んであった創業当時の昭和25(1950)年、染料薬剤と野菜のタネの販売を皮切りに、その後、群馬県内でいち早く農業用ビニール販売や養液栽培品の販売に着手し、平成に入ってからは生産者向けセル苗販売、韓国産パッカー、ドイツ産育苗ベンチ輸入販売など、積極的な事業展開を図ってきました。そして平成13(2001)年には、農業支援の店「.comえいのう(ドットコムえいのう)」のオープンに至っています。

「ドットコムえいのう」の命名は、営農のお手伝いをするプロの店として、農産物の販売・営農技術の普及においてインターネット時代の先駆けとして、「どっと、営農さんがご来店していただきたい」というスタッフ全員の願いからです。現在は、野菜・花・種子・接木苗・実生苗・肥料・農薬・農業システムソフト・環境機器販売、ハウス資材全般の販売にあわせて、付随業務として、種苗・農薬・園芸の栽培全般にかかわる相談や支援を、食のリサイクルまで考えて行っています。そして、「ドットコムえいのう」には、シードアドバイザーはもちろん、JGAP導入指導員、施肥指導員、農薬管理指導士など多数常駐しています。

また、農薬や化学肥料を削減するなど一定の要件を満たして生産された農産物を、特別栽培農産物として県が認める制度「群馬県特別栽培農産物認証制度」の確認機関の資格も取得し、食の安全性の確保や環境負荷の軽減にも注力しています。

さらに平成22年2月には、有限会社御光福園芸と連携し「ホウレン草生産システムの実用化および品質の良いホウレン草の周年販売」で、農商工連携促進法に基づく事業計画の認定を取得しました。

「ホウレン草生産システム」の外観

「ホウレン草生産システム」の外観

企業名 株式会社栗原商店
代表者名 栗原直貴 従業員数 7名
資本金 1,000万円 売上高
住所 群馬県伊勢崎市栄754
電話番号 0270-74-0208
主要製品 種苗・肥料・農薬・農業資材などの販売、および営農技術指導

制度を利用するきっかけ

同社は、養液土耕栽培用希釈装置を応用してホウレンソウ生産システムを開発・実用化するため、実際にホウレンソウ栽培している農業者でかつ研究熱心な農業者を探していました。その時、品質の良いホウレンソウの生産と周年安定販売、生産の効率化、生産性の向上が必要であると強く感じていた御光福園芸の社長に出会い、連携してシステムを共同で開発することになりました。

さらに、研究機関として千葉大学や、需要先として品質管理され安全でおいしい食材を求めるわらべや日洋株式会社も加わり、研究が加速されました。

支援内容

同社は、地元の商工会、商工会連合会ほか関係機関の支援のもとで、平成22年2月に農商工連携促進法に基づく事業計画の認定を取得しました。これには、関係者が約半年をかけて事業計画の作成を支援しました。これにより、策定・認定を受けた事業5カ年計画に基づくフォローアップを、専門家を交えて行いました。

同社は、養液土耕栽培用希釈装置を応用したホウレンソウ生産システムを開発し実現するため、千葉大学の日射比例型節肥、環境負荷の軽減技術の研究成果を取り入れていますが、連携農業法人である御光福園芸が、同装置(試作システム)を導入して、播種時期、品種による吸肥、日射量、吸水量などの栽培・収穫記録、データ収集などの役割分担を行いました。これらの研究・実証実験のための会議体づくり、運営を支援し、進捗管理、課題設定と問題点対策を進め、現在も継続しています。これによりシステムを完成させるとともに、同システムを導入して、低コストで安心安全かつ品質の良いホウレンソウを生産し、年間を通して安定的に販売します。

農商工連携の事業計画の認定を取得したことにより、融資や補助金が活用でき、これらの有効な使い方についてもアドバイスを行いました。販路開拓についても関係機関と連携の下で、今後も継続して支援が行われます。

支援の結果と今後の展開

今回、困難な「ホウレンソウの周年安定生産」のシステム開発に取り組むにあたり、多くの関係者の協力を得ました。

今後は、このシステムの完成を目指して、データの蓄積、実証実験を推進し、このシステムにより、全国の農業者にデータ管理をされた安定した高品質・安全なホウレン草づくりと農業生産性の向上、それによりつくられた数値化した安全・安心なホウレン草の販路開拓を進めます。

お問い合わせ先
(独)中小機構関東 地域連携支援課
TEL:03-5470-1640

このページの先頭へ