本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2011年]

川場村農業者を集約したブルーベリー等のB級農産物加工品の開発・販売【川場村農産加工】

[食料・食品|群馬県]相談・アドバイス資金援助・債務保証なし

企業概要

川場村農産加工 外観川場村農産加工 外観 地元農産物でつくられたジュース地元農産物でつくられたジュース

川場村農産加工株式会社は、群馬県利根郡川場村の村内で生産される農産物を加工してジュース、ジャムなどの加工製品を製造する加工工場です。従来は廃棄処分されていた規格外の農産物を加工することにより、農産物の廃棄を減らし農家の所得の向上、地域商品の開発に寄与しています。村内で唯一、農産物加工の加工技術と設備を持ち、村内のほとんどすべての農業者(約100軒)と取引する極めて地域貢献性の高い企業です。現在、りんご、トマト、ブルーベリー、梅などのジュースやジャムを製造販売しています。

ここ数年、村全体でブルーベリーの植樹を推進してきました。ブルーベリーは、果樹の収穫が可能な成木になるまで約5年を要しますが、今後、成木が増え、年々収穫量が増加することが予想されています。そのため、ブルーベリー果実の販路やブルーベリー加工食品の開発・販売が重要な課題となっていました。そのような背景もあり、農産物加工ニーズが拡大しています。

同社で加工・製造された商品は、「関東で好きな道の駅」で5年連続ナンバーワンである「道の駅田園プラザかわば」の店舗や、村内のみやげ店で販売しています。みやげ販売店と連携して消費者情報を得るとともに、保有農産物加工技術を活かして、消費者に喜んでもらえる新たな農産物の加工品の試作・製造に取り組むとともに、農業者からの委託加工も受け入れ、農業者が希望する農産物加工を行っています。

山口 登社長山口 登社長 川場村農産加工の工場とスタッフ川場村農産加工の工場とスタッフ
企業名 川場村農産加工株式会社
代表者名 山口登 従業員数 7名
資本金 600万円 売上高 5,000万円
住所 群馬県利根郡川場村大字谷地2537
電話番号 0278-50-1172
主要製品 ブルーベリー・リンゴ等果実加工製品の製造販売

制度を利用するきっかけ

同社の山口登社長は、これまで川場村の農家・農業生産法人との連携の下、農産物の加工・販売に尽力し、「道の駅田園プラザ」の売上金額が関東地区No.1となるための多大なる貢献をしてきました。そこで、さらなる売上向上と農産物利用の効率化を考えていたところ、地元の商工会より「農商工等連携事業計画の認定」の紹介を受けました。これにより、農産物利用の効率化や商品化後の販路開拓・販売促進を含めた一体的な支援を受けることが可能になると考え、応募しました。

支援内容

同社は、地元の川場村商工会、群馬県商工会連合会ほか関係機関の支援のもとで、平成21年に農商工等連携促進法に基づく事業計画の認定を取得しました。これにより認定を受けた事業5カ年計画のフォローアップ支援が始まりました。マスター計画を確認してスケジュール表(ガントチャート)を作成し、その後、開発・試作・評価項目の抽出と連携体制の確認、必要経費の積み上げ、原価の試算等を行いました。

計画策定後は、同社において計画が実行に移され、プロジェクト進捗の問題点と対策、次のステップの課題抽出を行いながら商品企画を行い、試作検討しました。新商品の開発にあたって既存の設備では不足しているものがあり、必要な試作設備の購入検討を行った上で、認定事業者が活用できる試作設備の補助についてアドバイスをしました。事業計画・活動の進捗フォローや外部専門家の紹介、料理研究家とのマッチング等、幅広く支援を行い、必要に応じて経費補助の応募についてアドバイスし、補助金を有効に活用しました。

商品開発に併せて、各種加工品容器選定・試作と、各種加工品ラベルデザインやパッケージングについても外部専門家を交えて検討しました。企画案の提示、協議などの具体的な支援と総合的な支援により、売れる商品づくりを強く意識しました。

支援の結果と今後の展開

今回、事業認定前後の立ち上げと商品化の準備、第一段階の試作評価の支援が行えました。事業化のスピードアップおよび高度な事業展開のためのマーケティングプロセスに則った事業推進に寄与したと考えます。中小企業地域資源活用プログラムによる支援は今後も継続され、果実酢、各種農産物を使用したドレッシング、ブルーベリーを用いたスイーツなど複数の新商品を継続的に開発して行きます。新商品開発を通じて、さらなる川場村の発展に貢献したいと考えています。

お問い合わせ先
(独)中小機構関東 地域連携支援課
TEL:03-5470-1640

このページの先頭へ