本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2011年]

地域資源である「あんこう」等を活用した漁師料理のパッケージ商品開発・販売【魚の宿まるみつ】

[サービス|茨城県]専門家派遣相談・アドバイスなし

企業概要

株式会社魚の宿まるみつは、平成21年11月20日、「中小企業による地域産業資源を活用した事業活動の促進に関する法律(中小企業地域資源活用促進法)」の認定を受け、「あんこう等を活用した漁師料理のパッケージ商品開発・販売」を行っています。

同社は、元々、地元平潟漁港(茨城県北茨城市)でその日に水揚げされた新鮮な魚を使った料理を提供していました。なかでも、「どぶ汁」と呼ばれるあんこう鍋は、漁師料理を忠実に再現したものであり、代々引き継がれた「秘伝の味噌」を使った自慢の1品です。そのため、同社を訪れる観光客には大変好評を博しているのですが、首都圏では、あんこう鍋といえば醤油味が一般的であり、味噌味であるどぶ汁は、まだまだ認知されていない状況です。

そこで、どぶ汁を茨城県外にPRするため、あんこうに含まれるコラーゲン等を最大限に活かして、どぶ汁等の漁師料理のパッケージ商品化を行い、首都圏の百貨店等へ販売することができないかと考えました。

その際の一番の課題は、あんこうの鮮度をいかに保つかということでしたが、ある展示会で出会った企業の特殊冷凍技術を活用すると、その課題が解決できる可能性があることが分かり、現在、商品化に向けてさまざまな検討を行っているところです。

また、地域と共に歩んできた同社としては、今回の事業を通じ、漁業、観光業をはじめ、地域のあらゆる産業の活性化につながることも同時に目指しています。

あんこう(地域資源)あんこう(地域資源) どぶ汁(味噌味のあんこう鍋)どぶ汁(味噌味のあんこう鍋)
企業名 株式会社魚の宿まるみつ
代表者名 武子克榮 従業員数 65名(非正規社員含む)
資本金 1,000万円 売上高 3億円
住所 茨城県北茨城市平潟町235
電話番号 0293-46-0569
主要製品 「新鮮な魚料理」と「おもてなし」を提供する温泉旅館

制度を利用するきっかけ

日頃から組合活動等を通じて交流のあった、茨城県中小企業団体中央会へ新規事業の構想を相談したところ、中小企業支援施策として、「中小企業地域資源活用促進法」というものがあることを説明してもらいました。さらに、地域力連携拠点事業による、応援コーディネーターによる相談、専門家派遣制度といった支援策も活用できることの説明もあわせて受けました。

自社のみの力では、認定までのハードルを超すのは難しいと思いましたが、地域力連携拠点事業としての支援があれば、認定までの困難も乗り越えられると思いました。

支援内容

地域力連携拠点である茨城県中小企業団体中央会は、応援コーディネーターとともに、同社を訪問し、現状を詳細に把握することから始めました。その際、顧客に支持されている「真の強みは何か?」という点を探り出し、かつ、新規事業を目指して将来的にどうありたいのかという、同社の具体的な「あるべき姿」を共有化しました。

その上で、中小企業地域資源活用促進法に精通している専門家(中小企業診断士)を選定し、申請に向けての具体的な支援を開始しました。

選定された専門家(中小企業診断士)は、申請に向けて、同社の意向をヒアリングしながら、新規事業への取り組みテーマの確認や、その内容の精度の向上などの助言を行いました。

特に、事業における新規性、差別化要因については、その根拠をより具体的にして、第3者(評価委員会の審査員)が十分納得していただける説明となるよう、ブラッシュアップを重ねました。

さらに、新商品開発後の販路についても、茨城県中小企業団体中央会のネットワークを活かしながら、具体的な販路を申請書に盛り込むべく、同社と打ち合わせを重ねました。

なお、地域力連携拠点及び専門家は、(独)中小企業基盤整備機構の担当プロジェクトマネージャーとも密接に連携を図り、申請書の内容の精度を高めていきました。

このような過程を経て、無事、平成21年11月20日、「中小企業地域資源活用促進法」の認定を受けました。

支援の結果と今後の展開

今後は、認定された新規事業計画を着実に実行して、地域に不可欠な企業へさらに成長することが期待されます。

さらに、同社の新規事業は、地域と強く結び付いているがゆえに、同時に地域が活性化されていくことも期待されます。
また、今回の施策活用を通じ、同社には次のような効果がありました。
 (1)経営者自身が、自社の「真の強み」を把握することができた。
 (2)国の認定を得たことで、経営者、従業員とも、自社に対し、今まで以上に誇りがもてるようになった。

お問い合わせ先
茨城県中小企業団体中央会
TEL:029-224-8030

このページの先頭へ