本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2011年]

大人も子どもも楽しい、おもしろ自転車の開発!【ALBA自転車】

[小売・卸|佐賀県]その他なしなし

企業概要

ALBA自転車全景

ALBA自転車全景

平成15年(2003年)頃、激安で販売される中国製自転車一色となり、自転車店が激減する真っ只中、都会ではありふれていた自転車修理のデリバリサービスが佐賀にはなく、佐賀の土地柄、商売として「行ける!」と思い、車一台と携帯電話を片手に自転車の出張修理を始めたのが、ALBA自転車のはじまりです。

しかし、最初の3カ月は、お客様にまったく相手にしてもらえませんでした。佐賀にはまだ出張サービスというものが定着していなかったためです。ところが4カ月目からは、フリーペーパーの取材をきっかけに、徐々に認知されるようになり、順調に経営は安定してきました。

そのうち、次第に店舗を持っていないことに疑問を抱き、商売としては順調ではありましたが、やはり店舗を持ちたいというそんな気持ちが大きくなり、チャレンジショップの募集に応募しました。そこで運良く合格し、1年間経営を学び、その後、「佐賀の自転車文化をもっと高めたい」という想いで店舗として独立し、輸入自転車に特化して、お洒落で軽快な自転車の販売に務めています。

これまでの事業活動により、本物をわかっていただけるお客様に最高の乗り心地を味わっていただけるようになり、創業から7年目となる今日現在、佐賀の皆様にある程度認知されるようにもなりました。しかし、「いつかは自分でものづくりがしたい」と思っていたことから、次なるステップとして自転車の可能性を今度は世界に向けて発信したいという思いを持つようになりました。

そこで、自らメーカーとなり、もっと便利で、生活や仕事の中に活かせるような自転車を開発したいと考えています。たとえば、被災地専用の自転車、ロープや電線上で安全に作業できる自転車、火気厳禁の場所での作業用自転車、斬新なデザインでカッコイイまったく新しいコンセプトの自転車など、まだまだ無限に可能性はあると思われます。

ALBA自転車店内ALBA自転車店内 ビアバイクイメージ図ビアバイクイメージ図
企業名 ALBA自転車
代表者名 牧山圭介 従業員数
資本金 売上高 1,200万円
住所 佐賀県佐賀市天神2-5-10-103
電話番号 0952-24-4890
主要製品 自転車販売・修理

制度を利用するきっかけ

事業計画を立案するにあたり、中小企業診断士より、経営革新支援法の申請を進められたことがきっかけです。

支援内容

経営革新支援法の認定申請書の作成支援を行いました。さらに、平成22年度佐賀県中小企業経営革新支援事業費補助金の申請手続きを途中まで行うも、条件面等で代表者の考えと異なり、最終的には、申請まで至りませんでした。

今後は、金融機関に対し、融資申請を行い、試作品の製作に取りかかります。具体的には、特殊自転車の中でも、おもしろ自転車から開発を始めます。現在日本において、おもしろ自転車を設備したレジャー施設を見ても、デザインや型式はかなり古いものです。一方、同社が考えるおもしろ自転車は、もっとお洒落で楽しい乗り物を考えています。

おもしろ自転車は、生活になければならないものではありませんが、子どもたちが外で遊ばなくなってきた現状があります。これは、携帯ゲームの発達もその一因だと思われます。ならば、ゲーム以上にワクワクするような楽しいことを提供することで、子どもたちが外で楽しく遊べ、親子のコミュニケーションを深めるきっかけとなればと思っています。事実、おもしろ自転車は、どこの施設でもすごい人気であり、楽しみながら交通ルールを理解し、悲惨な事故に遭遇しないよう、教育の場としても役立つことが考えられます。

今あるおもしろ自転車は、つくりが精巧ではなく、利用者も乱暴に使用しているのが現状です。そこで、構造や強度、耐久性、安全性、デザイン性などさまざまな分野の複合知識とハイレベルな技術が必要となります。今後の課題は、「楽しく安全」だと考えています。

支援の結果と今後の展開

現在、おもしろ自転車第1弾として、ドイツなどで普及しているビアバイクの資料を取り寄せています。ビアバイクの特徴としては、次のものなどがあげられます。
 (1)12人の人力で小型バスほどの自転車を動かす。
 (2)1人は運転に専念する(後方に3人の補助席あり)。
 (3)イベント会場で広告等としての利用も可。
 今後は、公道以外での場所であるレジャー施設や、ビールメーカーのイベントなどを盛り上げるものとして、ビアバイクの活用を想定しています。

お問い合わせ先
佐賀県農林水産商工本部新産業課
TEL:0952-25-7129

このページの先頭へ