本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2011年]

未利用バイオマス資源を活用した地球環境にやさしい製品を提供することで、社会貢献する企業を目指す【共同産業】

[環境・エネルギー|山口県]専門家派遣相談・アドバイス資金援助・債務保証

企業概要

安定品質と安定供給が大事と語る山路太郎社長

安定品質と安定供給が大事と語る山路太郎社長

共同産業株式会社は、昭和24年(1949年) に製材・木材業として創業以来、昭和39年に木炭製造業に転進し、一貫して木材とかかわってきました。

同社の主力製品は、業務用のオガ炭(成形木炭)です。オガ炭とは、製材所から排出されるオガ粉を加熱圧縮形成加工してオガライトをつくり、それを炭化させた製品です。炭をつくるために森林を伐採することがないので、未利用バイオマス資源を有効に活用した環境にやさしい製品です。

同社のオガ炭は、独自の圧縮加工、炭化技術により、非常に堅く製造されています。自然備長炭に匹敵するほど、長時間、安定した高火力を得られることから、食材の味を引き立てます。契約した製材所の厳選された原料だけを使用しているので安心・安全です。また、徹底した品質管理の下で製造しており、安定品質、安定供給に定評があるので、一部上場企業をはじめとして全国の優良飲食店で使われています。

オガ炭以外の主要製品としては、油吸着材のスミレイがあります。スミレイは飲料メーカーから排出されるコーヒー滓を炭化して製造した製品で、ミクロン単位の超薄油膜を吸収できることから、厳しい水質浄化を要求される現場でオイルフェンス、オイルマット、ろ過材として活用されています。この開発については、油吸着材の専門商社である谷口商会株式会社(岡山県岡山市)と共同で行いましたが、平成15年(2003年)に中小企業創造活動促進法の認定、さらには日本吸着学会より技術賞をいただくことができました。

全国のこだわりの飲食店で利用されているオガ炭全国のこだわりの飲食店で利用されているオガ炭 萱に木酢油を含浸させた防菌実験の一部萱に木酢油を含浸させた防菌実験の一部
企業名 共同産業株式会社
代表者名 山路 太郎 従業員数 23名
資本金 1,000万円 売上高
住所 山口県山口市下小鯖850-2
電話番号 083-927-0149
主要製品 成型木炭(国産:白炭・黒炭、外国炭) 、成型燃料(オガライト)、油吸着材など

制度を利用するきっかけ

オガ炭市場は、もともと比較的安定した市場ではありましたが、バブル崩壊以降、外食産業の低迷により国内需要は伸び悩んでいました。そのうえ、海外から安価な製品が輸入されるようになり、競争が激化していました。

そこで同社では、本業のオガ炭の品質向上とコストダウンを図るとともに、より低価格の製品をつくるため、平成13年にはマレーシアの工場と提携を行いました。

また併せて、これまで木炭製造で培ってきた技術とノウハウを活用した新製品の開発に取り組むこととしました。新製品の開発にあたって、中小企業支援機関に相談を行うようになりました。

支援内容

1.経営革新計画による本業の強化
 平成19年には経営革新計画の認定を受け、自然備長炭の代替となるオガ炭を開発するため新しい製法と成形機の開発に取り組み、本業の強化を図りました。その際、省コスト・省力化にも取り組み、コストダウンと従業員の負担軽減にも取り組みました。

2.油吸着剤「スミレイ」のパネル化
 平成21年には、ものづくり中小企業製品開発等支援補助金の採択を得て、紛体であったスミレイを固形化する事業に取り組みました。コストの問題は残っていますが、本来の油吸着材としての利用のほか、食品工場等から排出されるオイルミスト(油を含んだ排煙)の処理材等として期待されています。

3.排煙から未利用資源を採取した木酢油・木酢液の製品化
 平成22年には再度、経営革新計画の認定を受け、排煙より木タールを未利用木質系バイオマス資源として採取し、木酢油・木酢液を製品化する事業に取り組んでいます。専門家の間では、木酢油の優れた抗菌性や防虫活性が知られており、防菌剤、防腐剤、防虫剤、防蟻剤などとしての用途が期待されます。

また、木酢液については防菌活性、防虫活性、防草効果等が知られており、土壌改良剤や農業資材としての用途が期待されています。この事業には、やまぐち地域中小企業育成事業助成金の採択を得られました。

これらの施策を活用する際には、山口県産業技術センター、やまぐち産業振興財団をはじめとして県内外の中小企業支援機関からさまざまな情報提供、助言等を受けられました。

また、経営革新計画の作成についてはシニアアドバイザーセンター(現・中小企業応援センター)の事業を活用し、山口商工会議所や山口県中小企業団体中央会より中小企業診断士の派遣を受けました。

支援の結果と今後の展開

同社では、かねてから木炭関連製品の研究開発に取り組んできました。しかし、中小企業では高度な研究者を常時社内に確保することは難しいのが現状です。中小企業施策の活用により、多くの専門家の知恵を借りることで、研究開発レベルの向上、スピードアップを図ることができ、大変に助けられています。

今後も、本業の強化とともに、未利用バイオマス資源を活用した地球環境にやさしい製品を開発提供することで、社会貢献する企業でありたいと考えています。

お問い合わせ先
財団法人やまぐち産業振興財団
TEL:083-922-3700

地方独立行政法人山口県産業技術センター
TEL:0836-53-5050

山口県中小企業団体中央会
TEL:083-922-2606

山口商工会議所
TEL:083-925-2300

このページの先頭へ