本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2011年]

山形発!!健康にこだわる老舗肉屋さんの新商品開発【ミートデリカ・クドー】

[食料・食品|山形県]専門家派遣相談・アドバイス情報提供

企業概要

夫婦二人三脚の工藤社長と専務

夫婦二人三脚の工藤社長と専務

ミートデリカ・クドーは、昭和23年(1948年)に「工藤肉店」として創業しました。工藤社長の母である先代の「二頭の牛を同じように育てても脂の乗りや霜降りが微妙に違う、自分で納得した肉でなければお客さんに出せない」というこだわりを守り続ける"地域のお肉屋さん"です。中心市街地に立地しており、大手スーパーが出店した際には「リーズナブルで良いお肉」として差別化を図ってきました。

平成5年(1993年)には、(財)食品流通構造改善促進機構の優良経営食料品小売店全国コンクールで農林水産大臣賞を受賞しました。また、少子高齢化・共働きの増加といった環境変化へは、総菜・弁当部門への領域拡大を図り、現在の基礎としています。その際には職人技術の平準化、パート従業員にもできるシステム構築により、効率的なコスト管理体制の基盤を築きました。社内運営体制もコンビニエンスストアなどの競合店が進出してきたため、24時間営業へ移行しました。

事業の方向性として健康を重視しており、顧客が"食"を中心に健康的な生活を送ることを目指しています。その一環として温泉熱気薬石風呂「嵐の湯」を経営しており、専務(工藤社長夫人)は波動整体療術師として整体治療を行っています。また、鶴岡高専のマイクロバブルに関する研究への協力を行うなど、幅広いネットワークを構築しています。

地元の農家(大手食品会社との契約栽培を行っており技術的にも高い)との人脈によって支えられた地産地消にも先駆的に取り組んできました。肉屋の職人技をフルに活かした多品種少量生産・販売で、地域食材循環型仕入システムを実現し、健康にこだわる手づくり弁当と総菜を提供しています。

24時間営業(有)ミートデリカ・クドー本店24時間営業(有)ミートデリカ・クドー本店 人気上昇中「食べ歩きコロッケ」シリーズ人気上昇中「食べ歩きコロッケ」シリーズ
企業名 有限会社ミートデリカ・クドー
代表者名 代表取締役 工藤 秀彌 従業員数 21名
資本金 800万円 売上高 1億4,800万円
住所 山形県鶴岡市本町1-7-13
電話番号 0235-22-1297
主要製品 精肉販売・弁当・総菜製造販売

制度を利用するきっかけ

人口減少など経営環境は厳しいのが地方の現状です。同社も既存客の高齢化などの課題を抱え、将来にわたって事業を継続していくためには、新たな取組みの必要性を感じていました。以前より工藤社長が考えていた販路拡大に向けた新商品開発を、経営革新申請によって実現しようと考えたのが制度利用のきっかけです。工藤社長の経営生活の集大成として、次世代にわたって継続できる経営を実現したいと取り組みました。

支援内容

旧・地域力連携拠点事業での応援コーディネーター(中小企業診断士)によるアドバイスを受けることができました。

平成21年4月から3回の専門家派遣を実施し、第1回派遣支援ではヒアリングや情報収集をしたうえでの現状分析、第2回派遣支援では事業計画づくりに向けて具体的な作業、第3回派遣支援では申請書作成の支援を行いました。

平成22年に入ってからは鶴岡商工会議所窓口相談にて計画のブラッシュアップを行い、申請しました。

1.平成22年5月18日に「経営革新計画」(山形県)が承認されました。

2.鶴岡商工会議所からは経営革新承認後も、きめ細かく豊富な地元情報の提供がされました。

3.山形県企業振興公社が、経営革新計画の申請窓口となっており、経営革新申請を担当するアドバイザーからの助言を得て、さらに磨きをかけました。

工藤社長は「経営革新計画に承認されたことも嬉しく会社のためになるが、今後の経営の道筋を明らかにし、やるべきことがはっきりしたことはとても大きなメリット。自分自身もいままで以上にやる気が出てきた」と支援を受けた感想を話しています。

支援の結果と今後の展開

支援の結果、平成22年5月18日に経営革新計画は承認されました。将来を見据えた事業計画書の作成に本格的に取り組むことで、社内では必要な数値目標を共有することが可能となりました。社員を含め、漠然としていた課題に対する解決策が整理されて、具体的になっていきました。社員やパート従業員からの提案事項も増えました。

今後の展開として、平成22年の承認後に販売を開始した「食べ歩きミートコロッケ」は、庄内映画で1日に2,000個を売り上げるなど、着実に販売を拡大しています。今後の通信販売への展開に向けて、商品も企画開発中です。

お問い合わせ先
鶴岡商工会議所
0235-24-7711

このページの先頭へ