本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2011年]

ATM等の完全セキュリティを実現する錠前システムの開発【ダイワロックス】

[金属|山梨県]資金援助・債務保証なしなし

企業概要

ダイワロックスは、工業用錠前や関連製品の設計開発から製造販売までを行っている会社です。これまで積み上げた技術やノウハウをもとに、平成21年にはATM等の完全セキュリティを実現する錠前の開発に取り組みました。

その具体的な内容としては、ATMや自動販売機等の現状における十分なセキュリティとは言えないシステムを、新考案の方式を用いて、世界に2つとない鍵(錠前)で不正解錠を防止するロックシステムを開発するものです。これは、錠前専門メーカーである同社のノウハウから開発したバルバ形キーを、さらに改良したメインキーと内部の波形キーで構成し、低コストで完全セキュリティを実現するものです。

錠前の開発に成功した重要な要因は、専用の加工機や新考案の方式に対応したコード生成ソフトの研究開発でした。

FAUSシステム錠FAUSシステム錠 波形MKシステム錠波形MKシステム錠 展示会出展の様子展示会出展の様子
企業名 株式会社ダイワロックス
代表者名 代表取締役 大島 和雄 従業員数 50名
資本金 2,000万円 売上高 8億円
住所 山梨県甲斐市竜地5831
電話番号 0551-28-4410
主要製品 工業錠前及び関連製品

制度を利用するきっかけ

同社は中小企業診断士に完全セキュリティ錠前システムの研究開発を話したところ、全国中小企業団体中央会で行っている「ものづくり中小企業製品開発等支援補助金」の公募に関する説明を聞き、同補助金を活用しての試作開発等支援事業に応募申請しました。

支援内容

これまでは、主に財団法人やまなし産業支援機構から技術・製品開発に関わる多面的支援を受けてきましたが、平成21年度においては、全国中小企業団体中央会の「ものづくり中小企業製品開発等支援補助金(試作開発等支援事業)」を活用しました。特定ものづくり基盤技術を活用して、試作開発から販路開拓等に取り組もうとする中小企業者等に交付されるものです。

補助額として事業費の3分の2を補助するものであり、限度額は1件当たり100万円以上1億円以下です。補助対象経費としては試作開発費(費目として8種)、販路開拓費(費目として4種)があり、同社では試作開発費(機械装置費、外注加工費、直接人件費)と販路開拓費(マーケティング調査費)を利用しました。

支援の結果と今後の展開

今回の研究開発により、新システムを利用した錠前の開発は成功しました。

今後は、今回に得た技術やノウハウをもとに、さらに進化した錠前(エンジニアリングプラスチックを使用した錠前)の開発を行っていきたいと考えています。

また、技術開発に当たった従業員においては、研究開発プロセスで試行錯誤した経験が、さらなる能力の向上の動機づけになったのではないかと思われます。

お問い合わせ先
全国中小企業団体中央会 ものづくり中小企業支援センター
TEL:03-3523-9640

このページの先頭へ