本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2011年]

経営革新計画を活用し、社内一体化を促進!【トランスパーソナル・ワークス】

[情報・通信|東京都]専門家派遣相談・アドバイスなし

企業概要

磁気カードリーダー

磁気カードリーダー

株式会社トランスパーソナル・ワークスは、平成14年(2002年)の設立以来、高度な働きをする電気機器に組み込まれているマイコン(マイクロコンピューター)のソフトウェアを開発しています。特に、ソフトウェアとハードウェアの中間に位置するソフトであるファームウェアの開発に強みを持っています。同社の社員の多くは、開発経験15年以上であり、プログラミングスキルが高く、優れた技術力を有しています。

これまでに、
・カード関連ソフトウェア開発:磁気カードリーダー、ICカードリーダー
・電話機関連ソフトウェア開発:携帯電話、コードレス電話、公衆電話など
・その他ソフトウェア:バーコードリーダー、POSターミナルなど
など多岐にわたるソフトウェアを開発しており、これまでに培ってきた経験やノウハウにより、メーカーからのあらゆる要求に応えることができると自負しています。

画像イメージ(開発中)画像イメージ(開発中) "これから"を支える若手社員たち
企業名 株式会社トランスパーソナル・ワークス
代表者名 川嶋 謙治 従業員数 7名
資本金 1,000万円 売上高 5,414万円
住所 東京都八王子市南大沢4-19-22-3
電話番号 042-670-6532
主要製品 マイコンのソフトウェア及びファームウェアの受託開発

制度を利用するきっかけ

同社の技術スタッフは、顧客先へ常駐してソフトウェアの受託開発をしています。そのため、全社員が一堂に会する機会は2~3カ月に1回と極めて少ない状況にあることから、社員間の情報共有の少なさや、会社への帰属意識の低さなどを問題と感じていました。

そのような折、中小企業の経営者向けのセミナーにおいて、「中小企業新事業活動促進法に基づく経営革新制度」の存在を知りました。

そこで同社では、全社員が共有できるテーマを選定し、全社で進めることができる経営革新を社内一体化に向けたきっかけとするため、経営革新計画の承認申請に向けた取組みを行うことを決意しました。

支援内容

同社では経営革新の承認申請を決意したものの、何を新規事業とするかが決まっていませんでした。そこで、中小企業の経営者向けセミナーで知り合った(社)中小企業診断協会東京支部所属の中小企業診断士の指導の下、あらためてテーマの検討に入りました。SWOTやマーケティングミックスなどのフレームワークを用いた現状の理解に始まり、コンセプト策定の過程を経て、「携帯電話を用いた人材派遣システム」を開発することとしました。

人材派遣スタッフの不安解消や、人材派遣会社の効率向上を両立できる本システムは、同社の経験が活かされた利便性が高いシステムです。

システムの特徴に加えて、業績計画や営業戦略なども盛り込んだ経営革新計画は極めてわかりやすい内容となり、スムーズに東京都から経営革新計画の承認を受けることができました。

支援の結果と今後の展開

支援を受けた結果、東京都より経営革新の承認を受けることができました。

また、開発資金についても経営革新計画の承認を受けたことによって、日本政策金融公庫より有利な条件で融資を得られたため、十分な金額を確保することができました。

なお、現在では社内一丸となって新システムの開発に取り組んでいます。

経営革新制度の活用は、融資の優遇措置などの金銭的なメリットとともに、経営革新計画作成の過程で、方針・コンセプトを社内にて共有できたことにより、社内の一体化の醸成にきわめて有意義だったといえます。

現在のソフトウェア開発においても、社員同士の議論が以前にも増して積極的になっており、経営革新の目的は果たせたと考えています。

お問い合わせ先
(社)中小企業診断協会東京支部
TEL:03-5550-0033

このページの先頭へ