本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2010年]

街づくりに貢献!生活密着型店舗を目指す【ベルコモン神戸協同組合】

[小売・卸|三重県]その他なしなし

企業概要

ベルコモン神戸建物全景

ベルコモン神戸建物全景

三重県鈴鹿市では、商業機能や都市住居機能の再編整備等を目指した再開発事業へ取り組むにあたり、「ベルコモン神戸協同組合」の住所地である神戸二丁目地区において「神戸C地区第1種市街地再開発事業」を行いました。それに伴い、古くから当地で小売業を営んでいた小売商業者5名が結集して「ベルコモン神戸協同組合」を設立しました。同組合では、地域に根ざした生活密着型店舗をコンセプトに、いかに集客力の高い商業施設とするかの研究を重ねて、平成19年6月に共同施設「ベルコモンかんべ」の1階に店舗をオープンしました。

同組合の設立が平成16年3月であり、おおむね3年越しでの出店です。店舗の構成については、核店舗として組合員の食品スーパーを擁し、以下、同じく組合員である寿司店(洋食店を「ベルコモンかんべ」で同時に経営)、菓子小売店、婦人服小売店、自転車小売店と生活密着型コンセプトに相応しくなっています。また、組合員以外のテナントとして、美容室が組合員と軒を並べて「ベルコモンかんべ」に入居し、より一層の集客に貢献しています。

なお、「ベルコモンかんべ」そのものは建物の名称であり、再開発事業により建設された商業施設のことを指します。ちなみに、再開発事業では、商業施設の建設と併せて住宅施設「ベルコモン神戸」も建設されており、まさに「商」と「住」の両立が実現されています。分譲住宅である「ベルコモン神戸(全21戸)」はすでに完売し、家族連れが入居することによって「ベルコモンかんべ」の商圏人口の増加にも貢献しています。

ベルコモンかんべ歩行者通路ベルコモンかんべ歩行者通路 ベルコモン神戸協同組合組合員店舗ベルコモン神戸協同組合組合員店舗
企業名 ベルコモン神戸協同組合
代表者名 鈴枝 光秋(寿司店、洋食店) 従業員数 5名(組合員数)
資本金 300万円(出資金額) 売上高
住所 三重県鈴鹿市神戸2-10-3
電話番号 059-384-7222
主要製品 寿司店、洋食店、食料品小売業、自転車小売業、婦人服小売業、菓子小売業(組合員の業種)

制度を利用するきっかけ

同組合では、三重県中小企業団体中央会の支援や指導などを平成16年の設立当初から継続的に受けており、その一環で平成19年度の「モデル組合」として同中央会より指定を受けました。

なお、平成22年度においても、同組合の定例会議には同中央会の担当者が出席し、折りに触れて適切な助言やアドバイスを行っています。

支援内容

モデル組合とは、小企業者組合の設立の促進、運営の向上等を図ることを目的として、各都道府県の中小企業団体中央会が指定を行うもので、当該組合が行う教育情報提供事業および他の小企業者組合に対する成果普及事業に対して助成を行っています。

「ベルコモン神戸協同組合」に対する具体的な支援内容としては、三重県中小企業団体中央会から外部専門家の派遣を受けて、共同宣伝事業に類する販売促進の指導や、組合員の経営改善指導(経営診断)などを行い、組合並びに組合員のソフト面の充実が図られています。

一方、同組合では経営コンサルタントと独自の顧問契約を結んでおり、自助努力によってもさらなるソフト面の充実に取り組んでいます。具体的には、過去から引き続き、平成22年度において「ベルコモンかんべ」として月ごとに共同で新聞折込広告を近隣に配布しており、組合員並びに各テナントがそれぞれの販売促進(PR)を行っています。

その結果として、組合設立前の個店レベルでは、資金的にもノウハウ的にも現実問題として難しかったソフト面の充実が図られています。ほかにも、商業施設と住宅施設を繋ぐ歩行者通路を利用したさまざまなイベント(近隣保育園の園児が描いた絵の展示、縁日の開催、核テナントを中心とする店頭販売の実施など)に取り組んでおり、組合設立やモデル支援等々の目に見える効果としてあげることができます。

各組合員が「ベルコモンかんべ」への出店時に、三重県の中小企業高度化資金制度を利用して、設備資金を調達しています。

支援の結果と今後の展開

敷地内に公園や駐車場を擁する近代的な商業施設に組合員が出店し、ハード面の充実が図られています。

また、歩行者通路を挟んだ高層階の住宅棟を始め、近隣には古くからの住宅街を控え、密度の高い商圏を抱えています。残るはソフト面の充実をいかに図るかですが、専門家の派遣による指導や、三重県中小企業団体中央会の助言などを継続的に受けることによって、実現されていくと思われます。

今後は、ソフト面の充実をさらに重ねて、生活密着型店舗として近隣住民にとってなくてはならない商業施設(組合)としての地歩を固めるものと思われます。

お問い合わせ先
三重県中小企業団体中央会
TEL:059-228-5195

このページの先頭へ