本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2010年]

地元アーティスト、住民、来街者をつないで街おこし【しもきた商店街振興組合】

[小売・卸|東京都]イベントその他なし

企業概要

賑わう下北沢大学

賑わう下北沢大学

下北沢は劇場やライブハウス、古着の街といったイメージが強くありますが、下北沢駅北口の「しもきた商店街」には、劇場もなければライブハウスもありません。「商店街としての独自性=他のエリアとの差別化、渋谷や原宿でない"下北沢らしさ"」をいかに創っていくかが課題となっていました。

しもきた商店街内の組合員店舗では、アーティストのワークショップが開催されており、アーティストのネットワークが形成されています。同商店街では、これらの「ヒト資源」を活かすことができないかと考え、手づくり「しもきた」街づくり計画を立案しました。

地元アーティストや住民、来街者をつないで商店街を内外にアピールしようとする試みです。年間数度の開催で、第1回目は平成22年8月に『路上大学~下北沢大学 夏期講座』と銘打ち開催されました。実施場所は、下北沢駅前食品市場の空き店舗など商店街各所で、地元アーティストの協力のもと、各種のアート企画を展開しました。アートをキーワードに街の賑わいを演出し、商店街のブランド力を高めようとするものです。

平成22年8月の開催期間中には、同商店街に「下北沢大学」というロゴのノボリ旗が連なりました。マイ箸づくりやTシャツアート、陶芸など約40名の地元アーティストによる各種ブースが人気を集めました。さらに、写真展やトークショー、交流会などが開催され、地元の子供連れやショッピングに訪れた女性客などで賑わいました。

取り壊しが予定されている駅前食品市場取り壊しが予定されている駅前食品市場 マイ箸作り講座マイ箸作り講座
企業名 しもきた商店街振興組合
代表者名 柏 雅康 従業員数 組合員数139、事務局長1名
資本金 出資金額:72万円 売上高
住所 東京都世田谷区北沢2-30-2
電話番号 03-3467-3070
主要製品 生活雑貨、衣料品、飲食等

制度を利用するきっかけ

下北沢は、駅周辺地区の再開発が進められています。駅前食品市場も再開発で取り壊す予定があり、そのため空き店舗がでています。商店街のシンボル的存在が消えるのを惜しむ声もあり、この機会に何か行いたいとの機運が起こっていました。

そのようなときに、世田谷区産業振興公社から商店街実践活動事業を紹介され、アートをまちづくりに活かし、同時に、下北沢の新たな名物になるような計画を作成することになりました。

支援内容

手づくり「しもきた」街づくり計画(しもきた商店街の企画名称は「下北沢大学」)については、一部に全国商店街振興組合連合会の商店街実践活動事業の助成金を活用しました。同事業は、商店街振興組合、商店街振興組合連合会が主体となって、地域への貢献、社会的課題への対応(少子高齢化、安心・安全、環境問題、地域資源の活用、伝統の継承等に対するものなど)および地域コミュニティとの連携等に意欲的に取り組む事業に対して、100万円を上限(下限は30万円)に補助するものです。

事業の運営にあたり特に留意した点は、事業の継続性です。これは「今回の下北沢大学を一過性イベントに止めることなく、地元での起業希望者へのビジネス支援を行う事業へと発展させるなど、息の長い街おこしにつなげたい」(柏理事長)との方針によるものであり、このイベントをきっかけとしてさまざまな取組みに広げていこうとするものです。

プロジェクトには商店街理事のほか、中小企業診断士、アーティストとの関係が強い地元のギャラリー関係者が参加しています。プロジェクト会議は月に数度開催し、企画立案から運営管理まで行っています。

なお、事業を行っていく上でさまざまな助言等が必要になりますが、これらの対応については、東京都中小企業振興公社の商店街パワーアップ作戦「専門家派遣事業」を活用しました。個店とイベントの相乗効果の誘発、各個店の活性化に資するスキームの構築等、専門的な視点からのアドバイスを行っています。

支援の結果と今後の展開

下北沢大学では、40名以上のアーティストとのネットワークが確立できました。後日、日本経済新聞や東京新聞にも掲載され、地元でも大きな反響を呼びました。

また、雑誌「東京ウォーカー」の協賛も得ることができました。東京ウォーカー別冊「世田谷区Walker下北沢」の発行、商店街のフラッグでの共同告知などの協力を得ることができました。

今後は、外部の大手企業とのPR連携をさらに進め、PR面での相乗効果やイベント事業のコスト低減を図っていきます。

お問い合わせ先
全国商店街振興組合連合会
TEL:03-3553-9300(代)

(財)東京都中小企業振興公社
TEL:03-3251-7886

このページの先頭へ