本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2010年]

創造性を伸ばす布製知育玩具を語学学習に活かす【マリアス】

[小売・卸|東京都]専門家派遣なしなし

企業概要

子どもの好奇心に働きかける布製玩具

子どもの好奇心に働きかける布製玩具

株式会社マリアスは、平成15年(2003年)3月に神奈川県で玩具の輸入卸業を開始しました。平成21年から東京の青山に移転し、台湾の布製玩具メーカーであるKING DAM INTERNATIONAL社の日本代理店として、布製ブロック、指人形、布えほん(布製で立体感のある絵本)などを販売しています。

株式会社マリアスは、平成15年(2003年)3月に神奈川県で玩具の輸入卸業を開始しました。平成21年から東京の青山に移転し、台湾の布製玩具メーカーであるKING DAM INTERNATIONAL社の日本代理店として、布製ブロック、指人形、布えほん(布製で立体感のある絵本)などを販売しています。

同社の製品は、内田洋行や大手文具メーカー、また学習研究社、くもん出版など教育関係の出版社を通じて個人や教育機関へ販売されています。

なお、同社の製品である布製玩具は、子どもの好奇心と五感に働きかけるため、創造性を高める効果があります。その点に気づいた学校や英語教室からは、紙のテキストに代わる教材として、複数の玩具を組み合わせて使いたいとの要望が出てきました。そこで新たな事業として、「創造性を伸ばす布製知育玩具を使った語学学習プログラムの提供」に取り組んでいます。これは、オリジナル仕様の布製知育玩具と音声システム、ガイドブックを組み合わせたもので、家庭や教育機関向けに英語や中国語の学習プログラムを提供するものです。今後は日本だけでなく、アジアや欧米での販売を目指しています。

遊びながら外国語が学べる遊びながら外国語が学べる 「海外へ展開したい」と語る村岡紅穂社長「海外へ展開したい」と語る村岡紅穂社長
企業名 株式会社マリアス
代表者名 村岡 紅穂 従業員数 6名
資本金 1,000万円 売上高 1億2,000万円
住所 東京都港区北青山2-10-22
電話番号 03-6438-0866
主要製品 子どもの創造性を伸ばす布製知育玩具、布製知育玩具を使った語学学習プログラム

制度を利用するきっかけ

同社では平成21年度に、新事業である「創造性を伸ばす布製知育玩具を使った語学学習プログラムの提供」の検討に着手しました。これは、オリジナルの布製知育玩具を使った英語学習プログラムと、中国語学習プログラムを開発するものです。

同社では、日本だけでなく、アジアと欧米での事業展開を目指していますが、経営資源や資金調達の制約の下で実現するためには、綿密な作戦が必要と考えました。そこで、創業当初から支援を受けていた財団法人神奈川県産業振興センターに相談しました。

支援内容

平成21年6月に、財団法人神奈川県産業振興センターの紹介で、中小企業診断士の資格を持つ専門家の派遣を受けました。まず専門家のアドバイスにしたがって、新事業の内容と展開順序を整理するとともに、経営革新計画の認定を受けることを勧められました。

新事業を進めるには、商品企画だけでなく購買、営業など全社で取り組む必要があります。また、製造委託先や社外の協力者との関係も重要です。関係者のやるべきことを経営革新計画として明文化し、関係者全員が認識をひとつにすることが重要です。

そこで、経営革新計画の認定を目指して東京都商工会連合会が実施した「経営革新支援アドバイザーセンター」事業に申し込みました。この事業は、中小企業診断士が派遣され、経営革新計画の作成・申請・認定を支援するものです。この制度の支援を受けて、平成21年12月に東京都から経営革新計画の認定を受けました。

そこで、経営革新計画の認定を目指して東京都商工会連合会が実施した「経営革新支援アドバイザーセンター」事業に申し込みました。この事業は、中小企業診断士が派遣され、経営革新計画の作成・申請・認定を支援するものです。この制度の支援を受けて、平成21年12月に東京都から経営革新計画の認定を受けました。

支援の結果と今後の展開

家庭でママといっしょに学べる幼児向けの英語学習プログラムは、平成22年9月末からテスト販売を開始しています。そして、平成23年春には本格販売をする予定です。日本での販売パートナーだけでなく、中国での販売パートナーも見つかり、中国語版のガイドブックも作成しています。

将来は、中国語の学習プログラムや日本語の学習プログラムを開発し、世界で使われる語学教育プログラムにしていきたいと考えています。

お問い合わせ先
東京都商工会連合会
TEL:042-500-1140

このページの先頭へ