本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2010年]

経営革新で高品質・低コスト・短納期を追求する段ボールシート・ケースメーカー【幸陽紙業】

[その他|千葉県]相談・アドバイスなしなし

企業概要

経営革新が大切と語る塙社長

経営革新が大切と語る塙社長

幸陽紙業株式会社は、昭和26年(1951年)から東京都墨田区で段ボールシートの製造・販売を始め、昭和40年に千葉県松戸市の工場に移転し、段ボールシートからケース製造までの一貫設備を持つに至りました。シートからケースまでを一貫生産できるため、短納期対応が可能な半面、コルゲートマシンなどの大規模な設備が必要で、新型設備の導入や更新には、多額の資金が投入されるため、周到な計画に基づく効果的な投資が求められます。そのため同社は、これまで数度にわたる経営革新計画の立案・申請を行い、千葉県の承認を得て、政府系金融機関による低利融資などの支援措置を活用してきました。

こうして平成10年(1998年)にコルゲートラインにAFシングルフェーサーおよびカッターの新鋭マシンを導入しました。また、平成14年には生産速度加速装置を導入して、パッキングケースの需要拡大に対応してきました。さらに平成17年には、4色フレキソフォルダーグルアーおよびパレタイジングロボットを増設して、段ボールシート・ケース製造ラインの増強を図りました。

段ボールは産業用包装資材としての性格上、製品の寸法、デザインから納品に至るまで、ユーザーの意向を反映せざるを得ず、受注生産がほとんどです。近年は、得意先からの高品質・低コスト・短納期の要求が一段と厳しい中、平成13年にISO9001(品質)、平成16年にはISO14001(環境)の認証を取得しました。

同社は、平成23年で創業60年目を迎えますが、得意先にも社会にも信頼される企業を目指して、経営革新に取り組んでいます。

低利融資で導入した最新鋭の打抜加工機低利融資で導入した最新鋭の打抜加工機 創業60年を迎える当社の外観創業60年を迎える当社の外観
企業名 幸陽紙業株式会社
代表者名 塙 慶三 従業員数 70名
資本金 6,000万円 売上高 27億円
住所 千葉県松戸市松飛台300
電話番号 047-387-2231
主要製品 ダンボールシート・ケース、化粧箱その他包装資材

制度を利用するきっかけ

同社は過去に3回、独自で経営革新計画を千葉県に申請し、最終的には承認を得たものの、いずれも計画を数字や文章で表すことが難しく、大変苦労しました。

今回は、工場の整備・改善の必要性が増す中、4回目の申請を検討していたところ、加入している松戸テクノプラザという異業種交流会で、千葉県中小企業団体中央会が経営革新計画の立案と申請の支援をしてくれることを知りました。そのため、その場にいた中央会の職員に相談し、タイミング良く支援を受けることができました。

支援内容

千葉県中小企業団体中央会では、同社から地域力連携拠点事業(当時、現在は中小企業応援センター事業)の申し込みを受け、以下のような支援を行いました。

(1)中央会職員と応援コーディネータ(中小企業診断士)が同社を訪問し、塙社長の要望を聞き、経営革新計画の立案・申請・承認・計画実施までの段取りを明確にしました。
 (2)初回訪問の結果をふまえ、同コーディネータは、同社の現状と課題、さらには取り組むべき内容と効果、今後の事業展開等について質問や助言を行い、計画内容を具体化して行きました。
 (3)複数回にわたる訪問の間、同社の藤原工場長と山本経理課長が計画書や必要資料の作成を行い、コーディネータがメールを受け取り、その内容をチェックして、承認申請書を完成させました。
 (4)中央会では、申請書作成の進捗状況を千葉県庁に伝え、申請時には、コーディネータが塙社長に同行して県庁に赴き、申請書の受理に至りました。

以上の支援を経て、平成20年7月29日に計画承認となりました。その後も、電話や訪問による計画実行段階でのフォローアップを実施しています。

支援の結果と今後の展開

平成20年7月に、千葉県から経営革新計画の承認を受けることができました。これにより、中小企業金融公庫(現:日本政策金融公庫)の低利融資を利用して、最新鋭の抜き加工機とこれに付帯する設備を導入し、工場内のレイアウトも変更しました。

その結果、品質面においては、ますます進む高品質化、多様化の要求、ケースの大型化などの得意先の要求を満たすことができ、生産面では運転速度が前年度の約2倍になりました。さらにキズ、破れ、割れによるロスも減少し、コストダウンにつながりました。

今後は機械の生産余力を新規拡販で埋めることで、売上高の増加を図っていきたいと考えています。

お問い合わせ先
千葉県中小企業団体中央会 経営支援部
TEL:043-306-3282

このページの先頭へ