本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2010年]

「奈良蚊帳」のぬくもりを伝える店づくり【丸山繊維産業】

[化学・繊維|奈良県]専門家派遣なしなし

企業概要

ならまちに相応しい趣きのある店の外観

ならまちに相応しい趣きのある店の外観

昭和5年(1930年)創業の丸山繊維産業株式会社は、奈良蚊帳のトップメーカーでしたが、住環境の変化により、蚊帳の需要は昭和40年(1965年)頃を境に、急激に減少してきました。そこで同社は、蚊帳の製造技術を活かして、農業用寒冷紗の製造に転換し、今日の農業用被覆資材の先駆的役割を果たしてきました。さらには、粗目織りの包装資材マルラップなど、独自製品を次々と開発してきました。

平成17年(2005年)には、和風工芸染織製品「ふすま地ブックカバー」の開発を行い、創業の地ならまちに和風生活雑貨とインテリア小物を集めた「ならっぷ」をオープンしました。「ならっぷ」は、蚊帳のルーツを大切に、固定観念にとらわれない自由な発想と遊び心で、生活に潤いのある商品を提供しています。

「ならっぷ」のコンセプトは、(1)蚊帳の伝統技術を生かした商品づくり、(2)奈良物へのこだわり、(3)和の生活提案です。

粗目織りの「ふすま地ブックカバー」は、新しい贅沢な読書スタイルを生み出しました。絵柄も豊富で、手触りもよく、ならまちを訪れる若い女性に好評です。

また、蚊帳の端切れを手縫いしてふきんにしていたおばあちゃんのふきんは、雅な色使いの「夢ふきん」として生まれ変わりました。正倉院御物の鳳凰の透かし彫りのイメージをデザインしたパッケージが、奈良にゆかりのあるお土産としても引き立たたせています。

なお店舗は、趣のあるならまちの風情にあった店づくりとなっています。

粗目織りのふすま地ブックカバー粗目織りのふすま地ブックカバー おばあちゃんの蚊帳織り夢ふきんおばあちゃんの蚊帳織り夢ふきん
企業名 丸山繊維産業株式会社
代表者名 代表取締役 丸山 欽也 従業員数 21名
資本金 1,000万円 売上高 5億600万円
住所 奈良県天理市長柄町695番地
電話番号 0743-66-1282
主要製品 産業用繊維資材、農業用寒冷紗、包装資材、奈良蚊帳応用資材、ディスプレー資材、インテリア資材、和風工芸生活雑貨(ふすま地ブックカバー・ポストカード・のれん・ふきん・タペストリー)

制度を利用するきっかけ

同社のならまちアンテナショップ「ならっぷ」は、表通りから50mほど奥まった場所に立地しているため、ならまちへの観光客の目に触れにくく、集客強化が課題でした。マスコミにもたびたび取り上げられてきましたが、反響は一時的なものでした。持続的な活性化策を見出そうと、(社)中小企業診断協会奈良支部が実施する、診断実務従事事業を受診したのをきっかけに、具体的な改善支援を依頼され、(財)奈良県中小企業支援センターの専門家派遣制度の利用につながりました。

支援内容

「ならっぷ」の売上増加策支援のため、派遣された専門家は、つぎの3点についてアドバイスをしました。

(1)コンセプトづくり
 開店した当初は、コンセプトを定め実行しようとされましたが、現在では仕入品も多く、あれこれと商品が陳列されていて、何を扱う店かわからなくなっていました。
 そこで、オープン当初のコンセプトに立ち返り、コンセプトにしたがって、品揃え、レイアウト、広告まで一貫した訴求が必要なことを説明しました。

(2)認知度向上策(メインの通りでないので見過ごされがちになる)
 ターゲットをならまちの観光客に絞り、主要ポイントにフライヤーの配布やマップ掲載を継続して行うこと。さらに、商店街から見える場所に大きな誘導看板の設置を提言しました。
 また、メディアが取り上げる話題づくり(タペストリー教室やラッピング教室など)とプレスリリース手法などのマスコミ活用策についても、成功事例をもとに提案しました。

(3)リピーター化と買上品目向上策
 商品の使い方の提案として、書斎やキッチンにおいてのブックカバーやふきんの使い方を、演出するようにアドバイスしました。
 ターゲットは観光客ですが、ならまちへの観光客はリピーターが多いのが特徴ですから、これらのお客様向けに、季節感を醸成するようシーズンごとの商品陳列方法や作家シリーズものの陳列を提案しました。

支援の結果と今後の展開

同社では、専門化派遣による提言を受けた後、店舗レイアウトの見直しをされ、これまで入り組んでいた商品配置がすっきりとし、客導線も店内を回遊できるよう設計されました。

また、奈良は平成22年に平城遷都1300年祭が開催されており、平城京への観光客がならまちへも流れてきて、賑わっています。

同社のならまちアンテナショップ「ならっぷ」の集客も、前年対比20%増で推移しています。

お問い合わせ先
(公財)奈良県地域産業振興センター
TEL:0742-36-8312

このページの先頭へ