本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2010年]

経営体質強化と、地元とともに繁栄する地元食材活用型の事業成長戦略!【久梨芙】

[食料・食品|愛媛県]相談・アドバイス情報提供その他

企業概要

高地の清流での減農薬有機栽培米

高地の清流での減農薬有機栽培米

有限会社久梨芙は、平成11年(1999年)12月に創業しましたが、当初の6年間は自店舗のみでの販売で、1,900~2,000万円の売上げを上げながらも、赤字決算が続いていました。そのため、売上げ拡大を目指してインターネット販売に着手し、積極的な広告宣伝による新規顧客の開拓とリピート率の向上に注力した結果、売上高の50%をインターネット販売が占めるまでになり、同社の成長を支える事業の柱となってきました。

今後は、地域産業資源に指定されている水稲を活用した米粉チーズケーキの開発でさらなる事業拡大を目指すこととし、将来的にはトマト、茶を活用した商品化で事業としての高付加価値化を狙っていくとしています。

なお、チーズケーキで使用する米は、久万高原町の町内でもより高地に位置する水田で周辺に農薬散布の影響を全く受けない立地条件を活かして、除草剤を1回散布する以外は化学合成農薬・化学肥料を使用しないで栽培する生産者から直接仕入れています。その後、地元の米穀店にて挽いてもらった米粉を活用したチーズケーキは、米粉が生地のベースとなっていることもあり、口に入れた瞬間に香ばしい米粉タルトのサクサクした食感と、フワッと蕩けるチーズのまったりとしたコクが味わえます。

半熟タイプをメイン商品とし、飽きさせない美味しさを追求していきます。商品仕様は1人用の食べ切りサイズとし、他にもベーシック・スフレタイプの商品も開発し、チーズケーキとしての品揃えを充実させ、消費者の多様なニーズに対応させるなど、セット商品・贈答品としての販売展開も目指していく内容としました。

米粉を使ったまったり感のあるチーズケーキ米粉を使ったまったり感のあるチーズケーキ 新商品開発に熱心な取締役の田村氏新商品開発に熱心な取締役の田村氏
企業名 有限会社久梨芙
代表者名 代表取締役 田村 信介 従業員数 5名
資本金 300万円 売上高 3,443万円
住所 愛媛県上浮穴郡久万高原町久万261-2
電話番号 0892-50-0225
主要製品 洋スイーツ全般(生菓子、焼き菓子、プリン、ゼリー)、ギフト商品

制度を利用するきっかけ

久万高原町商工会の平成19年度事業として、(独)中小企業基盤整備機構の「地域資源活用企業化コーディネート活動等支援事業」が実施され、その研究会メンバーとして同社も参加しました。

そこで、久万高原町のさまざまな地域資源を使った商品化について研修をする中で、同社なりの新商品開発ができるのではないかとの思いが強くなり、久万高原町の食材を活用した地域産業資源活用事業での商品化を目指すことになり、愛媛県商工会連合会の支援を受けることになりました。

支援内容

まずは、既存事業での収益性の改善のため、ABC分析により重点商品を絞り込み、原価・粗利益分析から固定費率に見合った適正値入率の設定方法についてexcelシートを使いアドバイスしました。それと同時にむだな経費を削減し、固定費を縮減することを理解してもらいました。

つぎに、久万高原町の食材を活用した新商品開発のための施策として「地域産業資源活用事業計画」を紹介し、その認定に向けた関係機関の協力による支援を実施しました。同社はこれまで「プティ・クリフ」のブランド名で洋スイーツを販売していましたが、地元食材の活用と地元の高齢者の雇用確保につながる地域とともに発展する事業展開として、久万高原町にこだわった"洋+和"のスイーツを別ブランドで商品化したいと考えるようになりました。

しかし、2つのブランドでの商品化や価格設定、販路開拓等のマーケティング戦略について相談対応をする中で、新規事業として地域産業資源活用事業計画の認定を受け、さまざまな支援を活用することを提案しました。同社としても事業戦略が明確化され、マーケティング支援が受けられる同事業計画の承認を目指したいということになりました。そこで早速、愛媛県商工会連合会、久万高原町商工会、(独)中小機構四国との連携で同申請書づくりの支援体制を構築し、取組み内容を具体化していきました。

支援の結果と今後の展開

支援の結果、原価・利益分析に基づく収益管理を行えるようになったことと、地域産業資源活用事業の認定を契機に、久万高原町の生産者との交流機会が増え、地元食材を使った新商品づくりが進み、商品アイテムの拡充につながっています。

また現在では、今回の「米粉スイーツ事業」から発展して、久万高原町の特徴ある食材を掘り起し、地域活性化に結び付くイベントと、加工品販売を組み合わせた事業展開としての観光施設運営の実施段階まできています。

お問い合わせ先
愛媛県商工会連合会
TEL:089-924-1103

このページの先頭へ