本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2010年]

リン酸化チタニアを利用した抗菌砂(ドミノサンド)の事業化【三洋環境社プランナー】

[サービス|宮崎県]事業可能性評価相談・アドバイスなし

企業概要

ドレミファサンドの試作品

ドレミファサンドの試作品

株式会社三洋環境社プランナーの既存事業は、衛生消毒業務を中心としたビルメンテナンス業務です。この業界も他業種と同様、価格競争、異業種からの参入などによる低価格競争が進み、今後のビジネス展開に危機感を抱いている状況です。さらにコストの上昇、国の施策変更(社会保険制度)、契約価格の下落によって経営バランスを保ちにくい状況にもなっています。しかし、安全・安心を求める世の中の意識の高揚もあって、同社の持つ衛生管理という専門性のある分野においては、社会の衛生ニーズが高まってきており、業務も拡大していくものと期待されます。同社では、この衛生管理分野業務をレベルアップし、社会ニーズに対応していくこと、さらにこの分野を活かした異業種への参入を図り、現状の労働集約型業務から一部製造業分野(新製品の開発・製造・販売)に移管することが現状を打開することであると考えています。

このたびの新規事業では、保育園、幼稚園および公園などの砂場向けの「安全・安心」な砂場の提供となっています。一般的な砂場は、犬、猫および野鳥などの侵入を容易としているため、大腸菌やサルモネラ菌などの病原性菌で汚染されていることが多いため、それを減らす抗菌砂「ドレミファサンド」の開発を行いました。この抗菌砂の特徴は、活性酸素で細菌を分解するリン酸チタニアを、抗菌砂商品で初めて使用しました。地中でも高い効果が得られ、砂場を子供たちに思いきり遊んでもらえる場所として提供することが、目標となっています。

代表取締役 檜垣 徳仁氏代表取締役 檜垣 徳仁氏 展示会での同社ブース(中小企業総合展2009 in Tokyoより)展示会での同社ブース(中小企業総合展2009 in Tokyoより)
企業名 株式会社三洋環境社プランナー
代表者名 代表取締役 檜垣徳仁 従業員数 25名
資本金 1,000万円 売上高 2億円
住所 宮崎県宮崎市池内町榎迫503-2
電話番号 0985-29-7363
主要製品 衛生害虫駆除防除、殺菌消臭および消毒環境衛生業

制度を利用するきっかけ

平成20年6月ごろ、同社の檜垣徳仁社長から、抗菌性が認められるリン酸化チタニア(鉱物)をナノレベルに砕いて川砂に凝着させた抗菌砂の商品化と、その研究開発と川砂の安定供給先を探して欲しいとの依頼を受けました。さっそく、(財)宮崎県産業支援財団の総合相談事業を紹介しましたところ、専門家派遣事業の利用を勧められました。まもなく、新連携事業の申請に詳しい専門家が派遣され、事業計画作成が開始されました。

支援内容

今回の新事業推進に関して、同種の事業がすでに事業化されている可能性もあるため、先行事例調査および市場調査の支援を行いました。つまり、抗菌作用のある砂は、これまでもありましたが、重金属が使われていて安全面で不安がありました。

また、砂を焼く方法も、他から混入してくる砂があると粒の大きさがいびつとなって期待する効果が出ないため、ふるいにかけて粒を揃えた川砂に、ナノレベルに潰したリン酸化チタニア(鉱物)を凝着させて、抗菌砂をつくる方法を開発しました。

つぎに、事業化に向けて連携を組む必要があるため、協力企業の斡旋と選定の支援に協力しました。その結果、川砂の供給と製造に株式会社山鹿セメント工業、リン酸化チタニアの抗菌剤の特許を持つ株式会社YOOコーポレーションから原材料の安定供給を受けるなど、体制を整えることができました。

そして、平成20年度の新連携認定取得を目指した計画策定に取り組み、安全で低価格の抗菌砂「ドミノサンド(商品名:ドレミファサンド)」の試作品ができました。ユーザーターゲットは、保育園、幼稚園から高等学校までの全国の教育機関および公園などに設置されている砂場で、教育機関関係では約7万7,000カ所、公園などでは約6万8,000カ所あります。したがって、市場規模は十分見込めることもわかりました。

以上のような事前準備・調査を行いながら事業計画作成支援を行い、新連携事業申請書の作成支援と申請を行ったところ、平成20年9月に申請書類を提出し、平成21年2月に承認を受けました。

支援の結果と今後の展開

平成21年2月に新連携事業の認定を受けました。その後、試行錯誤の結果、試作品を完成させ、平成21年11月に東京ビッグサイトで開催された「中小企業総合展2009 in Tokyo」において、抗菌砂「ドレミファサンド」試作品配布とアンケート調査を行ったところ、多くの方々から支持を得ることができました。それに加え、生産を担当する山鹿セメント工業の技術確立、生産体制も整いつつあります。

現在は、抗菌砂のモニター先として保育園を中心に募集しています。

お問い合わせ先
(財)宮崎県産業支援財団
TEL:0985-55-1836

このページの先頭へ