本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2010年]

創業の秘訣は夫婦の二人三脚とトップセールス【本山工業】

[機械|愛媛県]相談・アドバイスなしなし

企業概要

夫唱婦随が活性化のもと

夫唱婦随が活性化のもと

株式会社本山工業は、事業承継以前は愛媛県および愛媛県南部(以下南予地方という)の有力企業である井関農機、セイレイ、宇和島シロキなど向けに、プレス金型の加工を中心に事業を行い、さらに地域需要に応じて金属機械部品の製造を加えて活動していました。そのようなときに、事業継承の話がおき、工場長として誠実に事業をこなしていた実績を評価されて、現在の代表者である本山順一氏が後継者に指名され、事業承継に至ったものです。これにより、プレス金型向けの機械設備と、図面発注(オーダーメイド)の各種金属機械部品加工に対応する機械設備を持った工場として、同社は出発しました。

創業時は順調に成長していた市場も、最近は急速に変化し、もともと産業基盤が弱い南予地方では、この景気変動に抗しきれず、地域から有力企業が撤退し、市場は急速に縮小していきました。

このような環境にあっても、トップセールスによる市場が要求するモノを製作することを信念に活動し、即断即決、短納期の発注が中心の最近の市場にあって、技術・技能の基盤の上に、決断力・営業力を持つ経営者を支持する企業も多い状況です。

そこで、1社では長期に及ぶ経済不況に抗しきれないと判断して、現在では多様な技術と顧客を持ち寄り、企業4社で共同受注組織をつくり、今回の苦境の乗り切りを図っています。

ワイヤーカット放電加工機ワイヤーカット放電加工機 整然とした工場内部整然とした工場内部
企業名 株式会社 本山工業
代表者名 本山順一 従業員数 4名
資本金 300万円 売上高 4,400万円
住所 愛媛県宇和島市坂下津甲407-123
電話番号 0895-20-1867
主要製品 各種金属材料の切削加工による金属部品・精密部品・冶具製作

制度を利用するきっかけ

前経営者が高齢のために、"工場を譲渡したい、このままで工場を買ってくれないか"と当時工場長であった本山社長に声をかけたことに始まります。何をどのように考えればよいか、適切な買い物かどうか、買う場合の資金をどのように調達すればよいか等々を相談するため、本山社長が地元の宇和島商工会議所を訪問したところ、大洲商工会議所に設置された中小企業支援センターを紹介されたことがきっかけです。

支援内容

大洲商工会議所に設置された中小企業支援センターでは、以下のことを支援しました。

(1)事業承継が適切かどうかの判断基準の提示
 事業承継前、本山社長と妻はそれぞれ工場長と経理担当者として、買い取りした会社に勤務していました。経理面では、一切を任されていた妻が資産・負債の状況を詳しく把握しており、決算内容は適正であることを証明していました。この決算書3期分を詳細に分析することで、経営実態および資産価値などの把握ができ、事業は正常に運営できると判断しました。当時、工場長として勤務する本山社長は、営業活動も一手に行っており、夫婦が一体になれば、事業後継者として適正であると判断しました。

(2)現在の事業をベースとした事業計画の策定・提示および事業実現性の確認
 本山社長の妻が提示する決算書をベースに、5年間の計画損益計算書(買い取り予定額を計算に入れた)を策定して、社長に提示し、この計画の実現性について問いただしたところ、"自分が活動していた感触から、売上高も確実に達成できる範囲にある"との発言で、事業計画の実現性が確認できました。

(3)事業承継後の経営者の行動
 技術・技能面の能力は優れていましたが、セールス能力に欠ける経営者の場合、事業に失敗する事例が多いことから、積極的な営業活動を行う必要性を説き、本山社長も納得しました。

  • 「相談事業」(大洲商工会議所 中小企業支援センター)

事業譲り受けに関する資金調達は、事業計画(5カ年の計画損益計算書)を提示し、国民生活金融公庫(現・日本政策金融公庫)に説明することで融資を受けることができたために、残る問題は何もありませんでした。利用施策は、支援センターの相談事業を利用する以外は何もありませんでした。

支援の結果と今後の展開

事業の譲り受けはスムーズに実現し、平成17年1月1日付で個人事業所を設立することができました。以後も継続して目標管理を中心に、従業員では経験し得ないような諸問題などについても、支援を受けながら事業を行った結果、平成19年12月10日に、株式会社本山工業の設立にこぎつけることができました。創業以来の売上高は、平成17年3,300万円、平成18年3,700万円、平成19年3,600万円、平成20年には4,400万円と、順調に推移しています。

お問い合わせ先
大洲商工会議所
TEL:0893-24-4111

このページの先頭へ