本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2010年]

光触媒塗装技術取得によって医療施設の院内感染予防システム構築に取り組む【ジャパンライフサービス】

[建設・土木・不動産|東京都]資金援助・債務保証なしなし

企業概要

内装工事業を営む株式会社ジャパンライフサービスは、医療・福祉施設で院内感染が深刻な問題となっていることを受け、光触媒塗料の滅菌・抗菌作用を活用した施設内感染防止対策施工への進出を検討していました。そのようなとき、以前より経営指導を受けていた中小企業診断士から、建設業振興基金が実施している「平成20年度建設業の新分野進出・経営革新/建設技能者確保・育成モデル構築支援事業」を紹介され、同社が取り組んでいる新分野進出が当事業の要件に該当するのではないかと応募したところ、201件の応募の中から98件のモデル事業の1つとして選定されました。

モデル事業に選定されてから、同社は、どの光触媒塗料が最も費用対効果が高いかを調査・研究することから始めました。数多くの文献に当たるとともに、実際に購入して塗布し、塗布前と塗布後の細菌を採取して、種類や数を記録することで、どのメーカーの光触媒塗料が滅菌・防菌作用が強いのかを検証しました。

つぎに、医療機関や幼稚園・保育園、介護施設などの施設内感染防止に対するニーズが高い施設に営業を行い、テスト施工の受け入れ先を探しました。こうしてテスト施工を繰り返し行うことで、同社は、短時間かつ滅菌・防菌効果の高い光触媒塗布技術を取得していきました。

施設内感染防止施工の経験を積むにつれて、作業工程、経費などが把握できるようになりました。このデータから施工原価を計算し、その数値に基づき施工単価を算出しました。また、施設内感染防止施工の特徴や効果、施工単価を表示したチラシなどの営業ツールを作成して、営業活動を開始しました。

サンプルを採取し滅菌効果を確認するサンプルを採取し滅菌効果を確認する 医療機関に光触媒の塗布を行う医療機関に光触媒の塗布を行う
企業名 株式会社 ジャパンライフサービス
代表者名 代表取締役 中牟田義威 従業員数 5名
資本金 1,000万円 売上高
住所 東京都千代田区神田神保町2-8-7
電話番号 03-3262-7256
主要製品 内装工事業、抗菌マットの販売

制度を利用するきっかけ

市場全体において工事件数が減少する中、大手建設会社も小型物件の内装工事に進出するようになってきたことにより、受注競争が激化して、それにともない同社の受注単価も年々下落していました。

このような状況の下、中牟田義威社長は従来の内装業だけでは競争に勝ち抜けないと痛感し、まだライバル企業が手がけていない技術を同社に取り込むことで差別化を図り、高付加価値内装業へ転換する方法を常に模索していました。そのようなときにタイミングよく、中小企業診断士より「平成20年度建設業の新分野進出・経営革新/建設技能者確保・育成モデル構築支援事業」を紹介してもらいました。

支援内容

「平成20年度建設業の新分野進出・経営革新/建設技能者確保・育成モデル構築支援事業」は、新規事業や経営革新に取り組む中小・中堅建設業者が行う新分野・事業への進出事業のうち、地域の建設業による経営革新のモデルケースとなるものを選定し、その取組みの内容や事業推進の過程、成果を報告書および事例発表会によって報告することを委託する事業です。

同社も、医療施設の院内感染予防システム構築に取り組むに至った背景や事業の内容、実施体制・スキームなどを報告するとともに、本モデル事業の成果と課題、今後の展望について報告しました。さらには、同社の取組みを参考にしたいと願う中小建設業者のために、公的支援制度の活用や行政機関への要望、経営革新の取組みを検討・実践しようとしている建設業者に対するアドバイスなども、まとめました。

モデル事業に応募するにあたり、申請様式に基づき事前に事業推進の実施体制、経営目標やスケジュールを明文化したことで、事業推進の途中で、現在はどの段階にあるのか、何が支障となって進捗を遅らせているのかを把握できるようになったことは、事前の計画策定の重要性を同社は改めて学ぶこととなりました。

また、報告の対価として委託費が支払われましたが、その委託費と自己資金を合わせた資金によって、中小企業診断士への経営指導に対する謝金、光触媒の性能調査の委託費、テスト施工のための経費を賄うことができました。

支援の結果と今後の展開

同社では、以前より抗菌防臭繊維を使った足ふき用抗菌マットを開発・販売していました。本事業によって光触媒塗料を活用した施設内感染防止施工のノウハウと営業ツールを手にしたことで、現在は「滅菌・抗菌」というキーワードを中心とした付加価値内装業として営業を展開しています。

また、光触媒には滅菌・抗菌効果以外にも、防汚効果(セルフクリーニング効果)、防臭効果、空気清浄効果もあるといわれており、これらの効果を活用した施工サービスの提供と営業展開ができないかを、現在模索しています。

お問い合わせ先
財団法人 建設業振興基金
TEL:03-5473-4572

このページの先頭へ