本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2010年]

エリアドミナント戦略で多店舗戦略、琉球料理店グループでIPOを目指す【ワールド・ワン】

[サービス|兵庫県]専門家派遣なしなし

企業概要

河野圭一社長

河野圭一社長

株式会社ワールド・ワンは、兵庫県の三宮界隈で沖縄料理店や郷土料理店を9店舗経営しています。

同社は、平成8年(1996年)に設立し、資本金4,500万円、売上約7億円、従業員は社員44名、パート約220名で、IPO(新規株式公開)を目指す企業です。同社の経営の優位性としては、(1)食材の特色、(2)顧客満足度の高さ、(3)オペレーションノウハウの独自性、(4)経営理念重視の経営などが挙げられます。

(1)食材の特色として、食の安心・安全のこだわりから米、野菜、牛肉について生産から流通における情報を提供することに努め、 産地直送の郷土野菜やとれたての新鮮な地魚、飼育方法から携わった地鶏など、自然素材の安定的な調達のための取組みの1つとして沖縄食材商社をグループ化しています。

(2)顧客満足度の高さは、顧客へのホスピタリティーの高さが優れていて、その根底にあるのが顧客の声を聞くことにあります。アンケート回収率は70%以上を確保し、アンケート回収の手法にも決め細やかなノウハウがあります。

(3)ホールスタッフやキッチンスタッフからの報告をもとに、オペレーションシステムに基づいた具体的な改善活動の独自ノウハウがあり、現場力を高める仕組みをつくっています。

(4)企業理念を重視する経営では、中長期計画の詳細を冊子にして各従業員に配布することで、企業理念を従業員スタッフのすべてが熟知し、行動や判断の基準は経営理念に基づくなど浸透しています。

また、兵庫県の成長期待企業の承認や兵庫県経営革新計画の承認など、地域に根ざし期待されているベンチャー企業です。

コース琉球料理コース琉球料理 琉球料理 金魚すさび 神戸三宮店の店内琉球料理 金魚すさび 神戸三宮店の店内
企業名 株式会社ワールド・ワン
代表者名 河野圭一 従業員数 社員44名、パート約220名
資本金 4,500万円 売上高 7億円
住所 兵庫県神戸市中央区中山手通2-3-18 メープル中山手202
電話番号 078-333-8883
主要製品 琉球料理店・沖縄料理店・炭焼き旬鮮郷土料理店・店舗企画開発

制度を利用するきっかけ

(独)中小機構近畿のベンチャー支援である、「近畿一番星ベンチャークラブ」への入会がきっかけでした。それには、兵庫県の支援センターからの紹介がありました。

なお、専門家派遣に際しては、プロジェクトマネージャーによる事業に関するヒアリングと支援メニューの紹介がありました。最終的に専門家派遣を受ける決め手となったのは、河野圭一社長が経営に取り入れたいと考えて読んだバランススコアーカードに関する書籍の著者が、中小機構近畿の専門家として登録しており、プロジェクトマネージャーがコーディネートしたことによります。

支援内容

中小機構近畿のベンチャー支援である「近畿一番星ベンチャークラブ」は、近畿地域の株式公開を志向し、他のモデルとなるようなキラリと光る特色をもつベンチャー企業が対象で、アーリー段階の企業に限定せず、株式公開直前の段階まで幅広く支援するメニューです。当初、河野社長はここで情報提供や専門家への相談などを受けました。

その上、河野社長は経営のレベルアップを指向していたので、プロジェクトマネージャーのコーディネートにより専門家派遣制度を活用しました。

専門家派遣制度では、河野社長の希望する専門家である中小企業診断士を月2回程度派遣しました。当初の専門家派遣支援計画によると、6カ月で各9店舗の店長や幹部をプロジェクトメンバーとして現状分析を実施し、企業目標やビジョンとの整合性など具体的な分析を実施しました。リーマンショックなどの世界的不況による影響から、環境の急変時期ではありましたが、環境変化に適切に対応するアドバイスも受け、管理レベルの向上や店長、幹部の育成に役立ちました。専門家は、最大2年間派遣できることから、今後は全社ビジョンの再構築やIPOに向けての成長戦略の構築をテーマに、専門家派遣制度を引き続き活用していきます。

また同社は、中小機構近畿と兵庫県内の支援機関との連携によるさまざまな支援を受けるとともに、兵庫県の成長期待企業に認定されています。さらに兵庫県の経営革新計画の承認も受けています。

支援の結果と今後の展開

専門家派遣支援は現在も進行中ではありますが、企業の幹部や店長クラスの人材育成に役立ち、IPOを視野に入れた成長戦略である経営戦略の構築が期待されています。兵庫県センターや中小企業基盤整備機構の連携支援を受け、役割と機能がうまくコーディネートされることにより、効率的支援効果が期待されています。

お問い合わせ先
(独)中小機構近畿
TEL:06-6910-3866

このページの先頭へ