本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2010年]

農商工連携事業計画認定により新潟県産桐と杉を使用した額縁の開発と販売を加速【アートナカムラ】

[その他|新潟県]専門家派遣その他なし

企業概要

「反響の大きさに驚いた」と言う中村社長

「反響の大きさに驚いた」と言う中村社長

株式会社アートナカムラは、新潟県長岡市に本社・工場を置き、昭和51年(1976年)以来、主に輸入品の額縁・絵画などを全国の小売店に卸販売を行ってきました。近年の市場環境は、中国などの海外製品による価格帯の低下や品質の粗悪化などが見られ、額縁本来の品質・高級感・技術などが失われつつあります。これらの環境下で、同社の売上額も低下傾向が続いていたため、より付加価値の高い新製品の開発が課題となっていました。そのため、平成20年、同社は高付加価値の商品として「やすらぎの桐」と「くつろぎの杉」の2種類の額縁の開発に取り組みました。

同社の中村一政社長は、高品質かつ利益率の高い商品を開発するに際し、未利用資源である新潟県内の間伐材に着目し、桐の枝部分を利用した額縁と、杉の額縁の2種類の商品開発に着手しました。商品開発に際しては、材料に適した木材の調達が最大の課題となりました。幸いにも、津南町森林組合や新潟県木材組合連合会の協力が得られることになり、開発は一歩前進しました。また、社会福祉法人中越福祉会と連携し、軽度の知的障害者の就労移行訓練の一環として、監督者のもとで額縁の組立作業の一部を行ってもらっています。

平成21年時点では50種類程度の商品を開発し、東急ハンズほかで試行販売中です。自然の木肌を活かし、柿渋塗装を行うなど、いままでになかった商品であることから非常に高い評価を受けています。今後、さらに販売を拡大していくために、良質な材料の安定的な供給確保や生産工程の自動化などの課題を解決するとともに、イーゼル、キャビネットなどの関連商品開発を計画しています。

桐の枝部分を活かした額縁「やすらぎの桐」桐の枝部分を活かした額縁「やすらぎの桐」 2009年ギフトショーでエコプロダクツに認定2009年ギフトショーでエコプロダクツに認定
企業名 株式会社 アートナカムラ
代表者名 代表取締役 中村一政 従業員数 16名
資本金 3,500万円 売上高 約2億5,000万円
住所 新潟県長岡市北陽2-14-24
電話番号 0258-24-8802
主要製品 額縁および関連商品

制度を利用するきっかけ

平成20年12月、中村社長は開発中の新しい額縁の販売について、日頃付き合いの多い長岡商工会議所に相談してみることを思いつきました。間伐材の利用は森林保護にもなることから、中越地震で荒廃した森林復興のお手伝いができると考えたためです。長岡商工会議所から、地域力連携拠点の支援メニューである農商工連携による新商品開発支援を受けることを勧められたのが、支援制度について知るきっかけになりました。

支援内容

アートナカムラの新しい額縁開発には、額縁に適した木材の確保が必須条件です。材料の木材は、住宅向けとは異なる加工や乾燥度合いが求められ、木材供給者との密接な連携体制の構築が必要となります。地域力連携拠点である長岡商工会議所は、農商工等連携事業計画支援事業に認定されることにより、津南町森林組合との連携も進めやすくなると考えました。

しかし、農商工連携の事業計画申請に際しては、事業計画のまとめや申請書類の作成に際し、同社に多大な負担がかかることが予想されました。そこで、地域力連携拠点の専門家派遣事業を活用し、適切なアドバイスを行うことにより、短期間に必要書類を作成することができました。また、関東地域活性化支援事務局のプロジェクトマネージャーからも、事業計画内容や価格設定などの販売拡大に関する適切な助言を得ることができました。その結果、同社は平成20年度の農商工等連携事業計画の認定を得ることになりました。

その後、認定企業として事業化支援事業の補助金を申請し、試作、展示会出展や登録商標出願などの経費の3分の2まで補助を得ることになりました。これらの補助金を有効に活用することにより、新商品の開発と販売をさらに加速させることが可能となり、同社の経営革新への貢献が期待されます。

支援の結果と今後の展開

農商工連携の認定を受けることにより、商品のコンセプトを多くの人に知ってもらうことができ、生産が間に合わないほどのサンプル注文がありました。その結果、不況の中ですが、平成20年6月期の額縁部門の売上維持に貢献しました。

また、いままで出展の機会がなかった展示会での商品紹介によって、より多くの人に商品を見ていただくことができました。平成20年9月のギフトショーでは、認定エコプロダクツとして指定されるとともに、30社以上からサンプル注文があり、今後の売上拡大への貢献が期待されています。

お問い合わせ先
中越地域:地域力連携拠点(長岡商工会議所)
TEL:0258-32-4500

このページの先頭へ