本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2009年]

経営力向上でニッチ業界におけるシェアアップを図る【ジェイショップス・ドットコム】

[化学・繊維|東京都]専門家派遣なしなし

企業概要

防刃ベストイメージ写真

防刃ベストイメージ写真

有限会社ジェイショップス・ドットコムは、平成13年(2001年)に現在の伊豆浦進社長が長年勤務していた商社を退職して設立した会社です。商社勤務時代から、特殊繊維を扱っており、その関係で今後日本でも需要が拡大すると思われる防弾チョッキ、防御服、防刃繊維製品の開発・販売を行うことにしました。防弾チョッキについては、日本では銃規制があるため、実際に使われているのは警察や自衛隊、海上保安庁であり、一般に所持している人はほとんどいません。

一方、防刃用の服や繊維製品は、平成20年に起きた秋葉原無差別殺傷事件にみられるように、一般的に市民にとって無関心ではいられない状況となっています。従来の防弾チョッキ、防御服はアラミド繊維(ケプラー)を使用したものが主流でしたが、現在は同社が扱っている特殊繊維「スペクトラ」が主流になりつつあります。今後、日本でも安全、「とくに自分の身は自分で守る」という考えが広がると予想されます。

今後の方針としては、新素材による新製品開発、受注開拓のためのチャネル戦略を構築し、ニッチ業界である「安全産業」におけるシェアアップを図ることにしました。そのために、当面経営力向上による経営基盤強化を図る必要があり、「経営力向上TOKYOプロジェクト」の支援を受けることにしました。

企業名 有限会社ジェイショップス・ドットコム
代表者名 伊豆浦進 従業員数 1名
資本金 300万円 売上高 5,000万円
住所 東京都世田谷区玉川3-21-8-301
電話番号 03-6809-5071(FAX)
主要製品 防御服、防刃繊維製品

制度を利用するきっかけ

同社がインターネットを通して、中小企業の経営力向上を目指し支援する事業である「経営力向上TOKYOプロジェクト」を知り、支援を申し込んだのがきっかけです。

支援内容

「経営力向上TOKYOプロジェクト」は、経営力向上のための7つの分野(1.戦略分野、 2.経営者・組織・人材分野、3.マーケティング分野、4.IT・業務管理分野、5.財務・会計管理分野、6.知財・知識マネジメント分野、7.環境・危機・社会分野)に関して101問のチェックシートを使用して、経営者に各項目についてチェックをしてもらい、経営力の総合的診断を行うものです。この診断により、弱点の補強、優れた点を伸ばす方法について支援するものです。

同社の伊豆浦社長は47歳と若く、今後の活躍が期待されます。特に特殊繊維の輸入に関する優位性を持っており、新製品開発、得意先の開拓により大きく飛躍する可能性があります。同社はいわゆるファブレス型企業で、自社で商品の企画・開発を行い、原材料支給で生産を外注しています。

チェックシートによる総合的診断の結果から、経営管理、人材、財務会計は問題なく、今後売上を伸ばすための新製品開発と受注拡大のためのチャネル戦略について支援しました。具体的には、同社は現在官公庁関係の商社を中心に製品を販売しているため、今後は一般消費者に対する販売増の計画達成に向けてつぎのアドバイスを行いました。

1.新規得意先開拓およびブランド力アップのための展示会、見本市などへの積極的参加
  2.効果的な広告宣伝の実施。ホームページの拡充とヒット数増加の対策
  3.ITシステムの有効活用による商品、得意先、外注先管理の強化

支援の結果と今後の展開

チェックシートに基づく結果から、伊豆浦社長が従来意識していたものとは違う同社の客観的強み、弱みが明確になり、同社が早急に行うべきこと、今後の方針、戦略策定などが明確になりました。当面、BtoB、BtoCを視野に入れたホームページの充実を図ることにしました。「安全」に関しては一般市民の関心が高いところから、同社の知名度「コーポレイトブランド」を向上させるための見本市、展示会への積極的な出展を図ることにしました。

お問い合わせ先
東京商工会議所内「経営力向上TOKYOプロジェクト事務局」
TEL:03-3283-7758

このページの先頭へ