本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2009年]

パチンコ台取付け装置「大工マン」の販売を通じ、業界に貢献したいという夢を実現【ジン・コーポレーション】

[小売・卸|東京都]資金援助・債務保証研修・セミナーなし

企業概要

大工マン

大工マン(クリックすると大きな画像が表示されます。)

長年パチンコ店の経営に携わってきた中里泰仁代表は、パチンコ業界の厳しい現状を目の当たりにし、どうにか業界の発展に寄与できないかとの思いをかねてから抱いていました。そんな折、中里代表の友人がパチンコ台の取付け装置「大工マン」を開発したとの連絡を受けました。

パチンコ台の取付けには時間がかかり、またある程度熟練したスキルが必要になります。多くのホールでは、外注業者に取付けを任せているのが実情です。また、台の入れ替えが終わった後の作業のために、多くのスタッフを待機させておかなければならず、外注委託費と従業員の人件費がホールの経営に大きくのしかかっています。また、昨今は顧客をつなぎ止めるため、頻繁にパチンコ台の入れ替えを行わざるを得ない状況にあり、ますますパチンコ台の入れ替えコストは無視できなくなっています。

そこで、大工マンを導入することで誰もが簡単に作業できるようになるため、パチンコ台の入れ替え作業の内製化が可能になり、従来に比べてスピーディーな取付けが可能になるので、パチンコ台の入れ替えにかかる時間の短縮につながります。つまり、この装置を導入することにより、外注委託費の削減と従業員の残業代の削減が見込めます。

このような製品を世の中に広め、ホール経営の手助けができればという思いが強くなり、中里代表は大工マンの販社として独立することを決意しました。

しかし、パチンコ業界の人脈やノウハウを活用できる一方で、会社を経営していくために必要な知識やノウハウが不足していることに気がつきました。

企業名 ジン・コーポレーション
代表者名 中里泰仁 従業員数 1名
資本金 売上高
住所 東京都北区田端1-4-11
電話番号 03-3823-8170
主要製品 パチンコ台取付け装置「大工マン」の販売

制度を利用するきっかけ

そんな折に、東京都北区の広報誌で創業塾を開催していることを知りました。
 経営に対する知識やノウハウの習得と、同じように起業しようとしている仲間との人脈を形成できるのではないかという期待を持ち、「がちんこ起業塾」に参加することにしました。

支援内容

「がちんこ起業塾」では初級レベルとして、起業の心構えやマーケティングに関する知識、事業コンセプトを明確化することを中心に学びました。多くのワークやグループ討議を通じて、漠然としていた自分のビジネスのイメージを鮮明にすることができました。

さらに上級レベルである「夢起業塾」にも参加しました。こちらでは、お金や収支に関するところまで深く掘り下げ、実際にビジネスプランを作成するところまで指導を受けました。

中里代表は「ビジネスプランに落とし込んでいく過程で、自分が気づいていなかった穴になっていた部分がはっきりし、起業前に準備することができました」と話しています。受講生同士の交流も深まり、人脈を形成することができたのも大きなメリットになりました。

その後、北区の「起業家支援融資あっせん制度」を活用し、融資を受けようと金融機関の窓口に夢起業塾で作成したビジネスプランを持っていったところ、とても高い評価を受け、スムーズな融資に繋がったとのことです。

  • 「創業塾」(東京都北区)
  • 「起業家支援融資あっせん制度」(東京都北区)

支援の結果と今後の展開

現在は事業を軌道にのせるため、営業先の開拓に注力しています。創業塾で学んだことが、事業を進める上で役に立っているとのことです。

今後は「大工マン」の販売だけにとどまらず、ホールの抱えるさまざまな問題を解決するコンサルティングの分野にも進出し、全力で取り組んでいきたいと考えています。

また、数人の従業員を雇って、ビジネスを展開する規模を目指していきたいとのことです。その際には、北区の窓口相談などを上手に活用することを考えています。

お問い合わせ先
東京都北区地域振興部産業振興課経営支援係
TEL:03-5390-1237

このページの先頭へ