本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2009年]

小学生の放課後をフルサポートする、送迎付き長時間預かり型学習塾【フューチャーシーズ】

[サービス|埼玉県]専門家派遣相談・アドバイスイベント

企業概要

株式会社フューチャーシーズは、埼玉県さいたま市で小学生の放課後をフルサポートする学習塾「キッザス」を運営しています。主なサービス内容は以下のとおりです。

(1)送迎サービス
 学校からキッザスまで、また、キッザスから自宅まで、さらには提携する習いごとの教室までスタッフが送迎し、保護者の携帯電話へ安心の到着メールを送信します。

(2)保育サービス
 手洗い、うがい、マナー、コミュニケーションなどのしつけ、おやつや食事などの提供を行います。

(3)学習塾サービス
 学習塾としての指導のほか、英会話、宿題指導、読書指導などを行います。

共働き家庭が増え、託児施設への需要が高まる中、さいたま市内では小学生について、これまで補助金を受けた放課後学童クラブ以外には預け先がありませんでした。しかも、放課後学童クラブは常に満員で、新たな児童の受入れが難しい状態にありました。

そこで同社では、ニーズの強い学習塾、学童保育、送迎を融合させたサービスを提供して、ワーキングマザーの徹底支援と、子どもの基礎学力の強化および健全育成を同時に図ろうとしています。

プロのナレーターによる読み聞かせプロのナレーターによる読み聞かせ おやつタイムおやつタイム
企業名 株式会社フューチャーシーズ
代表者名 則田貴士 従業員数 3名
資本金 300万円 売上高 -
住所 埼玉県さいたま市中央区下落合6-18-7
電話番号 048-832-7771
主要製品 小学生の放課後フルサポート施設の運営

制度を利用するきっかけ

則田貴士代表取締役は、大手進学塾で15年にわたり中学・高校受験を指導し、都内トップレベルの中学・高校への合格実績をもっていました。以前から「学習塾」「保育」「送迎」が一体となったサービスが必要であると考え、創業準備を進めていた則田代表取締役は、(財)さいたま市産業創造財団が主催するビジネスプランコンテスト「さいたま市ニュービジネス大賞」に自らのビジネスプランを応募しました。

支援内容

さいたま市ニュービジネス大賞の1次審査を通過した則田代表取締役は、特典として専門家の派遣により、開業に向けた詳細なビジネスプランをつくり上げることができました。則田代表取締役のプランは最終審査で高く評価され、「プレ創業賞」を受賞しました。

また、受賞と前後して則田代表取締役は2008年10月に株式会社フューチャーシーズを設立し、2009年2月からはキッザスを開業しました。起業についての総合的なノウハウは、さいたま市産業創造財団主催の「実践!起業成功セミナー」で学び、開業前後の資金調達や諸手続きなどについては、窓口での「経営・創業相談」できめ細かいアドバイスを受けました。

支援の結果と今後の展開

支援の成果として大きかったのは、「さいたま市ニュービジネス大賞」の受賞によるPR効果でした。日本経済新聞をはじめマスコミへの掲載、見学者からの問い合わせ、金融機関からのアプローチ、全国の学習塾や学校法人からの視察などが相次ぎました。

また、受賞と開業がほぼ同時期だったため、開業への動きに弾みをつけることができました。現在はまだ生徒を少しずつ増やしている段階ですが、今後は小学生の子どもを持つ親が安心して子どもを預けられる総合サポートサービスとして、事業体制の確立を目指しています。

お問い合わせ先
(財)さいたま市産業創造財団
TEL:048-851-6652

このページの先頭へ