本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2009年]

びわ湖と循環型農業体験学習を組み込んだエコ・ツーリズムの推進【ビーエスシー・インターナショナル】

[サービス|滋賀県]専門家派遣相談・アドバイスなし

企業概要

「ビーエスシー」のスクール風景

「ビーエスシー」のスクール風景

株式会社ビーエスシー・インターナショナルは、1973年(昭和48年)の創業以来、井上良夫代表が全国でも初めてという英国王立ヨット協会公認教師資格を取得し、全国に先駆けて国内小中高校などのヨットスクールを始めとしたウォーター・スポーツ体験学習を開始し、着実に経営実績を伸ばしてきました。同社は、1982年に日韓親善ヨットレースを釜山で開催し、以後毎年日韓両国でヨットレースを開催しており、第16代韓国大統領のノ・ムヒョン氏も同社でヨット・インストラクターの資格認定を受けられました。また、アジア国際サマーキャンプを開催したり、中国・湖南省の湖南師範大学と青少年文化交流協定を締結するなど、国際交流活動にも力を入れてきました。

しかし、ウォーター・スポーツ事業は5月〜10月の半年が中心の偏った営業であり、11月〜4月の残り半年間におよぶオフ・シーズン対策が長年の経営課題となっていました。今回の新規事業は、この経営課題を解消して通年型営業へ経営を拡大する契機となるものです。

新規事業は、同社の営業区域が地元大津市の都市計画マスタープランで「びわ湖と良好な自然環境の保全区域」に指定されており、比良山系から田畑、川、びわ湖へと拡がる自然体系がコンパクトにまとまり、環境学習に好立地であることを活用して、内外の客をエコ・ツーリズムの推進として呼び込むものです。地域全体としての振興を図るため、同じ区域内で循環型農業システムに取り組まれている養鶏業者「比良利助」や、棚田保全に努められている「飛田遊農園」と連携して、多様な農業体験型旅行を提供するとともに、循環型農業で飼育された養鶏の鶏肉や鶏卵を活用した新規商品・新規料理の開発に取り組む事業です。

平成21年2月に農商工等連携事業計画の認定を受け、新たに1名の営業正社員を採用し、現在は事業計画の推進に取り組んでいる最中です。

循環型農業「比良利助」のこだわり卵循環型農業「比良利助」のこだわり卵 「飛田遊農園」の美しい棚田「飛田遊農園」の美しい棚田
企業名 株式会社ビーエスシー・インターナショナル
代表者名 代表取締役 井上良夫 従業員数 10名
資本金 2,000万円 売上高 1億2,000万円
住所 滋賀県大津市南船路4-1
電話番号 077-592-0127
主要製品 ウォーター・スポーツスクール、旅行業

制度を利用するきっかけ

ビーエスシー・インターナショナルの井上代表から通年型営業への事業拡大に係る相談を受け、当初は経営革新への取組みを支援しました。その事業計画検討の中で、地域全体を振興するエコ・ツーリズムの推進へ進展し、農商工等連携事業として拡大支援をすることになりました。

支援内容

1.経営革新の申請を支援し、平成20年10月に認定を受けました。この事業計画を協議する過程で、農商工等連携事業の取組みに進展し、滋賀県産業支援プラザの応援コーディネーターと連携して支援することになりました。

2.農商工等連携事業の連携先となる農業者を見出すため、地域内の中小企業診断士を新たに専門家として要請し、エコ・ツーリズムの前提となる環境経営を理念とする養鶏業者「比良利助」を斡旋してもらいました。

3.同じくエコ・ツーリズムを標榜し棚田保全に取り組む「飛田遊農園」も連携者として事業計画に参画してもらいました。

4.事業当事者として、ビーエスシー・インターナショナル、比良利助、飛田遊農園をあげ、事業計画策定について支援を行いました。支援は、滋賀県産業支援プラザに加えて、取組みの後半では中小機構近畿からも内容のブラッシュアップを受けました。

5.支援の結果、平成21年2月に農商工等連携事業の認定を受けました。

支援の結果と今後の展開

支援の結果、平成21年2月に農商工等連携事業の認定を受け、同年4月から事業計画の実施に取り組んでいます。同年8月末現在の状況では、ウォーター・スポーツのシーズン中のため、エコ・ツーリズムの推進は同年11月以降に本番を迎えることになります。

今後、正規採用した営業社員によるエコ・ツーリズムの販路開拓や、こだわり養鶏による鶏肉・鶏卵を利用した新規商品ならびに料理メニューの開発に注力する計画です。

お問い合わせ先
大津商工会議所 経営支援センター
TEL:077-511-1504

このページの先頭へ