本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2009年]

経営安定のため重点を民間工事へシフトする際にITを上手く活用した事業開発【八光建設】

[建設・土木・不動産|福島県]事業可能性評価専門家派遣相談・アドバイス

企業概要

衣・食・住への提案の充実を語る宗像社長

衣・食・住への提案の充実を語る宗像社長

八光建設株式会社は、公共事業量の減少、コスト縮減圧力、民間建設需要の低迷などの厳しい環境に対して、公共事業に多くを頼らない企業として、同社の建設従事者の雇用確保を前提に、生き残る道を模索しています。財務体質が良好であるとき(平成16年度)こそ変革の時であり、これまで培った技術的基盤「オンリーワンの家づくり」をコアとし、民間の需要を開拓するシステム・ノウハウが必要であると考えました。

【事業の目的・必要性 なぜ地域間の連携か】
 市場を地方都市あるいは地域だけの需要だけでなく、地域の枠を越えて顧客を発掘しなければ、十分な仕事量を確保できません。一方、首都圏では住宅、マンション、オフィスなどのリフォーム需要が高く(すでに単発的には稼動中)、そこでの連携による事業展開は、同社の「お客様を創造する」戦略に合致すると思っています。また、最近の健康志向、本物志向が、木材や内装、家具、備品などへの関心の高まりに結びついており、同社が供給できる素材などが差別化のポイントとなる可能性が高いと考えています。

【アーク・ラボット】
 住宅関連情報を集約した施設「アーク・ラボット」を福島県郡山市に持っています。ハウスメーカーとは異なった住宅への八光建設のこだわりを、さまざまな企画、提案を通して表現しています。「ラボット」は、同社の研究室というかたちで、顧客との接点でありたいという意図を持つ施設です。この事業の情報発信基地として大きな役割を担っています。

情報発信基地としての施設「アーク・ラボット」の外観情報発信基地としての施設「アーク・ラボット」の外観 古民家再生利用への取組み事例−郡山市−古民家再生利用への取組み事例−郡山市−
企業名 八光建設株式会社
代表者名 代表取締役社長 宗像 剛 従業員数 49名
資本金 7,000万円 売上高 26億2,000万円
住所 福島県郡山市並木1-1-11
電話番号 024-922-8553(代表)
主要製品 建築工事業、土木工事業、舗装工事業、とび・土木工事業、造園工事業、水道施設工事業

制度を利用するきっかけ

公共工事の総量が減っていくという環境を察知して、経営を安定させるためには、民間工事へシフトする必要がありました。平成15年3月に、社団法人福島県建設業協会主催の「建設業の新分野進出」についての講演がありました。その講師である建設業経営支援アドバイザーの支援により「地域における建設産業再生のための先導的・革新的モデル構築の支援調査事業」の支援施策を活用し、官から民にシフトする事業化計画を策定しました。

支援内容

八光建設は、国土形成時代に対応した最先端技術と豊富なノウハウを駆使した高度な施工技術、万全な管理体制と関連下請け業者とのネットワークを強化し、適正価格内でクオリティーアップと、100%工期厳守での建築を実現することが必要であると考えています。
 また、近代土木技術を結集し、豊かな生活環境を整備し、郷土の自然を守り、安心して生活できるまちづくりに貢献したいと考えています。そこで以下を取り組みました。

(1)これまで培ってきたRC構造建設に関する技術を基盤として、構造調査および解体技術をコアに、RC構造建築物のリフォームの設計施工技術を確立するための調査研究に取り組むこと
(2)福島県産材の優良木材の育成、生産から使用までの一連の流れや建築の各種素材に関する情報を顧客に提供するためのIT活用手法を確立すること
(3)地域を超えた企業間の連携による設計、施工をスムーズに行うためのIT活用の習熟レベルを上げること

これらの方策へ取り組む八光建設の姿勢と技術が、顧客に安心と満足と感動を与え、それをさらなるビジネスチャンスにつなげるために、「地域における建設産業再生のための先導的・革新的モデル構築の支援調査事業」の施策を活用して、事業化計画(平成16年3月)を策定しました。

支援の結果と今後の展開

支援の結果として、八光建設は金額ベースで7割を民間工事が占め、また経済産業省推進プロジェクトである平成20年度「IT経営実践企業」としてオピニオンリーダー賞を受賞しました。これは、相談を受けるきっかけづくりとモノを一緒につくっていくきっかけづくりを上手く融合した同社の情報発信ツールとしてのITの導入が評価されたことによります。

お客様に必要な情報を取りやすくするホームページのリニューアルが今後の課題です。

お問い合わせ先
(財)建設業振興基金 構造改善センター
TEL:03-5473-4572

このページの先頭へ