本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2009年]

幸せと安全・健康を提供する食ビジネスの展開【フードシステム】

[サービス|富山県]専門家派遣相談・アドバイス情報提供

企業概要

本社・工場外観

本社・工場外観

昭和63年(1988年)、魚谷和彦社長が実家である鮮魚店から独立し、「フレッシュランチ39」のFC店として、弁当製造販売業務を開業しました。その後、平成2年に法人化したのが株式会社フードシステムです。富山県内では、再後発の事業所向け給食弁当宅配ビジネスへの進出でした。先発の業者との差別化のためのブランド戦略として、フレッシュランチ39を採用しています。

また、コシヒカリ100%の米飯の使用、食材へのこだわり、抗菌シートの採用による衛生対策の徹底により、商品の差別化を図っています。

さらに、カラー写真付きメニューの作成、試食期間キャンペーンの実施、健康志向に対応したカロリー表示などの販売促進策により、創業2年目には年商が1億円を突破しました。その後も、素材や手づくりにこだわり、この方針に共鳴してくれた幼稚園への園児用給食にも進出を果たしました。このような積極策により、開業後10年目の平成9年(1997年)には、年商3億円に迫る勢いでありましたが、日配弁当製造食数が1日3,000食を超えて、工場が手狭となったことから、平成10年には総工費1億円をかけ、工場を新設しました。それと同時に、安全・衛生面や供給力の向上を図るとともに、無料試食キャンペーンの展開などの拡販に努めました。

さらには、料理をつくるノウハウを活かし、社員食堂の調理を引き受ける委託食堂部門を新設して、給食弁当以外の事業へも取り組んでいます。デフレ経済下で、食ビジネスが低価格化する中で、あえて高付加価値、本物志向のモノづくりで差別化を図ることを選び、有機米や有機野菜の使用と、契約農家との直接取引、治療食への取組みも開始しています。

工場内の状況工場内の状況 工場内の作業風景工場内の作業風景
企業名 株式会社 フードシステム
代表者名 魚谷和彦 従業員数 100名
資本金 1,000万円 売上高 6億5,000万円
住所 富山県富山市新庄北町11-26
電話番号 076-452-6111
主要製品 日替わり昼食弁当の製造販売、幼稚園・学校の給食受託、社員食堂の運営受託

制度を利用するきっかけ

(1)平成16年(2004年)に、日配弁当製造食数が1日8,000食、そして年商が6億円を超え、安全・安心という食ビジネスへのニーズの変化に対応した新たな業務領域の拡大、それを可能にするHACCP認証取得の工場増設と、その資金調達という課題に直面し、富山県の経営革新計画承認申請を行うこととしました。
 (2)工場増設にともなうエネルギーコスト増加への適切な対処策を検討するため、(財)富山県新世紀産業機構の紹介で、(財)省エネルギーセンターの工場の省エネルギー診断サービス(無料)を受診しました。
 (3)顧客増加への対応と受発注業務処理の正確・迅速化のため、顧客管理システムの見直しが必要となり、(財)富山県新世紀産業機構の専門家派遣事業を活用しました。

支援内容

(1)経営革新計画の素案作成(事業コンセプトの見直し、新規性や実現可能性など)は専門家に頼らず、社内での議論を踏まえて、社長を中心として起案しました。しかし、初めてのことであり、承認を得られるまでの内容かどうかには不安があり、計画そのものをより客観的な視点からブラッシュアップする必要性を感じました。そのため、富山県経営支援課の紹介をへて、専門家(中小企業診断士)から申請書類作成に係る留意点、アドバイスや、(財)富山県新世紀産業機構内の中小企業支援センターのマネージャーから設備資金調達先の情報提供などの支援を受けました。計画承認後、工場新築ではなく、増築への変更を迫られ、計画変更にともなう手続き面でも富山県経営支援課などから支援を受けました。
 (2)診断結果は直接、コストダウンには結びついてはいませんが、指摘を受けた改善事項について取組みを開始しています。
 (3)従来、手入力、FAXで行っていた顧客との受発注業務をIT化することにより、正確かつ迅速化する、また、その前段階としての作業の標準化、業務プロセスの見直しなどについても専門家(ITコーディネータ)からのアドバイスを得ました。

支援の結果と今後の展開

同社の経営理念でもある「創意と感動」による「こだわりの食づくり」、「食の安全保証」を実現するための大きな一歩として、業界では県内初のHACCP認証取得を受けることができました。高齢社会での健康づくり、食べる楽しみへの期待に応えられる商品づくりを続けること、直営販社の開設や異業種との業務提携などによる新規マーケットの開拓を進めるだけでなく、仕事を通じて社員も成長し、幸せになれる会社の実現を目指しています。

お問い合わせ先
(財)富山県新世紀産業機構
TEL:076-444-5600

このページの先頭へ