本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2009年]

北陸の未利用魚をすり身加工することにより、美味しい日本海地魚の魅力発信【上久】

[食料・食品|富山県]専門家派遣なしなし

企業概要

「消費者の声が身近になりました」と言う蛯谷社長

「消費者の声が身近になりました」と言う蛯谷社長

株式会社上久は昭和32年(1957年)の創業以来、主に鮮度と味にこだわった魚のすり身を製造・販売してきました。業務用としてかまぼこ製造会社に原料すり身を、そしてギフト用、家庭用として調味すり身を手がけています。その原料として、とびうお、あじ、えび、いわし、いか、みぎすなどを使用し、さまざまな魚をすり身に加工する技術を蓄積してきました。しかし安価で安定供給される東南アジアや北米からの輸入すり身の増加、そして安価な原料で製造されたかまぼこの廉価販売などにより、上久の出荷量が伸び悩む中、蛯谷社長はさらに原料の品質にこだわった、より付加価値の高いすり身を活用した新商品の開発・販売を決断しました。

そのとき、石川県漁業協同組合(JFいしかわ)の販売部門である株式会社ジェファが大型まき網や大型定置網で獲れる魚の2割にあたる、市場に流通できない規格外の魚の有効活用を検討していることを知りました。

さまざまな魚をそれぞれの栄養価、食感、味わいの特徴を活かしてすり身にする上久の加工技術と、日本海地魚の十分な供給能力を持つジェファとの農商工連携により、生産履歴の明示可能な地魚すり身を使用したかまぼこや水産練り製品の開発を行うことが可能となりました。この取組みにより、安心・安全の「北陸の地魚かまぼこ」のブランド構築、および全国的な市場拡大が期待できます。

上久社屋上久社屋 新商品「富山おでん」と「地魚さつま揚げ」 新商品「富山おでん」と「地魚さつま揚げ」新商品「富山おでん」と「地魚さつま揚げ」
企業名 株式会社 上久
代表者名 代表取締役社長 蛯谷正純 従業員数 19名(社員7名、外国人研修生実習生7名、パート5名)
資本金 2,000万円 売上高 2億1,000万円(平成21年6月期)
住所 富山県富山市萩原248-1
電話番号 076-491-3232
主要製品 業務用すり身、家庭用・ギフト用調味すり身

制度を利用するきっかけ

上久は、平成18年(2006年)の経営革新計画策定の際に(財)富山県新世紀産業機構の「専門家派遣事業」で専門家の派遣を受けました。農商工連携申請作業に際して蛯谷社長は、事業計画作成に実績と経験のある中小企業診断士の派遣を希望し、あらためて(財)富山県新世紀産業機構を訪問しました。
 (財)富山県新世紀産業機構では、上久の取組みが農商工連携事業計画に該当すると判断しました。そこで認定を視野に入れて、「専門家派遣事業」として計画認定支援に実績のある中小企業診断士の派遣を決定しました。

支援内容

蛯谷社長からひと通り事業に関するヒアリングを行った後、その情報をもとに、上久のSWOT分析を実施し、これまでの事業および商品の「強み」(Strengths)と「弱み」(Weaknesses)を明確に認識していただき、当該事業における「機会」(Opportunities)と「脅威」(Treats)に照らし合わせて、計画の方向性を絞り込んでもらいました。また市場分析として「練り製品需要量推移」「原料すり身比率」や「輸入商品に対する不安感」のデータを提示し、あわせて競合分析として「輸入すり身の価格推移」や具体的な競合商品との比較を行い、当該商品の差別化ポイントの明確化を行いました。

一方、連携者であるジェファに対して経営資源における各種分析を行い、より強固な連携体が構築できるよう農商工連携の各種支援策の情報提供を行いました。事業の妥当性を検証する上で、具体的な販路の検討に基づいた両事業者の売上計画、収支計画、そして資金計画の整合性を確認し、連携体としての事業メリットを明確にしました。

さらに事業の進捗に合わせて、具体的な商品提案による引き合いなどを勘案し、再度販路開拓の検討を行いました。最終的に農商工連携事業計画作成の過程で、数回のブラッシュアップ会議における修正対応や事業評価委員会でのプレゼンテーション支援を経て、平成21年2月に事業認定を受けました。

支援の結果と今後の展開

大手コンビニエンスストアチェーン数社の弁当・おにぎり・調理パンの材料に選定されるなど、地魚すり身への注目度が高まっています。また県外でのイベント・展示会に出展する機会が大幅に増え、エンドユーザーからの直接的な引き合いが増えています。とくに輸入すり身との競合が激化している原料すり身市場から一般消費者市場へのシフトを図り、いかや白えびを加えた「揚げかまぼこ」、地魚すり身をふんだんに取り入れた「富山おでん」など、積極的な新商品開発を展開中です。

お問い合わせ先
(財)富山県新世紀産業機構
TEL:076-444-5605

このページの先頭へ