本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2009年]

付加価値の高い提案型物流代行サービスへの転換【十和運送】

[流通・物流|茨城県]相談・アドバイスなしなし

企業概要

新配送センターの外観

新配送センターの外観

十和運送は、従来からの一般運送貨物事業に加え、顧客ニーズに沿って保管型倉庫や配送センターによる倉庫業を行っています。商品の輸送や保管事業は、他社と差別化が図りにくく、結果として付加価値の付けづらい業種です。また、原油高騰など輸送コストの上昇の際には、すぐに価格転嫁ができないため、収益の圧迫が避けられない状況でした。

そこで同社は、永年培った輸送と保管業務を基本として、いかに付加価値の高い、そして他社と差別化したサービスを開発し、展開させていくかが課題となっていました。課題を克服するために、社内でプロジェクトチームを作り、経営革新を図ることとしました。荷物の集荷・仕分け・在庫管理・配送・データ管理を一括に請け負う、総合物流代行サービスの開発を現場の各部門の声を反映しながら構築してきました。

経営革新を図る際の事業計画の3ポイントは、次のとおりです。

効率化を目指す広いセンター内

効率化を目指す広いセンター内

(1)総合物流代行サービスの提供
  荷物の集荷・仕分け・在庫管理・加工・配送を一手に請け負い、その一連の作業をデータ管理する。競争力のある営業展開が可能となる。

(2)新配送センターによるサービスの提供
  効率的な運営により、高品質・低コスト・短納期を実現させ、収益力向上を図る。

(3)提案型営業の積極的な展開
  コストの増減や不況などの経営環境変化に左右されず、自社サービスを顧客に提案できる。

なお同社では、平成19年夏より新センターで新サービスを展開し、同社の事業発展の原動力となっています。

企業名 十和運送株式会社
代表者名 田上秀雄 従業員数 300名
資本金 9,000万円 売上高 53億3,000万円
住所 茨城県つくばみらい市樛木371-1
電話番号 0297-52-3135
主要製品 一般運送貨物事業に加えて総合物流代行(3PL)を実施している

制度を利用するきっかけ

新サービスを確立させ、その実現に向けて大きく(2階建て3,600坪)、新しい配送センターを建設するために資金が必要となり、その際、経営革新計画とその支援制度を知り、ました。
  計画をまとめあげ、同社の既存事業と合わせた、中期経営計画(5年)を策定することはたいへん重要なことであり、全社的に計画づくりに参加しました。
  また、新センターが環境保全にも貢献するために、物流効率化法による倉庫建設の制度にも取り組みました。

支援内容

水戸商工会議所から紹介を受けた(社)中小企業診断協会茨城県支部では、十和運送に対して以下の支援を実施しました。

(1)支部会員の中小企業診断士をまず同社へ派遣して、会社の要望を整理し、経営革新計画承認申請に向けての準備のあり方や目標スケジュールを明確にしました。

(2)その結果を受け、中小企業診断士を専門家として選定し、同社へ派遣しました。

(3)その専門家が、申請に向けて、同社の意向をヒアリングしながら、重点取り組みテーマの確認や、その内容の精度の向上などの助言を行いました。また、数値的な経営計画・資金計画づくりについても助言し、全体的な申請書策定の支援を実施しました。

(4)完成した申請書を届ける際、茨城県庁へ専門家も同行し、スムーズな届出を支援しました。

以上の支援を経て、同社は平成19年度に計画承認を受けることができました。

(5)その後、今後の同社の環境保全貢献に向けての取り組みのために、物流効率化法による倉庫申請をすることとなりました。

(6)そこで、経営革新計画の承認申請をサポートした中小企業診断士を再度専門家として派遣し、承認申請の支援を実施しました。

(7)申請書作りに際しては、関東運輸局と同社との間に入り、申請書作成を支援しました。

(8)申請書届出に際しても、専門家が同行し、スムーズな届出を支援しました。

以上の支援を経て、2つの施策承認を受けられました。なお、今後もフォローをしていくこととしています。

支援の結果と今後の展開

今回の2つの施策承認申請を通じて、以下の効果がありました。
 (1)社員参画により、意思統一が図れました。
 (2)数値目標を揚げたことにより、中期経営計画が共有できました。
 (3)計画策定に際しては、全社横断的に作業を点検しました。そのことにより、既存部門での効率化意識が高まりました。

今後は、計画を着実に実行して、地域に不可欠な企業へさらに成長することが期待されます。

お問い合わせ先
水戸商工会議所
TEL:029-224-3315

このページの先頭へ