本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2009年]

専門家を活用して生産管理をIT化【仙崎鐵工所】

[金属|神奈川県]専門家派遣その他なし

企業概要

IT経営を推進する沼社長

IT経営を推進する沼社長

仙崎鐵工所は、創業者が京浜地区の造船所で製缶の技術を習得後、昭和9年(1934年)に独立して会社を興し、現在に至っています。75年の長い歴史をもつ会社で、現在の社長は3代目の沼りえ氏です。
  主に電磁流量計、X線厚み計などの大型計測器の筐体(ケーシング)や橋、高速道路の揺れや伸びを吸収する橋梁収縮装置など、大型の精密製缶品を製作しています。製缶は比較的厚い鉄板や型鋼から部材を切り出し、曲げ、溶接などの加工を施して製品とする作業であり、生産数量が極めて少ない個別生産方式を取っています。

同社は、100枚の図面で構成される部品点数が比較的多く、寸法公差1/1,000程度と高精度を要求される受注生産型の精密製缶品を得意としています。一品ごとに仕様が異なるので、そのつど見積りが必要です。
  また、製缶作業と見積り作業を含む取りまとめに特化し、そのほかの材料取り、機械加工、塗装、ライニング、機能試験などの工程は京浜工業地帯の地の利を活かし川崎市内にある協力会社に依頼しています。

直径2,000mmの流量計筐体
直径2,000mmの流量計筐体
X線厚み計筐体
X線厚み計筐体

同社は、川崎市から毎年数名しか選出されない「かわさきマイスター」を輩出するなど、技術力にも定評のある企業です。通常、このような規模だと現場のベテラン社員が業務を動かします。しかし、社員が高齢化してくると従来の管理の方法では立ち行かないケースが多く、同社でも、誰でも調べれば仕掛かりの現状が把握できる仕組みづくりが急務になっていました。

企業名 株式会社仙崎鐵工所
代表者名 沼 りえ 従業員数 16名
資本金 1,000万円 売上高 2億9,700万円
住所 神奈川県川崎市川崎区小田5-17-5
電話番号 044-333-4434
主要製品 電磁流量計、鉄鋼用X線厚み計などの計測器筐体、橋梁伸縮装置ほか

制度を利用するきっかけ

同社は、一品生産のため生産管理はグループリーダーが担当していますが、現場に行って生産状況を確認しないと仕掛状況が把握できず、工程の「見える化」は図られていませんでした。
  IT導入には従来から見積支援システムの構築など積極的に取り組んできましたが、過去2回の導入ではベンダーとの意思疎通が図れず、満足のいく導入結果には至りませんでした。このため、導入したシステムを使いこなせず、IT利活用が十分に行える状態ではありませんでした。

IT導入に当たって信頼できる支援者を必要としていた同社は、川崎産業振興財団からITコーディネーターを紹介され、ITシステムの再構築の検討を開始しました。

支援内容

ITコーディネーターがアドバイスをし、まず経営戦略や情報化企画の策定、経営成熟度、ITガバナンスなどの調査や検討を経て、IT化計画書をまとめました。次にITシステム導入を決定し、提案依頼書を作成して、ベンダー選定をしました。
  平成16年(2004年)にはITコーディネーターが提案した経済産業省のIT活用型モデル事業に応募して採用され、IT導入を具体化させました。

生産管理パッケージシステムを導入し、作業表発行、外注手配、仕掛品管理、作業日報管理などを行うとともに、手配票の審査承認機能を活用しました。外注手配は協力会社のIT成熟度に応じて電子メール、自動FAX送信などを使い分けるシステムとしました。
  協力会社との情報共有にはインターネットを活用し、協力会社ごとにホームページを自動生成するシステムを開発して、協力会社に対して発注残と支払い残を開示し、段取りが円滑にできるようにしました。仕掛品の所在確認の仕組みとして、仕掛品発送や受け入れにはバーコードを活用しています。

平成17年から運用に入り、使い勝手の向上やチューニング、従業員の教育、協力会社の習熟などに時間をかけ、平成18年から本格的な活用に入りました。これら一連のIT化推進を、ITコーディネーターが支援しました。

支援の結果と今後の展開

見積り部品展開支援システムの開発・運用の成功により、材料注文書の発行時期を5日から3日に削減しました。社内外を流れる仕掛品および材料納期を管理する生産管理システムの導入により、生産リードタイムを10%削減しました。

個別原価管理の徹底や情報を共有する協力会社の増加、さらには情報共有内容の強化を図ることを沼社長は希望しています。また、社内のすべての情報の見える化、新規顧客の開拓、精密製缶技術をもった従業員の確保などが今後の解決すべき課題です。

お問い合わせ先
(財)川崎市産業振興財団 川崎市中小企業サポートセンター
TEL:044-548-4141

このページの先頭へ