本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2009年]

衣類保管に関する悩みを解消するオンラインクローゼットの提供【ドレスファイル】

[サービス|東京都]専門家派遣なしなし

企業概要

「事業計画の大切さを知った」という西社長

「事業計画の大切さを知った」という西社長

ドレスファイルが提供するオンラインクローゼット事業は、お客さまの衣類を宅配便で預かり、クリーニングして衣類保管の専用倉庫で保管、要望に応じて速やかに返却するサービスを提供する事業です。ニューヨークの富裕層向けの衣服保管サービスから着想を得て、日本の事情に合わせた改良することで大きなビジネスになると感じ、2006年に起業しました。

預かった衣類は、1点1点写真を撮り、ドレスファイルが提供するインターネットサイト「ドレスファイル」に登録します。その際、色やブランド名、素材なども合わせて登録します。お客さまは自分専用のページから、預けた衣類を写真によって整理された状態で確認することができ、また色やブランド名によって検索することも可能です。返却の指示も、同じ画面をクリックすることで容易に行えます。

「オンラインクローゼット」の画面「オンラインクローゼット」の画面(クリックすると大きな画像が表示されます。) 1着ずつ丁寧に撮影1着ずつ丁寧に撮影

日本の住宅事情では、たくさんの服をクローゼットに詰め込むと、デリケートな素材の衣類はカビが生えたり、虫が食ったりと傷むことがあります。また、着たいときにどこにしまったのかが分らなくなることもあります。オンラインクローゼットでは、衣類に最適化した空調の倉庫で保管することで、服が傷む問題を解決でき、また「ドレスファイル」により、自身が保有する衣類の整理分類と把握もできるようになります。

また、ファッションコンサルティング企業と提携し、サービスを希望するお客さまには「ドレスファイル」に登録した衣類のコーディネートアドバイスを提供しています。また、インターネットによる相談にも応じています。

企業名 株式会社ドレスファイル
代表者名 代表取締役 西 宏司 従業員数 2名
資本金 2,700万円 売上高 1,400万円
住所 東京都足立区入谷9-18-19
電話番号 03-6306-5236
主要製品 オンラインクローゼット事業

制度を利用するきっかけ

西社長は、創業にあたり資金調達や優秀な人材を募集するための事業計画策定の必要性を感じていましたが、自身ではこの事業の魅力を伝えるだけの納得した事業計画策定に行き詰まっていました。そこで、第三者からのアドバイスをもらおうとホームページを検索したところ、(財)東京都中小企業振興公社(アスプラザ)が提供する中小企業診断士や税理士などの資格者で、診断・助言の実績のある専門家を派遣する「専門家派遣事業」の存在を知り、申し込みました。

支援内容

アスプラザから派遣された中小企業診断士から、策定した事業計画についてアドバイスを受けました。中小企業診断士からのアドバイスは、主に次のような内容でした。
  ・誰に、何を、どのように、といった事業ドメインや、マーケティングミックスの4Pなどのマーケティングに関するフレームワークを意識して、事業概要をまとめること。

・提供するサービスの差別優位性を示すために、他社が提供する類似の既存サービスをいくつかあげ、それぞれについての差異や優位性をアピールすること。

・実現可能性の論拠が弱いため、インターネットによるマーケティングリサーチを実施し、その結果によって実現可能性を実証すること。

これらのアドバイスにもとづき、まず事業概要のまとめ方、伝え方を根本から見直しました。マーケティングの世界では常識となっているフレームワークや、既存サービスとの違いを表すポジショニングマップを活用することで、既存サービスとはまったく異なる新規性の高い事業であることが伝わる事業計画になりました。

また、標的顧客と位置づけていた20代〜40代の比較的所得水準が高い女性に対するインターネットアンケートを実施し、サービス内容と予定価格を提示したところ、その過半数以上から利用したいという結果を受けたことで、実現可能性についての論拠が明確となるとともに、「この事業は成功する」という自信を強めることができました。

支援の結果と今後の展開

作成した事業計画をもとに、国民生活金融公庫と東京都の制度融資から、希望額の創業融資を受けることができました。また、人材を募集したところ1名のベンチャー企業就職希望者を採用することができました。さらには、策定した事業内容にもとづきプレスリリースを実施したところ、テレビや新聞の社会面に取り上げられ、パブリシティに大きな成果を発揮しました。

専門家派遣事業を受けて創業してから3年目の現在、今後は会員同士がドレスファイルで情報交換や衣類の交換もできる、衣服に関するインターネットコミュニケーションの場の提供へと、事業を展開したいと考えています。

お問い合わせ先
(財)東京都中小企業振興公社
TEL:03-3251-7881・7882

このページの先頭へ