本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2009年]

技能の伝承により世界へ発信する高技術者集団を目指す【豊田技研】

[金属|群馬県]研修・セミナーなしなし

企業概要

技術の粋を集めた製品群

技術の粋を集めた製品群

(株)豊田技研は、昭和26年(1951年)に現社長の父・勇三郎氏が、群馬県高崎市で自動車照明用ランプソケットメーカーとして個人で創業し、昭和34年(59年)に有限会社で法人成りしました。その後、受注の増加により、平成13年(2001年)には藤岡市へ本社工場を移転しました。また、海外展開では平成9年(97年)にアメリカでシカゴ営業所を開設し、平成18年(06年)には、ベトナムのハノイに金属メッキとプレス加工を業務としたトヨダギケンベトナムを設立しています。
 なお、群馬県より「1社1技術」企業の認定を受けるとともに、ISO14001を取得しています。そして現在は、平成21年におけるTS16949の取得を目指して、業務に取り組んでいます。

豊田技研は、主に自動車部品と一部ATM精密部品を製造していますが、金型作成からプレス、スポット、塗装、組み立てまでを社内で一貫生産しています。中国や東南アジアでは難易な技術を日本で確立することにより、開発型の企業をめざしています。特に今までに蓄積してきた金属プレスの「深絞り加工技術」を今後もさらに追求し、海外メーカーも視野に入れた他社に追随されない加工技術の醸成を経営の最優先課題としています。

自社のランプソケットが組み込まれた製品自社のランプソケットが組み込まれた製品 最新自動車照明のLED照明の反射板最新自動車照明のLED照明の反射板

また「人づくりを重んじ、やりがいのある企業風土をめざす」も掲げています。このことは、開発型企業の根幹は人材であるという考えに基づいています。そのためには、今後、豊田技研を担う若手技術者の育成を強化するとともに、いままで培った技術の伝承をスムーズに図っていく必要があります。

企業名 株式会社豊田技研
代表者名 豊田信幸 従業員数 125名
資本金 2,000万円 売上高 25億1,400万円
住所 群馬県藤岡市白石2155
電話番号 0274-40-7234
主要製品 自動車照明器具用金属プレス部品、コンピューター用精密プレス部品、プレス金型

制度を利用するきっかけ

豊田技研は、金属プレス加工の絞り加工という技術を中心に事業を行ってきましたが、急速に展開する製造業のグローバル化に対応するために、海外工場をハノイに設立しました。同工場をコストミニマムを視野に入れた量産志向工場に位置付けました。そして技術開発を強化し、金型技術を核とした取引先へ提案する開発型企業としての事業展開を目指しています。

そのためには、いままで築いてきた技術を若年技術者へと伝承することが課題になっていました。今回、(財)群馬県産業支援機構の担当者から「技能伝承実践塾」の紹介があり、よい機会だとの思いから受講されました。

支援内容

豊田技研の技術を受け継いできた「職人技」、それを受け継ぐ「豊田技研を担う若者」その融合があれば、会社基盤は磐石という想いから(財)群馬県産業支援機構主催の「技能伝承」講座に幹部社員が参加されました。

技能伝承講座では、グループでのロールプレイングや、グループディスカッションを交えて、熟練者がいまの若者に対しての教え方を体験できます。また、豊田技研の社員がもっているコア技術の発掘に目を向け、その評価の仕組みを学びました。
 さらに、コア技術の情報を社員に共有化する仕組みなど、たいへんに内容のある講義となっています。
 また、講義は社員が自ら考え、行動しやすい内容になっているので、社内での若手への伝授に、自信をもつことができました。

この講義を通して、熟練技術者に蓄積されている豊田技研のコア技術を若手技術者にOJTを通じて効果的に伝承するきっかけづくりの橋渡しになることを期待し、それが今後は豊田技研の中で、How Toが道具として形になると確信しています。

  • 「技能伝承実践塾」(財)群馬県産業支援機構

支援の結果と今後の展開

この講習会でえたノウハウを、豊田技研に合致した内容にするために、熟練者と若手がチームを組み、ノウハウの共有化に取り組んでいます。今後は、豊田技研を担う若手技術者に実践(OJT)を通して、先輩技術者がもっている技能・技術を、若手技術者に伝承する豊田技研How Toとしていきます。しかし、技能伝承は即効性がなく、時間をかけてじっくりと伝えていかなければなりません。このため、熟練者や若手技術者が息切れをしないように、(財)群馬県産業支援機構の支援を得ながら、事業に積極的に取り組んで行きます。

お問い合わせ先
(財)群馬県産業支援機構 販路・人材グループ
TEL:027-255-6501

このページの先頭へ