本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2009年]

山古志地区復興を願い、ホンモロコ養殖事業に挑戦【吉原建設】

[建設・土木・不動産|新潟県]その他なしなし

企業概要

吉原建設・吉原正之専務

吉原建設・吉原正之専務

新潟県長岡市に本社を置く吉原建設(株)は、公共工事を中心とした道路・河川工事を主な事業としています。
 長岡市山古志地区(旧山古志村)は古くから鯉の養殖が盛んな土地でしたが、平成16年(2004年)10月の新潟県中越地震で養殖池は壊滅的な被害を受けました。新たな事業展開を模索していた同社は、当地の復興も兼ねて、コイ科の一種であるホンモロコ養殖事業に乗り出しました。

建設業の売上高減少を補うべく、新分野進出を考えていた同社専務の吉原正之氏は農林水産省主催のアグリビジネスフェアに参加した際、鳥取大学が研究しているホンモロコ養殖に高い関心を示し、山古志地区での新たなビジネスのヒントをつかみました。
 平成18年(06年)に長岡市内の7社の建設会社が集まって「やまこしモロコ養殖組合」を結成し、組合長に吉原建設(株)の吉原専務が就任し、事業を統括しています。
 平成19年には、山古志地区で放置された養殖池を修復して、やまこしモロコ養殖事業が開始され、同年11月には市内のホテルや旅館、飲食店などに活魚が納品され、上々の評判を得ました。
 平成20年度は、本格的な養殖事業にすべく、地元大手ホテルと連携して加工品の開発も行っており、「やまこしモロコ」ブランドの確立を目指して、事業を運営しています。

やまこしモロコ池上げ風景やまこしモロコ池上げ風景 地元ホテルでの試食会地元ホテルでの試食会
企業名 吉原建設株式会社
代表者名 吉原勝典 従業員数 30名
資本金 2,000万円 売上高 8億4,000万円
住所 新潟県長岡市信濃1-2-17
電話番号 025-832-1388
主要製品 官公庁発注の下水道・道路・河川改修工事

制度を利用するきっかけ

同社が採択を受けた「建設業の新分野進出等モデル構築支援事業」(以下、モデル事業という)は、国土交通省が平成15年(03年)から開始した委託事業です。建設業者の優れた取り組みを発掘し、その事業成果を広く普及することを目的として、標記事業を実施しています。選定された建設業者には、事業を行ううえでの経費の一部が国土交通省より支払われます。いままで新潟県の複数の建設業者が、モデル事業に認定されていた情報をつかんでいた吉原専務は、モロコ養殖事業をこのモデル事業に申請し、みごと採択されました。

支援内容

平成19年度に、モデル事業に採択された当事業において、初年度の養殖事業ということもあり、試行錯誤が続きました。養殖事業確立のための研究開発費を中心にこの委託事業から経費を拠出して、さまざまな技術を確立してきました。
 ホンモロコは、酸欠に弱い魚であるため、稚魚の段階で死んでしまう魚も多くいます。この酸欠を防止するため、養殖池に繁殖する藻を除去しなければならず、かなりの労力を要します。この除去作業確立のためのアルバイト料や専門家からのアドバイス料が、経費として捻出されました。
 同時に、モロコのふ化率についても重要な研究がなされました。平成19年度は20%にとどまったふ化率を50%以上に向上させて、供給能力をアップさせる必要も出てきました。

また、販促面では、やまこしモロコを広く拡販していくためのパンフレットも作成できました。地元ホテルでの試食会も開催され、その試食会には多くの来客があるなど、やまこしモロコのブランド構築に大きな弾みをつけることができました。
 さらに、平成20年度は(財)にいがた産業創造機構(NICO)の支援を受けて、専門家によるアドバイスのもと、任意組合の法人化を行って、養殖事業が本格化してきています。

支援の結果と今後の展開

平成19年度のモデル事業に採択された結果、事業を拡大するためのさまざまな経費を国土交通省から補助されたことにより、多くの組織、関係団体から注目を浴びています。 また、事業の認知度が高まったことにより、地元の大手ホテルとも連携をとることができ、加工品開発のノウハウも保有できるようになってきました。
 今後は、首都圏にもやまこしモロコの加工品が出回るよう、販路開拓を行っていく計画です。

お問い合わせ先
(財)建設業振興基金
TEL:03-5473-4572

このページの先頭へ