本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2008年]

創業100周年に向けて、新経営計画を策定【日本ワヰコ】

[金属|大阪府]相談・アドバイス研修・セミナーなし

企業概要

日本ワヰコは、汎用エンジンや船外機エンジン、空調・冷凍コンプレッサーなどの動力には欠かすことのできない主要部品である、アルミ合金製コネクティングロッド(通称コンロッドのことで、連接棒ともいう)の専業メーカーです。

同社の製品は、日本国内はもとより、海外でも発電機や小型船舶などのエンジンに組み込まれ、活躍しています。コンロッドは、エンジンなどの主要部品であるため、精度をはじめ、高い耐久性などが求められます。これを支えているのが、長年培ってきた同社のアルミ加工技術です。

軽量で燃費効率などが鉄製のものに比べて優れているアルミ合金製コンロッドの需要は、増加傾向にあります。しかし、主要取引先であるエンジンメーカーの生産拠点の海外シフトや海外ライバルメーカーの台頭が進むなど、同社を取り巻く経営環境は大きく変化してきています。

「支援策はよいきっかけ」という木下浩伸社長「支援策はよいきっかけ」という木下浩伸社長 さまざまな形状のアルミ合金製コネクティングロッドさまざまな形状のアルミ合金製コネクティングロッド

このような中、人材育成による技術部門の強化や工数削減のための生産設備の更新などを通じて、コストダウンや品質向上、納期短縮、小ロット対応などを実現することで競争力を高めることに注力してきました。これらの取り組みは、クレーム件数減少や加工不良率の減少などの目に見える成果として、顧客との関係強化に寄与しています。今後は、5代目となる木下浩伸社長(平成17年代表取締役就任)のもと、創業100周年(昭和元年創業)の節目に向け、自社ブランドの開発をはじめとする新たな戦略展開に向けて取り組んでいます。

企業名 日本ワヰコ株式会社
代表者名 木下浩伸 従業員数 90名
資本金 2,000万円 売上高 120,770万円(平成18年11月期)
住所 大阪府大阪市生野区小路3丁目6番2号
電話番号 06-6751-0636
主要製品 各種動力用アルミ合金製コネクティングロッド

制度を利用するきっかけ

財団法人大阪市都市型産業振興センターでは、コンサルティング事業の一環として相談・アドバイス事業をはじめ、経営課題解決型の少人数制ワークショップなどを実施しています。
 当時、自社の経営戦略を明確に打ち出し、社内で共有していきたいと考えていた木下社長が、平成18年(2006年)に開催した「後継者・若手経営者のための経営戦略再構築クリニック」というワークショップに参加されたことがきっかけです。

支援内容

「後継者・若手経営者のための経営戦略再構築クリニック」は、計4回にわけて開催しました。各回を「これまでの経営戦略の確認」をはじめ、「今後の戦略の方向性の検討」、「アクションプランの検討と決意表明」といったテーマにわけて進め、参加者同士のディスカッションや担当コンサルタントからのアドバイスを参考に、自社の経営戦略を見つめ直すための支援プログラムです。

最終的には、ここで検討した骨子をもとに中期経営計画としてまとめ、社内で共有化することにより、全社一丸となった戦略の推進体制を築いていかなければなりません。この支援プログラムは、相談・アドバイス事業や専門家派遣事業といったほかのコンサルティング事業とも連動しており、引き続きアドバイスを受けることができる体制をとっています。

これまで、木下社長は新事業展開や人材育成、生産効率の向上など、さまざまな経営課題を認識しておられました。しかし、支援を受けながら自社の進むべき方向性を明確に打ち出し、これらの経営課題の解決を図りながら戦略を実行していくための具体的な経営計画を、平成19年度に全社員に発表しました。

今後は、この計画を実行に移していくためのアドバイスをはじめ、研究開発活動における技術課題サポートを行う「研究開発イノベーションマッチング事業」による支援、専門家派遣や助成金などのほかの支援施策の活用などもコーディネートしながら、継続的な支援を実施していく予定です。

支援の結果と今後の展開

前述のワークショップへの参加を契機に、経営計画を作成・発表したことで、社内のモチベーションが高まり、全社的な意識改革が進んできています。 また、新しい事業展開を目指すという方向性が明確になったこともあり、新規開拓案件も増加しています。 これに加えて、さまざまな支援施策を積極的に活用することで、中小企業新事業活動促進法に基づく「経営革新計画」の承認、IT化によるペーパレスの生産管理システムの構築、「エコアクション21」の認証・登録、「大阪府基盤技術高度化支援事業補助金」に採択されるなど、支援を通じた数多くの成果や実績も出てきています。

お問い合わせ先
(財)大阪市都市型産業振興センター(大阪産業創造館)
TEL:06-6264-9838

このページの先頭へ