本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2008年]

そばの原料栽培から製造まで、一環対応を目指す【川喜】

[食料・食品|岩手県]専門家派遣なしなし

企業概要

手打ちこそが川端社長の出発点

手打ちこそが川端社長の出発点

川喜は、「身体にやさしい麺づくり」をモットーに、岩手県釜石市にて各種うどんやそば、中華麺などを製造しています。
 同社は、昭和24年(1949年)に、麺類の賃加工業として創業しました。その後、添加物に頼らない商品開発を手がけるようになり、それが昭和62年(1987年)以降の東京の市場開拓につながりました。次の3点のこだわりを大切にしていますが、これらが評価され、関東圏の高級スーパーや百貨店に取り扱っていただけるようになりました。

第1点は、「保存料をなるべく使用しない麺づくり」です。合成保存料は日持ちをさせるために使用するもので、麺の風味を損なうと考えているからです。
 第2点は、「おいしい水で麺づくり」です。「味は水で決まる」との考え方から、工場から車で20分ほどの「仙人峠」から湧いている天然アルカリイオン水「仙人秘水」を使って麺づくりをしています。
 第3点は、「手造りの良さを活かした麺づくり」です。おいしい麺をつくる際に重要なポイントは、生地の熟成時間です。同社では、手作業により熟成時間をたっぷり取るようにしています。

その後、平成17年(2005年)には、岩手県遠野市にそばの契約栽培畑を確保し、地元産有機栽培そば粉の調達を手がけるようになりました。

同社では、毎期A41枚で表した『経営方針統括表』という資料を作成して、社長の想いを織り込んでいます。この「想いを描いて目標実現のイメージを共有化する」という地道な努力が、事業発展の原動力になっています。

岩手の素材を活かした商品群岩手の素材を活かした商品群 岩手県釜石市のそば栽培畑岩手県釜石市のそば栽培畑
企業名 株式会社川喜
代表者名 川端 實 従業員数 23名
資本金 4,700万円 売上高 19,600万円
住所 岩手県釜石市定内町3丁目12−18
電話番号 0193-23-7485
主要製品 生中華そば、日本そば、うどんなど

制度を利用するきっかけ

川喜では、平成15年以降、5年スパンの事業計画を立案していますが、そのたびに経営革新承認申請をするようにしています。前回の申請では、外部専門家からの助力が大きかったのですが、平成20年度の今回は、地域力連携拠点事業で盛岡商工会議所より派遣された専門家の助言を受け、基本的に自力で計画をまとめあげました。事業計画づくりに外部の目を活用することで、より多くの気づきを得て、計画の客観性や精度を高めることにつなげています。

支援内容

盛岡商工会議所では、地域力連携拠点事業利用の申込みを受け、下記の支援を実施しました。

(1)地域力連携拠点事業応援コーディネーターが、窓口相談の形式で、川端社長の要望を整理し、経営革新計画承認申請に向けての準備のあり方や目標スケジュールを明確にしました。

(2)窓口相談の結果を受け、同コーディネーターは、中小企業診断士を専門家として選定して、川喜へ派遣しました。

(3)派遣された専門家は、経営革新計画承認の申請書式を表計算ソフトのエクセル形式で提供し、さらに川端社長の今後5年間の取り組み意向をヒアリングして、重点取り組みテーマの選定に関して助言を行いました。  また、今回のテーマの中に、地元釜石の遊休農地で自らそば栽培をして原料を確保するということが含まれていたので、農業生産法人の立ち上げにおける留意点の説明や農業起業における相談先機関の紹介が行われました。

(4)複数回にわたる派遣の合間に、川端社長が経営革新承認申請書の作成を行い、これを専門家にメール送信して、添削を受けるといった方式を採用しました。

(5)専門家派遣の進捗状況を盛岡商工会議所より岩手県庁に伝え、県庁からの助言ももらい申請書の完成度向上につなげました。

以上の支援を経て、平成20年(2008年)8月の岩手県経営革新承認審査会で計画承認を受けることができました。今後は、地域力連携拠点事業のアフターフォロー枠を活用して、計画実行に向けてのフォローアップを実施していく予定です。

支援の結果と今後の展開

(1)平成20年8月の岩手県経営革新計画承認審査会で、承認を受けることができました。
 (2)今回の承認申請準備を通じて、川端社長の計画策定能力の向上につなげることができました。特に、取り組みテーマの優先順位付けが行われ、各テーマへの注力配分や予算配分を明確にすることができました。
 (3)今後は、整備した計画を着実に実行に移していくことにより、今後5年間で年間売上3億円突破の目標を実現することが期待されます。

お問い合わせ先
盛岡商工会議所
TEL:019-624-5880

このページの先頭へ